• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

改革者は自己を否定する快感を知る

~ 内視鏡医・工藤進英 ~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2008年9月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回お話をうかがった工藤進英さんは、大腸ガンの内視鏡治療におけるパイオニアだ。内視鏡治療の新しい手法や機器の開発、そして新しいタイプのガンの発見など、大きな成果をあげていらっしゃる。内視鏡検査がまだ黎明期にあるとき、それは内科医の領分だった。外科医だった工藤さんは、それまでのキャリアを否定してまで内視鏡の可能性に賭ける選択をした。

 工藤さんは名声を確立していたにも関わらずそれを捨てて次々と新しい境地を切り開いていったピカソを例に、自己否定を続けることの大切さを語っていらした。夏目漱石などもそうだが、過去の自分を否定し、それを乗り越えていくことの快感に目覚めてしまった人がいる。

 ドッグイヤーと言われるように、変化が激しいこの時代においてこそ、過去の成功体験にとらわれるのではなく、それを否定し続けるタイプの人間が必要なのだ。昔なら、1つの業績を遺産として30年、40年と食えていたのかもしれない。今は、常に自己革新が求められる。そのとき、過去の自分を否定する快感を知る人は強い。

 自分が確立した内視鏡の手法すらも否定することを、工藤さんは本気で考えているのかもしれない。誰かに否定されるのではなく、自分で否定する。自分は敗者であると同時に勝者でもある。

 工藤さんは、外科医であったからこそ、本来内科の領域だった内視鏡の分野でフロンティアな仕事が出来た。もし予期せぬトラブルなどが起きたときに、外科医ならそれを自分で対処することができる。

 ある意味“はみ出し者”として生きるための技術的な側面がそこにあると思う。はみ出し者、すなわち改革者として生きるためには、自分で落とし前を付けられること、こまごまとしたことまで自分で完結できることが大事なのだと思う。

 工藤さんが言われていた中で重要なのは、自分の好きなことをとにかくやり続けることだ。壁にぶつかってもあきらめるのではなく、後退しようが、誰かに頭を下げようが、どんなに条件が悪くなろうが、やり続ける。本当に大事なことはそれだけしかないのだと。

次ページ >>

はみ出し者が、道を拓く
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
9月16日(火)午後10:00~10:45
再放送
 総合 毎翌週火曜 午前1:00~1:44
     (月曜深夜)
 BS2 毎翌週水曜 午後5:15~5:59
 現在、急速に増えている大腸がん。その対策の要として関心を集めているのが「大腸内視鏡治療」だ。 昭和大学横浜市北部病院・消化器センター長 工藤進英氏(61)は、内視鏡による治療や検査のエキスパートとしてその名を世界に轟かす。

 内視鏡医は、肛門から内視鏡を挿入し、大腸壁のがんの有無を見極める。早期であればそのまま内視鏡を使い患部を切除する。工藤氏はベテラン医でも20分はかかるといわれる治療を、わずか5分で行う世界でも屈指の腕前をもつ。

 工藤は、日本における内視鏡治療のパイオニアだ。もともと東北の病院で外科医として勤めていた当時、まだ普及していなかった内視鏡にいち早く注目し、「はみ出しもの」と呼ばれながらも心血を注ぎ、道を切り拓いてきた。これまで日本最多の13万件を扱い、世界各国から留学医や研修医が集まる。

 8月、難しい患者が工藤のもとを訪れた。病巣の場所が悪く複数の病院で、腸を大幅に切除し、人工肛門にするしかないといわれていた。内視鏡を手に工藤が下した決断とは。


コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO