• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

もうこれ以上頑張れない、と思ったら

自分だけでなく、他人の力を借りてみよう

2008年10月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、元気になる力があれば、困難(=ストレス)は乗り越えられる、という話をした。ここで言う元気になる力を持っている人とは、ストレスに強い人(ストレスに対処する能力の高い人)だ。

 このことをもう少し理解するために、人生で遭遇する困難(ストレス)を、雨だと考えてみてほしい。

 「雨が降らないで、晴れが続けばいいなぁ」と誰もが願う。でも、雨が降らなければ草木は枯れるし、渇水が起こる。人生の雨も、それと同じだ。

 雨(=ストレス)がずっと降らないと、あまりに退屈で「何か起こらないかな」と、期待するようになる。かといって、雨が降ってきた時に傘を持っていなければ、ずぶ濡れになって風邪をひく。最悪の場合には、取り返しのつかない大病を患うこともあるのだ。

様々な傘を持てばストレスに対抗できる

 ストレスに強い人は、この雨の種類を予測して、それに合った傘を巧みに使い分ける。にわか雨には折りたたみ傘、パラパラ雨にはビニール傘、豪雨の時には骨組みの太い傘、暴風雨で傘が役立たない時はレインコート、そんな具合にいくつもの傘を取捨選択して、人生の雨の中を歩き抜く。

 この傘の役目を担うのが、元気になる力だ。

 おそらく多くの人は、「ストレスに強い人」と聞いて、

・意志の強い人
・鈍感な人
・楽観的な人
・ポジティブに物事を考える人
・我を通す人
・自信のある人
・行動力のある人
・目標のある人

 などを思い浮かべることだろう。これらはすべてが元気になる力(=傘)で、雨しのぎに大いに役立つ。

 だが、実はいちばん大きくて頑丈な傘は、信頼できる他人の力を借りること。自分の傘が折れてしまった時には、他人の傘が役に立つ。実証研究でも、ストレスに対処する能力の高い人の多くが、信頼できる傘を持っていることが明らかになっている。他人の傘を見つけることさえできれば、自分の傘を持てない人もストレスの雨に濡れずにすむ。元気になる力は、自分だけで準備するのではなく、他人からも借りられるものなのだ。

 さて、ここで突然だが、あなたは、次のように質問されたら何と答えるだろうか。
「あなたは、運がいいですか?」

コメント4

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「もうこれ以上頑張れない、と思ったら」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長