• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「戦う職場」の作り方

成績トップ支社の秘訣は“仮想敵”にあり

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2008年9月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仕事柄、いろいろな会社の、いろいろな職場の様子について、見たり聞いたりする機会があります。

 どんな職場が風通しがいいか、もちろん一言で語りきれるものではないのですが、最近1つの仮説を持つようになりました。

 あえて簡単に言うと、次のようなものです。

 明快な敵(競争相手)に向かって一緒に戦っていることを実感できる職場は、お互いのコミュニケーションが多く、結束力が強い。つまり、より風の通りがいい。

 敵に勝つためには、一緒に戦略を構築する必要があるし、成功体験を共有する必要があるし、お互いを励ましあう必要があります。おのずと職場に活気が出てきます。それに対して、“戦場”から遠く離れ、一緒に戦っている実感を持ちにくい職場は、コミュニケーションが少なく、ムードもあまりよくありません。

 先日、ある化粧品会社の営業の方が言っていました。

 「今日、本社に行って驚きました。あまりにも職場が静かなもので。私がいつも働いている販売会社はうるさいですからね、わいわいがやがやと。なんでこんなに本社は静かなんでしょうね?」

なぜ営業部門には活気があるのか?

 あくまで一般論ですが、営業は、まさに現場で競争相手と戦っている同志の集まりですから、当然交わされるコミュニケーションは多くなります。それに対して、企画や経理などといった間接部門は現場から遠く、戦っている実感を持ちにくい。また昨今、間接部門の仕事はより細分化され、それぞれの社員がそれぞれの仕事の中に入り込んでしまう傾向があります。

 結果、コミュニケーションは不活性となり、風の通りが悪くなります。本来は間接部門にも戦う意識が浸透していればいいのですが、物理的にも距離ができてしまうとなかなか難しいようです。

 もちろん上司がどのように振る舞うか、どのようにゴールが社員に与えられているのか、業績はどうかなどによって状況は一変します。ムードのよくない営業もありますし、ムードのよい間接部門もあります。

コメント0

「鈴木義幸の「風通しのいい職場作り」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長