• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

私は“いらない”人間。だから勝負できる

谷口悟朗監督「コードギアス 反逆のルルーシュR2」(6)

  • 渡辺由美子

バックナンバー

2008年9月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

谷口悟朗氏

谷口悟朗(たにぐち ごろう)
1966年生まれ、愛知県出身。フリーのアニメーション監督、演出、プロデューサー。代表作は「無限のリヴァイアス」(1999年)、「プラネテス」(2003年。この作品で星雲賞を受賞)、「ガン×ソード」(2005年)などがある。深夜枠の番組ながら大人気となった「コードギアス 反逆のルルーシュ」(2006年)で注目を集め、続編の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」が日曜夕方5時からMBS、TBS系列で放映中(2008年8月現在) (写真:鈴木 愛子 以下同)

谷口: 記憶に残っているんですけど、「パソコン通信」といわれるネット掲示板が出てきてから、スタッフの中にも、お客さんの声を気にし始める人が増えたんです。その後、ネットが普及して「2ちゃんねる」が誕生したりして、ますますその傾向が顕著になってきた。

 それまではお客さんの声を聞く機会は限られていました。スタッフとして少しでも知りたい、という気持ちも理解できます。それに、人は誰しも嫌われたくはないんですよ、やっぱり。しかし、ネットの声を気にしすぎて、本来やろうとしていたことを止めてしまう作り手も結構いるんです。

 実はネットの声というのは、ごくごく一握りでしかないんですけどね。

―― 「たとえ一部の客であっても、お客さんに嫌われてはいけない」。これは、制作者の心理面だけでなく、状況面でもあるのでしょうか。特にアニメは、TVという大変広い層に向けた媒体から発信しているので、「嫌われるのは御法度」という考え方もあるかと思いますが……。

谷口: それはあると思います。アニメ制作の現場などでも、これをやったらお客に嫌われるのではないか、という話は出ます。やはり減点方式で作品を見る人たちは結構いますから。私だって怖い。

 でも、私の勝利条件(第3回)に照らし合わせれば、たとえ一部のお客さんに嫌われても、一定数以上、声を上げて作品を愛してくださる方が現れて、視聴率なりDVDのセールスなりに跳ね返ってくれば、作品の勝ちということになります。

10万人の敵がいても、100万人の味方がいれば圧勝できる

 昔、とある雑誌の編集さんが言っておられた言葉があって、「たとえ10万人敵がいようと、100万人の味方がいたらこっちの勝ちだ」と。これはとても理解しやすかったですね。まったくもってその通りだと。10万を取るか100万を取るか、発想の根底を学びました。

 そうしたときに必要なのは、「嫌われるかもしれないけれど、越えなければならない何か」になってくるんだと思うんですよ。あとはその腹づもりを持てるかどうか。ものすごく単純なところで言っちゃうと、嫌われる覚悟を持てるかどうかですべてが決まると思います。

―― 「9割のお客さんに支持されるために1割の客層を捨てても良しとする」。商売の理屈をシンプルに考えてみれば、至極まっとうな結論ということになりますよね。でも、普通はそれがなかなかできないから、たくさんの失敗が生まれるわけで……。この考え方を、「商品開発」などで企業が応用しようとしたら可能でしょうか。

谷口: うーん。そういった覚悟を、企業の中にいる人たちが誰でも持てるかとなると、私はちょっと懐疑的なんですね。企業の中で生きていかなければいけないわけだから、企業の基本方針とかにはなかなか逆らえないじゃないですか。言ってしまうと、私はフリーだからできるんですよ。

―― そうなんですか?

谷口: 制作会社、TV局、メーカーは、作品がだめだったら私を切れば済むんですね。責任を取らせることが簡単にできちゃいます。そして企業は残るんですよ。だから、私の方も迷いなく思い切った表現ができるんです。裏を返すと。企業が私を守ってくれるから戦えるのではなく、企業が私を切ることで生き残ると、作品を作るシステムは残るとわかっているから戦える。

 今、私はサンライズという会社で作品を作っていますが、サンライズの監督システムというのは、私は嫌いではないんですよ。この会社の監督基準は、メジャーリーガーの監督と同じ基準。

 つまり、何らかの成績を残せなかったらクビという。今までの貢献度とか一切関係なく(笑)。

それが嫌なら、勤め人になろう

―― 「今までの貢献度も関係なく」ですか? フリーだから切られるというところに、何か理不尽さを感じたりはしないのですか。

谷口: 嫌なら社員になれば良い。だから、これはこれでいいんです。だからこそ、サンライズという会社は、創業から今に至るまで、ずっとアニメーションのある部分のトップを走り続けていると思うんですよ。

