• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

6.あなたも御用心なさいませ。

葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』

  • 千野 帽子

バックナンバー

2008年11月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 四角い黒板を丸く拭く使えない日直・チノボーシカです。葉山嘉樹3weeksは今週が最後なので、張り切ってダークにいくぜ! ダークにな!

 葉山作品でホラーといえば、国語の教科書に一時よく載っていた掌篇『セメント樽の中の手紙』(1925)も、広く愛読されてきた。最近では、『ダ・ヴィンチ』2008年2月号の、杉江松恋構成による記事のなかで、貫井徳郎がこの作品の魅力を語っていたのが記憶に新しい。

 日給90銭で1日11時間働きづめのセメント工・松戸与三が、セメント樽のなかから見つけた小箱には、紙片が入っていた。

〈私はNセメント會社の、セメント袋を縫ふ女工です〉。

このように始まる手紙は、恐ろしい哀話を伝えてくる。

 彼女の恋人は26歳で、同じ会社で働いていた。〈破砕器〉に石を投げ入れる重労働をしていて、クラッシャーのなかにはまりこんでしまったという。

〈水の中へ溺れるやうに、石の下へ私の戀人は沈んで行きました〉。

水の中へ溺れるやうに──なにか事故が起こったときの、静かに無音に事態が進行する恐ろしい一瞬の感じがよく出ている。

石と戀人の體は砕け合つて、赤い細〔こまか〕い石になつて、ベルトの上へ落ちました。ベルトは粉砕筒へ入つて行きました。そこで鋼鐵の彈丸と一緒になつて、細く細く、はげしい音に呪の聲を叫びながら、砕かれました。さうして焼かれて、立派にセメントになりました。

 骨も、肉も、魂も、粉々になりました。私の戀人の一切はセメントになつてしまひました。〔…〕私は戀人を入れる袋を縫つてゐます。〔…〕

 あなたは労働者ですか、あなたが労働者だつたら、私を可哀相だと思つて、お返事下さい。〔…〕

 私は私の戀人が、劇場の廊下になつたり、大きな邸宅の塀になつたりするのを見るに忍びません。〔…〕

 いゝえ、ようございます、どんな処にでも使つて下さい。私の戀人は、どんな処に埋められても、きつといゝ事をします。〔…〕私の戀人の着てゐた仕事着の裂〔きれ〕を、あなたに上げます。この手紙を包んであるのがさうなのですよ。この裂には石の粉と、あの人の汗とが浸み込んでゐるのですよ。あの人が、この裂の仕事着で、どんなに硬く私を抱いて呉れたことでせう。

あ、いや、そんな剣呑な布なら、ほしくないです。

*   *   *

 スプラッタホラーとドタバタコメディの両分野を得意とする漫画家・高橋葉介が、短篇漫画『腸詰工場の少女』(1982)を描いたのは、恐らくこの掌篇のパロディだったのだろう。

コメント4

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授