• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

研修を取り入れただけで、企業は安心していませんか?

個人の“ココロ”を大事にしない管理職研修はいらない

2008年11月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「管理職になったらやたらと研修ばかりで、なんだかなぁ、という感じ」

 去年の3月に管理職になった知人が、半ば呆れ顔でつぶやいた。中間管理職研修、マネジメント研修、コーチング研修、自己啓発研修、コミュニケーション研修。この数カ月だけで、こんなにもたくさんの研修を受けさせられたというのだ。

 「研修でロールプレイをやらされるんだけど、これがすごいストレスなんだよね。例えば、部下が『会社辞めたいんですけど』って言ってきたら、『なんで?』と聞いてはダメ。『ふうん、辞めたいんだね』と繰り返して、相手に詳しく話させるんだって」と彼は、言う。「研修をやっていると、部下に対してああ言ってはダメ、こう答えてはダメ、と言われるばかりで、なんだか訳が分からなくなってきた…」

 彼だけではない。巷の管理職たちが皆、研修の嵐に見舞われている。彼らは、明らかに研修に疲れている。研修が流行している(こういった表現が妥当かどうか分からないが)背景には、企業のスリム化やフラット化、雇用の多様化、プレイングマネジャーの増加といった、様々な企業体制の変化があるだろう。そして、それに伴う企業からの高い要求に、悲鳴を上げている管理職が急増しているのだ。

企業の研修は、誰のため?

 しかし、こうした研修の嵐に釈然としない気持ちになっているのは、知人だけではない。私自身、管理職向けのストレスマネジメント研修や講演会のお仕事を多数いただいている身なので、研修が増えることはありがたいのだが、正直言って、企業の研修に対する姿勢には疑問を持つことも多い。個人のココロをないがしろにして、企業の満足のためだけに、研修をやっているような気がしてならないのだ。

 こんな研修に、本当に意味があるのだろうか?

 世界的に著名な職業性ストレス研究者・カラセックら(1990)やクーパーら(1994)が提唱した「健康職場(Healthy organization)」という考え方が、近年欧米を中心に注目されている。

 「健康職場」とは逆説的に言えば、職場に過度のストレッサーがなく、あるいは本質安全化が図られているために、ストレス解消法に熱心に取り組んだり不断に細心の注意を払ったりする必要のない職場のことをいう。

 健康職場で働く労働者は、

・自己の成長を追求する姿勢が強く
・他者のことを自分のことのように考えられる思いやりを持ち
・チームに協力的、積極的、強調的で
・健康行動にも前向きに取り組み
・問題解決能力が高く
・明確な目標を設定されることによって、自己のゴール設定を行い
・そのゴールに向けた行動のスケジュールなどを、実行、管理できる

 とされている。

 これらは、まさしく企業が求めている人材だ。あるいは誰もが、こういう人物でありたいと願っていることだろう。

コメント1

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「研修を取り入れただけで、企業は安心していませんか?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長