• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【1】初めての心療内科で、パニック障害と診断された私

  • 藤岡 清美

バックナンバー

2008年10月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 読者の皆さん、はじめまして。このコラムを書くにあたって、まず皆さんに知っていただきたいことがあります。

 私は、精神科医でもカウンセラーでもありません。ひょんなことからパニック障害になり、心療内科に通ったことのある、いわゆる「患者」です。

 これを聞いて、皆さんはどう思われますか? 私のプロフィールを読み直して「ふうん、この人がねえ」と好奇心に駆られるかもしれません。それはきっと、当たり前のリアクションだと思います。

 日本ではまだ、精神科や心療内科にかかることがタブー視される文化があります。私もつい何年か前までは、この文化や思考にどっぷりと浸かっていた一人でした。ですから、カウンセリングに行きたくても行けない人が日本にはたくさんいるだろう、ということは、想像するに余りあります。

 私は専門家ではありませんので、この連載の中で専門的な知識や対処方法をご披露することはできません。ただ、私のささやかな(しかし私自身にとっては大きな)体験談や、そこから得た気づきをお話しすることで、同じ悩みを持つ人、そしてその家族や友人に対して、何かのきっかけづくりになれば幸いに思います。

 誰だって、“心の壁”にぶつかる素地を持っているのですから。

友人が抗うつ剤を処方された、と聞いて…

 かれこれ10年以上も前、大学を卒業して就職するまでの暇な期間を、のんびりとサンフランシスコで過ごしていた時のことです。

 居候先の女友だちに、「プロザックを処方された」と打ち明けられました。プロザックとは、米国で当時大変なブームになっていた抗うつ剤で、一般人の私でさえ名前を知っていた薬でした。それを聞いた私は、その薬の名前への抵抗感や、やめられなくなるのでは、という勝手な憶測から、その友人に「薬に頼っちゃだめ!」とか、「病気なんて、気持ちの持ちようよ」などと励ましたものでした。

 サンフランシスコを離れた後、その友だちから「プロザックを飲んだら、よく効いて、飲んで本当に良かった」というメールが届きましたが、そのメールに対しても私は、「えー、飲んじゃったの?」といった態度で返事を送ってしまったのでした。彼女は律儀にも、私が家を出るまでプロザックを飲まずにいたようなのです。

 当時は彼女の親友を気取っていましたが、今考えると、なんと身勝手で無責任なアドバイスをしていたのだろうと思います。そしてまさに因果応報というか、数年後に自分自身にも同じ状況が降りかかってくるのでした。そのきっかけについては、詳しくは次回以降でお話しします。

 こうして30代のある時、心療内科に通うようになってから、いくつかの貴重な発見がありました。第1の発見は、世間には、専門家に相談したいと思っても、勇気がなかったり、恥ずかしがったりして、なかなか行けない人たちがたくさんいるということです。

コメント21件コメント/レビュー

自分は学生時代にパニック障害に苦しみました。パキシル、抗不安薬や睡眠導入剤などを飲みながら半年ほど精神科に通院し、なんとか症状は改善しました。自分も今回の記事と同じような形で、ある日突然パニック発作に襲われたので、その恐怖感が痛いほどわかります。(2008/10/17)

「"心の壁"にぶつかったら~カウンセリングのすすめ~」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分は学生時代にパニック障害に苦しみました。パキシル、抗不安薬や睡眠導入剤などを飲みながら半年ほど精神科に通院し、なんとか症状は改善しました。自分も今回の記事と同じような形で、ある日突然パニック発作に襲われたので、その恐怖感が痛いほどわかります。(2008/10/17)

私も以前の職場でのパワハラと過労から、体調不良と不眠になり、心療内科に駆け込みました。話を聞いてくれる、薬の処方、「頑張りすぎないで下さい」との言葉にかなり症状が和らいだと思えます。その後職場を変わり変なストレスが無くなり、不眠以外はかなり落ち着いてきました。私の知人にも診療内科通いの人が複数いますが、他の人への合言葉は「おかしいと思ったら受診しろ」です。私自身の悩みとしては、比較的良い関係だった医師が急逝してしまった為、転院して精神科で経緯を全部自分で説明しなければいけなかったことかな。こんな私が犯罪を犯したら「精神科に通陰暦のある…」とかって報道されるのかなぁ。(2008/10/04)

私もパニック障害とうつ病を患って通院・服薬しています。記事中にもあった「予期不安」が強くでるときは、電車に乗れず、タクシーで5000円以上もかけて出社・帰社したり、あるいは仕事中、唐突に発作に見舞われたことすらあります。この発作は、およそ人間が「不快」と感じるすべて、たとえば、嘔吐感や焦燥感、窒息感、頻脈、四肢の振るえなどが一度に襲ってきます。「殺して欲しい」と思うほど強烈で、真冬なのに滝のような汗をかきます。夜間に救急車を呼んだことも数回ありました。病状は一進一退を繰り返していますが、それを理由に仕事を休んだりしませんし、手を抜いたりしません(というか、正確には「できません」)。主治医に、発作時の対処方法、すなわち服薬方法などを教わって実行しています。また、日々の状況を日記風にメモしておきます。通院時に見せることで、的確な診断や薬の処方もしてもらえるからです。精神科には、ブラック・ジャックのような医師はいませんし、会話による治療が主だからです。包帯を巻いていたり、松葉杖をついて歩いていれば、周囲も職場でも病人と理解してくれるでしょう。しかし、精神病の場合、本人しか分からない。個人的なアップレギュレーションを求められる病気なのだと思います。この点、職場や仕事仲間、仕事以外の友人・家族・主治医など、身近な人々ないし社会的な理解こそ、得たい。人知れず苦しんでいる人は、すぐそばに居るかもしれませんからね。私は「匂い」で分かりますよ。向精神薬の匂いで。今後の記事の切り込みに期待しています!(2008/10/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長