• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2. ワーキングプアと「第二の敗戦」。 

小林多喜二『蟹工船』(1)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2008年10月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「働く」と言うとふつうだが、漢語で「労働」とこれを呼ぶならば、いきおい妙な重さが発生する

 こういう話を聞いた。

 ── ここしばらく、チュニックにレギンスとか、デニムの上にユルいワンピースとか、とにかく体(とくにおなか)を圧迫しない着こなしの女子が多いじゃん。

 言われてみればそうだ。大阪のおばちゃんが着てそうな「あっぱっぱ」みたいなのを、道行く女子がまとっている。

 ── ここからがマイ理論なんだけど、経済が停滞して、世情が不安に満ちている時代には、女子のファッションはおなかをユルくする方向に進む、というのはどうかな。

 え、そうなの?

 ── バブルでイケイケな時代にはボディコンが流行ったよね。

 まあ、そうですけと…。

 ── フランス革命前のロココ文化では、コルセットでウェストをぎゅっと締めたわけだし。

 いきなり18世紀の話か、スケールがデカいな。

 ── 逆に中世ヨーロッパでは妊婦が美しいとされて、だから当時の絵なんか見ると、女の人はみんな、ハイウェストで裾がだらんとした、腹部を圧迫しない服を着てるでしょ? あの時代にはペストも流行ってタイヘンだったし……。

 なるほど……っておい!! 途中まで本気で聞いて信じそうになったじゃないか。文章でノリツッコミさせるんじゃない。

 かくのごとく、現在が歴史上のある時期に似ている、という考えかたがある。たとえば高度成長期の1960年代後半は、サイケなサブカルチャーが花開き、〈昭和元禄〉と呼ばれた。そして吉本隆明によれば、いまの時代は第二の敗戦期なのだそうだ。

 「働く」と言うとふつうだが、漢語で「労働」とこれを呼ぶならば、いきおい妙な重さが発生する。今年話題だった小林多喜二の小説『蟹工船』(1929)の世界だ。

 プロレタリア文学の代表作とされる『蟹工船』は、2008年に一般読者のあいだでとつぜんリヴァイヴァルし、たいへんなブームとなった。

 吉本隆明は、

〈『戦後』が終わって『第二の敗戦期』が訪れた現代社会における現実のしんどさと前途への不安〉

こそが『蟹工船』ブームの要因であると述べて、大いに話題になったわけだ(「「蟹工船」と新貧困社会 これは「第二の敗戦」だ」「文藝春秋」2008年7月号)。

 吉本のこの発言の続篇が、前回触れた「ユリイカ」2008年9月号の特集『太宰治/坂口安吾 無頼派たちの“戦後”』に載っている(「男とはマザー・シップと見つけたり あるいは存在を耐えるための軽さ」)。〈第二の敗戦〉説に興味のある人は必読だと思うが、この説を信じるかどうかは、あくまで自己責任でね。

*   *   *

コメント0

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授