• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アイヌを愛した国語学者、じゃなかったの?~『金田一京助と日本語の近代』
安田敏朗著(評:尹雄大)

平凡社新書、880円(税別)

2008年10月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間4時間00分

金田一京助と日本語の近代

金田一京助と日本語の近代』 安田敏朗著、平凡社新書、880円(税別)

 「金田一」と聞いて思い起こされるのは、まずは名探偵の金田一耕助であり、その孫という設定の一(はじめ)少年だろうか。いまでは京助の名をあげる人は少ないかもしれない。

 作家の横溝正史は、金田一京助を捩って「耕助」とつけたというから、文化勲章を受賞した東京帝大の文学博士といえば、戦後のある時期まで名の通った人物であったのは間違いなさそうだ。

 金田一京助の功績はざっと三つ。アイヌ語を調査し、アイヌに伝わる叙事詩「ユーカラ」を筆録、研究した。石川啄木の親友であり、自身も貧困に喘ぎながら原稿料をはたいて薬を買い与えるなど親身の世話をした。そして、アイヌ語の音韻体系をまとめたことを認められ、戦後の国語政策に深く関わっていった。実は私たちが使っている日本語にも大きな影響を及ぼしているのだ。

 そうでありながら金田一自身は、「国語」という国民国家の成立過程でつくられた言語について深く考えていたわけではないという。著者は彼のアイヌへの研究姿勢に言語観そのものの偏りを見てとり、こう述べる。

〈言語と民族について金田一は精緻に考えていたようではない。アイヌはアイヌ語を捨てて帝国日本の言語である国語へと同化せよという金田一の主張は、論理ではない〉

 かつて日本を席巻した自民族中心主義が金田一の行ったアイヌ研究や近代日本語の整備にどう関わったのか。本書は、この問題意識を軸に金田一の功績に迫っていく。

 著者はまず、金田一のアイヌ研究を俎上に載せる。

アイヌ研究は嫌々やった

 アイヌ研究の第一人者である金田一はアイヌに親身であり、彼らから慕われたというイメージはいまもって強固だが、著者の明らかにするエピソードはそれを見事に裏切る。

 自身もアイヌ民族であり、アイヌ文化研究者でもあり、また自ら政治家となりアイヌ文化振興法の成立に奔走した萱野茂は、金田一の名を出しはしなかったものの、その死に際しこう述べたという。

〈有名なアイヌの研究家が最近死んだよね。アイヌの人々のあいだから、一つとして悲しみの声は聞かれなかったよ〉

 さらに、親友であった石川啄木から「なぜアイヌ語を研究するのか?」と問われ、金田一は以下のように返したと自ら明かしている。

〈あんな哀れなアイヌ語の調べでも、もともと国語の研究の為であり、国語の研究は、日本文化の再認識であり、日本文化の再認識は、吾々の現実生活を深く正しく解釈する所以であつて、即ち吾々の明日の生活を考へる唯一の道だ〉

 ダメ押しは文化勲章受賞の翌1954年に発表した「私の仕事」で、金田一は〈自分がひとり、未開人の世界へ後もどりをして、蒙昧な、低級文化の中にいつまでも、いつまでも、さまよつて暮らすのかと、さびしさが込み上げる〉と綴っている。

 ここまでくると、「アイヌを愛した金田一」といった像が形成されたのが不思議である。著者は金田一のイノセントさが、彼の学知の質を問う批判を鈍らせていた可能性を示唆する。

 だが、〈無邪気であることが、無知であることの責任を回避させる回路だったとしたら、それは大問題である〉

 金田一の人生は、領有した台湾の経営にはじまり樺太の編入、関東州の租借、韓国併合と、日本が世界に伍する帝国にならんとした意気軒昂な時代に重なっていた。

 時代の煽りをうけてか、金田一の師であり、日本の言語学の鼻祖である上田万年もまた「日本帝国大学言語学」という構想を標榜。統一した国語を定め、それを制度にのせて敷衍するプロジェクトを抱いていた。

 そのためには、「日本語は世界の諸言語の語族のなかのどこに属するか」を示す必要があった。

コメント4

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長