• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「壁」は越えるのではなく、壊すもの

創造的対話が生まれるオフィス“2つの鉄則”

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2008年11月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は“容れ物”、つまりハードとしてのオフィス環境が職場の雰囲気にどのような影響を与えるか、考えてみたいと思います。

 私どもの会社はスタッフの増加に伴い、昨年2月に引っ越しをしました。現在のオフィスは千鳥が淵の間近、イタリア文化会館というビルの10階です。眼下には武道館、北の丸公園、皇居。その先には丸の内のビル群を見渡すことができます。

 企業様の風土改革を手がける会社ですから、自分たちの職場のコミュニケーションが少なく、ムードが悪いのでは話になりません。移転に際しては、プロジェクトチームを発足させ、コミュニケーションが多く交わされるオフィス環境づくりを目指しました。

 話し合いを重ねた結果、決まったオフィスコンセプトが「真面目なハワイ、真剣なカリフォルニア」です。

オフィスにオープンな「カフェ」

 ハワイやカリフォルニアに行くと感じられるあの陽気さ、楽しさ、おおらかさと、プロのコーチが集うファームとしての真剣さや真面目さ、さらには重厚感。この両方を共存させようとしたのです(「真面目なハワイ」も「真剣なカリフォルニア」も似たようなものですが、語呂がいいので2つ並べました)。

 執務室は、社員が自分専用のデスクをもたないフリーアドレススタイルとし、大きな丸や長方形のテーブルを並べました。椅子の色は、目に鮮やかなオレンジ、黄緑、それに水色。窓際には20メートル近くある、少し湾曲した長テーブルを据え付け、眼下の緑と向こうの丸の内を見ながら仕事ができるようにしています。

 また、自由に集まって談笑できる「カフェ」を作り、DVDを見たり、音楽を聴いたりできるようにしました。このスペースは閉じられた個室でなく、執務室につながっています。

 執務エリアの奥には25個の小ブースを設けました。企画書を作ったり、大事な電話をしたりというときは静かな場所で、との計らいです。

 さて、実際に引っ越しをして、職場の雰囲気はどうなったかといいますと……。

 お越しいただいたお客様は、受付部分のガラス張りからオフィスをご覧いただけるようになっています。風土改革の支援を生業とする会社の風土はどのようなものなのか、一端でも垣間見ていただきたいとの思いからです。

 お客様の多くが言ってくださるのが、「社員の方はとても楽しそうですね」。職場の活気を感じてくださるようです。

コメント0

「鈴木義幸の「風通しのいい職場作り」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官