• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

我が道を行きすぎですか?――イアン・ポールター

You have to do what's right for you.(自分にとって正しいと思うことをやれ)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2008年11月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どうして彼は、いつも悪者にされてしまうのだろうかと、つくづく思う。「彼」とは、髪の毛をツンツンと立て、派手でユニークな出で立ちでプレーする英国人選手イアン・ポールターのことだ。

 思えば、今年の米欧対抗戦ライダーカップの前も、米欧双方でポールター批判が巻き起こった。まだ欧州チームメンバーになるためのポイントを満たしていなかったポールターは、自力でチーム入りするための最後のチャンスとなる欧州ツアーの大会に絶対に出場すると思われていた。だが、彼はその大会に出ず、米ツアーのフェデックスカップ・プレーオフ第2戦、ドイツバンク選手権に出場する道を選んだ。そんな彼の選択が大きな物議を醸したのだ。

 欧州の人々は「欧州チームに対する冒涜だ」「欧州への裏切り行為だ」と声を荒げた。米国の人々は、欧州側のチームワークが大会前から乱れるであろうことに、ほくそ笑んだり、嘲笑したり。

 ポールターには、自力でチーム入りができずとも、キャプテンのニック・ファルドによるキャプテン推薦をもらってライダーカップに出場する道も残されており、それが余計に彼に対する批判を煽った。

 ポールター同様、キャプテン推薦を心待ちにしていたコリン・モンゴメリーにいたっては「アイツはファルドとの秘密のホットラインを持っているに違いない」と疑った。きっとポールターはファルドから推薦の言質を内密にもらっている。だから、欧州ツアーには出なくても大丈夫だと踏んで、のうのうと米ツアーに出たんだと、モンゴメリーは勘ぐったのだ。

 しかし、ドイツバンク選手権で開かれた記者会見で、ポールターはきっぱりと言った。

 You have to do what's right for you.
(自分にとって正しいと思うことをやれ)

 これは、ポールター自身の言葉ではなく、ポールターがキャプテン・ファルドに相談した際、「ファルドが僕に言ってくれた言葉」だそうだ。

 プロゴルファーとしても、独自ブランドのアパレルを売るビジネスマンとしても、世界進出を夢見るポールターは、移動やスケジュール調整の大変さは覚悟の上で欧米両ツアーを掛け持ち参戦している。

 問題の「選択」を迫られたとき、彼は米ツアーの最低義務試合数「15」に1つ満たない14試合しか出ていなかった。来季も米ツアーで戦うためには、あと1試合出場する必要があった。ライダーカップ後のフォールシリーズは、早くから出場が決まっていた韓国や日本、中国の試合と日程が重なっていた。だから、どうしてもドイツバンク選手権に出なければならない事情があった。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