• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ストレスは“悪者”ではない

元気になる力があれば、乗り越えられる

2008年10月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あなたの職場が危ない! ある調査によると、約半数の企業で「心の病」が増加中だという。今、多くの職場がストレスで汚染されている。誰かが無断欠勤する、部内の雰囲気が悪い、若手社員がどんどん辞めていく…。なぜなのか。今、職場で何が起きているのか。日本人はストレスに弱くなってしまったのか。今回から、メンタルダウン社員を生む「勘違い組織」を徹底分析していこう。

 ストレスのない世界に行きたい。…誰もが、一度はこう願ったことがあるだろう。しかし、「ストレスのない世界」というのは、そんなにいいところなのだろうか? 「それは、当たり前だよ。ストレスが溜まって胃潰瘍になったり、気分が悪くなったり…。そんな辛い状況が好きな人はいないでしょう」

 確かにその通りだ。では、ストレスさえなければ本当に幸せなのか? 「そりゃあ、幸せでしょう。仕事に追いたてられることもないし、わずらわしい人間関係から解放されるし。こんなに幸せなことって、ないんじゃない?」

 ふうむ。だったらなぜ、高額なサラリーを捨ててでも大変な仕事にチャレンジしたり、徹夜してまで仕事に精を出したり、自らストレスフルな状況に飛び込んでいく人がいるのだろうか? 「そ、それは……。自分がなりたいものがあったり、達成感が欲しいからだと思うけど…」

人間は「ストレス」を求めることもある

 そうなのだ。人間は時に自ら、「過酷な状況=ストレス」を求めることがある。辛くても、しんどくても、踏ん張って、変わりたい、もっと強くなりたい…と、新しい自分を目指す。

 「もっと違う自分になりたい」「このままでいいのかなあ」といった、曖昧な不安を感じている人にとって、ストレスは「なりたいものになるための、絶好のチャンス」だ。ストレスの中に飛び込んで、それをうまく乗り越えることさえできれば、ストレスは成長の糧になる。「そ、そんな。ストレスの中に飛び込めだなんて、無茶苦茶だよ。そんなことしたら病気になっちゃう」

 確かに、ただ飛び込むだけでは、ストレスに押しつぶされてしまうだろう。だが、「元気になる力」さえあれば大丈夫。この力があれば、ストレスをうまく乗り越え、ピンチをチャンスに変えられるのである。

 例えば、長時間労働を例に取ってみよう。寝る間を割いて、仕事をしなくてはいけない状況は、大きなストレスだ。長時間労働が過労死や多くのストレス性疾患と関連深いことは、既に実証されている。だが、同じように長時間労働を強いられても、満足感を感じることがある。栄養ドリンク片手に24時間戦いぬき、仕事を終えて飲む一杯のビールがとてつもなくうまい。徹夜続きで身体はボロボロだが、「よし、よくやったぞ! 次もまた頑張ろう!」などと、気分が高揚することもある。なぜ同じ長時間労働でも、押しつぶされずに乗り越えられる場合があるのか。

コメント1

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「ストレスは“悪者”ではない」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック