• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東京が2016年オリンピックで騒ぐ前にすべきこと

「ピクトグラム」から考えるストレス知らずの都市計画(後編)

2008年9月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1964年の東京オリンピックを機に日本で本格的に普及したものの1つが、情報伝達のための絵文字「ピクトグラム」だ。絵柄を使った視覚情報は、公共的な場所で人々が道に迷うことを減らしてきた。人々のストレスの軽減に一役買ったといってよいだろう。

 だが近年、駅構内や道路でピクトグラムが乱立されている光景を目にすることが多い。本来の役割である“ストレスなき移動”がないがしろにされているようだ。ピクトグラムを設置する空間に対する公共性の欠如も見られる。

 数々のピクトグラムをデザインしてきた村越愛策さんは、都市空間におけるピクトグラムのあり方という視点から、東京を初めとする都市空間の変遷をつぶさに見続けてきた。

 その東京を中心とする日本の公共デザインは、近い将来また大きく変わる可能性を秘めている。実現すれば52年ぶりとなる2016年の東京オリンピック開催が控えているからだ。

 じつは村越さんは、このオリンピック開催に反対を唱えている。都市が再び変革するかもしれないイベントに、あえて異を唱える真意とは何だろうか。話は、ストレスを生み出す都市デザインへの批判に及んだ。

--これまでに空港や駅などの施設環境のデザインを数多く手掛けてこられましたが、近年とくに駅および周辺商業施設の再開発が進んでいます。村越さんが実際に足を運んで感じることはありますか?

村越:公共環境のデザインが悪くなっています。道路や鉄道、建造物を含めた統合性を無視する傾向が目立ちますね。

 とくに感じるのは東京の地下鉄です。4年前、株式会社になってからというもの、駅構内に商業施設をたくさんつくるようになりました。売らんかなの姿勢が公共性を凌駕していて、電車に乗りに来たのにテナントのせいで目的地にどう向かえばいいかという流れがはっきりとわからなくなった。いったい何のために駅に来たのかという感じですよ。目的地に誘導する案内よりも店の看板が目立っている。本当にあの空間はストレスの塊です。

人が歩きにくい日本の街

--村越さんの事務所のある原宿は、高級ブランドショップが続々進出して、街並みは整えられています。電車を降りたらストレスは少ないのでは?

村越:いや、歩道が狭いし、車優先だから後ろを振り返りながら歩かないといけないから、それもストレスです。

村越愛策(むらこし・あいさく) 1931年旧満州国生まれ。千葉大学工学部卒業後、フリーランスデザイナーとして活躍。羽田空港や成田空港をはじめ、東北・上越新幹線、私鉄、地下鉄の駅、病院といった公共施設のサインやピクトグラムの作成に携わる。元・千葉大学教授。

村越愛策(むらこし・あいさく) 1931年旧満州国生まれ。千葉大学工学部卒業後、フリーランスデザイナーとして活躍。羽田空港や成田空港をはじめ、東北・上越新幹線、私鉄、地下鉄の駅、病院といった公共施設のサインやピクトグラムの作成に携わる。元・千葉大学教授。

 ここ原宿一帯は、もともと川が流れていて、お米をつくための水車があったような村でして、行き止まりの道がけっこうあるのは昔の農道の名残りなのです。

 東京オリンピックを機に整備したけれど、もとある田舎道を車道にしたものだから、とにかく人にとって歩きにくい街になってしまった。

 つまり、行政は「そういう歩きにくい土地でも苦にしない若者や健常者しか表には出られない」という発想で、街をつくっている。その現れでもあるわけです。都市のデザインを手掛ける行政がパブリックを理解していないし、いろんな人のために開かれた街、公共のための空間という考えを育てようとしない。

 例えば、パリだと条例で厳しく取り締まっているから、日本のように路面に自販機、地上には電線、看板が溢れることはありません。景観を考える文化があり、みんながその重要さを認知しているから、そこは政権が変わってもぶれない。日本にはそういうところがなくて残念です。

コメント0

「多角的に「ストレス」を科学する」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック