• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

再考したい「メールの功罪」

メール連絡の禁止令を出した部署、さてどうなった?

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2008年9月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のテーマは「メール」です。

 私が社会人になったのは1991年。まだその時は仕事でメールは使われていませんでした。

 PCも部の8人で2台を共有。情報交換するには電話かファックス、もしくは直接会いに行くかしかなかった時代です。私はビルの21階にいましたが、社内連絡のため頻繁に非常階段を使って、19階、22階、23階と昇り降りした記憶があります。

 それから17年。状況は本当に変わりました。

情報はスピーディに、その一方で……

 私が1日に受け取るメールは迷惑メールを除いても二百数十通。処理すべき情報の量は15年前の比ではありません。情報が動くスピードも桁違いに速くなっています。

 メールによって、私たちはより多くの情報をより多くの人と短時間で共有することが可能になりました。これはまさしくメールが私たちにもたらした「功績」です。

 では、一方でメールが生み出してしまった「罪」の方にはどんなものがあるでしょうか?

 人はフェース・トゥ・フェースでコミュニケーションするとき、内容以外の様々な情報の授受をしています。

 人類学者のバードウィステルによれば、「二者間の対話では、ことばによって伝えられるメッセージは、全体の35%にすぎず、残りの65%は、話ぶり、動作、ジェスチャー、相手との間のとり方など、ことば以外の手段によって伝えられる」とのことです。この65%の部分を一般的にノンバーバル(非言語的要素)と言います。

 以前、私どもの会社にアメリカからコミュニケーションのトレーナーをお呼びし、スタッフ向けにこのノンバーバルの有効性を実感するためのトレーニングをしていただいたことがあります。

 トレーニングの中に「相手の嘘を見破る」という実習がありました。

コメント3

「鈴木義幸の「風通しのいい職場作り」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官