 それはもう、ものすごくシビアですから。つまり何らかの営業成績を残せた、もしくは技術的なチャレンジとか、新しい何かを見せたとか、そうしたものがない限りは、どれだけその人が演出家時代に会社に貢献していても、すぱーん、すぱーんと切っていきますから(笑)。

サンライズ・山本氏: ……まあ、そういうふうに思われる所もありますが、各プロジェクトごとにプロデューサーが、ベター、ベストのスタッフィングを考えた結果だとも思います。(一度切っても)それ以降永遠にお願いしないというわけではないです。

谷口: まあ、今現在の話ということで(笑)。でも、これはわかりやすい、厳しい基準というのは、私は芸能の世界としてはいいことだと思っているんです。

 アニメだけじゃなく、漫画だってそうですよね。どれだけ昔、大ヒットした漫画があろうと、今現在の連載がだめだったら当然、打ち切られますよね。それと同じということですから。やっぱりその厳しさがどこかに常に残っているからこそ、場合によっては、ある層のお客さんをあきらめようという腹づもりにもなると。私自身が、スタッフに言わなきゃいけない仕事ですからね。監督として、「この層のお客さんはあきらめよう」と。

―― 大勢のスタッフに方針を伝えて、作品の舵取りをする監督としての責任があるのですね。お話をうかがっていると、まるで大きな船の船長さんみたいですね。お客さんとスタッフを乗せた。

谷口: ああ、私のイメージは逆なんですよ。

コメント11件コメント/レビュー

>私は野放しになると、私自身が、真っ先にお客さんのことを忘れちゃいそうだという恐怖があるんですよ。いや、かなりの確率で忘れる。お客さんが理解できないことをやってしまう。自分のやりたいことを優先して、お客さんが望む範ちゅうから、いとも簡単にぴょーんと飛び出てしまうんですよ。ここに監督の本音が見える気がします。自分の中でやりたいことはある。だがそれは多くの人の支持を受けないだろう。少数の支持を受けることはできても次はない。高尚なものを作った気になって自己満足するなんて愚かだ。ならば、自分のやりたいことをやりつつ大多数の支持を得てやろうじゃないか。それがコードギアスだったのですね。10年近く監督を追いかけてきた自分ももうすぐ社会人です。最後にそのきっかけとなった無限のリヴァイアスの名前が聞けてうれしくなってしまいました。谷口「監督」次回作を楽しみにしています。(2008/10/10)

「アニメから見る時代の欲望」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>私は野放しになると、私自身が、真っ先にお客さんのことを忘れちゃいそうだという恐怖があるんですよ。いや、かなりの確率で忘れる。お客さんが理解できないことをやってしまう。自分のやりたいことを優先して、お客さんが望む範ちゅうから、いとも簡単にぴょーんと飛び出てしまうんですよ。ここに監督の本音が見える気がします。自分の中でやりたいことはある。だがそれは多くの人の支持を受けないだろう。少数の支持を受けることはできても次はない。高尚なものを作った気になって自己満足するなんて愚かだ。ならば、自分のやりたいことをやりつつ大多数の支持を得てやろうじゃないか。それがコードギアスだったのですね。10年近く監督を追いかけてきた自分ももうすぐ社会人です。最後にそのきっかけとなった無限のリヴァイアスの名前が聞けてうれしくなってしまいました。谷口「監督」次回作を楽しみにしています。(2008/10/10)

ほんとうに興味深く読ませて頂きました。もっと谷口監督の考えを知りたいです。ただ、最後の写真、スリッパじゃなければもっとカッコよかったのになぁ、と思いました・・・(2008/09/29)

このところずっと、記事が楽しみで仕方ありませんでしたので完結が少し残念です。通して読むと、コードギアス全編を見終わった如き充実感を覚えました(インタビュー構成が良かったというのもあるのでしょうね)。人間の軸の話、少しプラネテスを思い起こさせました。広い宇宙の中で、誰かがいるから、自分が在る、というような。あと、あまり自分の仕事と結びつけて考えたく無かったですけれど、これだけ方法論から意志からはっきりと示してくる上司のもとで働けたら楽しいだろうな、と思いました。現実は、何の意思表示も方向付けもしないで、後から結果を批判だけして仕事した気になっているような人が多いように感じますから。「ファンが支持するのは作品に対してであって、私に対してではない」というのは作中のルルーシュの如くで、しんみりします(でも、身近な人には記号ではない本人が、間違いなく愛されていましたよね?)。「代えがいくらでもきく」というお話がありましたが、谷口悟朗さんが日本を代表するアニメ監督(及びプロデューサー?)である事は疑うべくも無い事実です。そういうハングリーさ、みたいな物が創作の原動力と考えていらっしゃるなら余計なお世話というものですが・・・今後のご活躍を私も含め本当に多くの方々が楽しみにしていますので、今後も良い作品をお願い致します。(2008/09/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長