• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【1】初めての心療内科で、パニック障害と診断された私

  • 藤岡 清美

バックナンバー

2008年10月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 読者の皆さん、はじめまして。このコラムを書くにあたって、まず皆さんに知っていただきたいことがあります。

 私は、精神科医でもカウンセラーでもありません。ひょんなことからパニック障害になり、心療内科に通ったことのある、いわゆる「患者」です。

 これを聞いて、皆さんはどう思われますか? 私のプロフィールを読み直して「ふうん、この人がねえ」と好奇心に駆られるかもしれません。それはきっと、当たり前のリアクションだと思います。

 日本ではまだ、精神科や心療内科にかかることがタブー視される文化があります。私もつい何年か前までは、この文化や思考にどっぷりと浸かっていた一人でした。ですから、カウンセリングに行きたくても行けない人が日本にはたくさんいるだろう、ということは、想像するに余りあります。

 私は専門家ではありませんので、この連載の中で専門的な知識や対処方法をご披露することはできません。ただ、私のささやかな(しかし私自身にとっては大きな)体験談や、そこから得た気づきをお話しすることで、同じ悩みを持つ人、そしてその家族や友人に対して、何かのきっかけづくりになれば幸いに思います。

 誰だって、“心の壁”にぶつかる素地を持っているのですから。

友人が抗うつ剤を処方された、と聞いて…

 かれこれ10年以上も前、大学を卒業して就職するまでの暇な期間を、のんびりとサンフランシスコで過ごしていた時のことです。

 居候先の女友だちに、「プロザックを処方された」と打ち明けられました。プロザックとは、米国で当時大変なブームになっていた抗うつ剤で、一般人の私でさえ名前を知っていた薬でした。それを聞いた私は、その薬の名前への抵抗感や、やめられなくなるのでは、という勝手な憶測から、その友人に「薬に頼っちゃだめ!」とか、「病気なんて、気持ちの持ちようよ」などと励ましたものでした。

 サンフランシスコを離れた後、その友だちから「プロザックを飲んだら、よく効いて、飲んで本当に良かった」というメールが届きましたが、そのメールに対しても私は、「えー、飲んじゃったの?」といった態度で返事を送ってしまったのでした。彼女は律儀にも、私が家を出るまでプロザックを飲まずにいたようなのです。

 当時は彼女の親友を気取っていましたが、今考えると、なんと身勝手で無責任なアドバイスをしていたのだろうと思います。そしてまさに因果応報というか、数年後に自分自身にも同じ状況が降りかかってくるのでした。そのきっかけについては、詳しくは次回以降でお話しします。

 こうして30代のある時、心療内科に通うようになってから、いくつかの貴重な発見がありました。第1の発見は、世間には、専門家に相談したいと思っても、勇気がなかったり、恥ずかしがったりして、なかなか行けない人たちがたくさんいるということです。

コメント21

「"心の壁"にぶつかったら~カウンセリングのすすめ~」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長