• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いちばん下からの目線

~ 落語家・柳家小三治 ~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2008年10月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまで数え切れないほど柳家小三治さんの高座は見せていただいているが、スタジオで至近距離で見る小三治さんは、彫刻の名品を見ているような存在感がある。奈良の興福寺にある無着・世親菩薩像が動いているような印象だった。

 小三治さんとのお話で、強く印象に残ったのは「下からの目線」である。社会の一般大衆、それも底辺にいる人々を描くのが落語の世界。そのような場所でも人間としてごく普通に生きていれば、そこには笑いがある。だから「笑い」はそれ自体を目的にして生きるのではない。家族、恋人、友達と楽しく生きていれば、笑いがこぼれる。

 「みんな笑っている自分が好きでしょ」と小三治さんは言う。これは深い言葉だ。脳科学の視点からも「笑い」についてはいろいろと考えてきたけれど、私が思い至っていないことをたくさん考えている人なのだと思った。もちろん、小三治さんは50年間もプロでやってこられたわけだから、当然ではあるけれど。

 小三治さんは、子供の頃「いつも一番でなければならない」とお父さんに言われ続けて育てられたという。ずっとエリート意識を植え付けられていたときに、落語に出会い、「一番下からの目線」に出会った。そして「これだ!」と感じた。

 若い頃に、高座で大受けして自分でも面白く語れると感じていた時、師匠である柳家小さんから「お前の噺は面白くないな」と言われてしまう。こういうふうに言えば伸びるからと思って師匠が言ったのでなく、本当に面白くなかったのだと小三治さんは振り返る。それから本当の「面白さ」とは何かをずっと追い求めている。

 今でこそこうして語れるけれど、非常にショックだったと思う。これが小三治さんの芸の原点なのかもしれない。

次ページ >>

笑いの奥に、人生がある
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
10月14日(火)
午後10:00~10:57 (60分拡大版)
 当代きっての名人と呼ばれる孤高の落語家・柳家小三治(68)。チケットは即日完売。無駄な動きを極限まで削ぎ落としたその話芸は「目の前の小三治が消えて登場人物が現れる」とまで称される。

 小三治が考える芸の神髄は、笑わせようとしないこと。駆け出しの20代、小三治は、のちの人間国宝、師匠の五代目柳家小さんから、芸を全否定された。本当の面白さとは何なのか、散々悩み抜く中で、光明を見いだすきっかけになったのは、昭和の大名人・古今亭志ん生の言葉だったという。「落語を面白くするには、面白くしようとしないことだ」。

 8月、小三治は、池袋での演芸場での真夏の10日間の寄席に挑んだ。池袋は、芸の見方が厳しい常連客が多く、落語家の腕が試される場所として有名だ。持病のリウマチに記録的な猛暑が追い打ちをかけ、体調を崩す小三治、連日、長蛇の列を作る客の期待に応えきる事ができるか。名人と呼ばれてなお、さらに芸の道を究めようとする柳家小三治の真摯な日々に密着する。


コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員