• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

そろそろ賞味期限切れ?『人並みといふこと』
~芝生の青さ比べにはキリがない

  • 澁川 祐子

バックナンバー

2008年11月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人並みといふこと

人並みといふこと』しりあがり寿著、大和書房、1500円(税抜き)

 先日、古くから付き合いのある友人に会ったとき、「子どもができない」という悩みを打ち明けられた。彼女は数年前に結婚し、マイホームも買った。対する私といえば、仕事はなんの保証もない浮き草稼業、築30年近い賃貸アパートに独り住まい。どこからどう見たって、彼女のほうが世間一般で言う「安定した暮らし」を手に入れている。でもその晩、私は彼女の聞き役にまわった。

 彼女と別れた帰り道、歩きながらぼんやり考えた。人は大切な何かを手に入れると、その大切な何かを守ろうと必死になったり、別の何かがほしくなったりするのだなあと。現在家なし、夫なし(子なしは言わずもがな)の「ないない尽くし」の私は気楽なもんである。何も持っていなければ、失う怖さもハナから存在しない。

 とはいえ、かつて自分も「人並み」になろうと七転八倒した時期があった。だが30歳を過ぎてから、「人並みからズレた方向に歩いているんじゃないか」ということを薄々感じはじめ、最近では諦めモードに入りつつある。

いつのまにか高嶺の花となった「人並み」

 でも、そもそも「人並み」ってなんだろう? 中学、高校、大学と進み、中堅企業に就職、20代後半で結婚して子どもは2人、郊外にマイホームを構える――だが、私のまわりを見渡せば、そんな絵に描いたような「人並み」を生きている人は皆無である。誰もがどこかでまわり道をしていたり、ちょっと躓いていたりする。なのに、なんで「人並み」のイメージが存在し、「人並み」でないことが人を不安にさせたりするのだろう?

 そんな堂々巡りをしていたさなか、ある一冊の本に出会い「よくぞ書いてくれました!」と拍手したくなった。それが本書である。著者は、世の中をシュールな笑いに変換してきた漫画家・しりあがり寿氏。漫画家としてデビューしてからも長らく大手ビール会社のサラリーマンという二足の草鞋生活を続けてきた人物だ。

 そんな著者いわく、「人並み」は「あったかなフトン」だ。

〈人々がどうふるまうべきか? していいことと悪いことは? どういう人が「いい人」か? みんなが社会を作って生きていくには、そんな掟みたいなものがある程度は必要だ。世界には、そんな掟を山の上で神さまから授けてもらった人々もいる。国とかから、キビシく決められている人もいる。/だけど、僕らはそんな掟を世間に求めている。「人並み」という、あいまいでとらえどころがなく根拠もなく合理的でもなく正当性も怪しい。でもあたたかい、下手するとあたたかすぎて腐ったりしそうな掟〉

 ただし、このフトンはふかふかしてあったかいだけではないところが曲者だ。〈常に場所を変える、とらえどころのないフトン〉なのである。そして、いまの世の中はめまぐるしく変化するフトンを追いかけて、みんなが右往左往しているんじゃないかと指摘する。

〈かつては「人並み」も、人生というルーレットの大きな目のひとつだった。大きな志や際立った才能もなく、さしあたり自分のチップを「人並み」という目にかけていた人も多かっただろう。でも今は違う、人並みに落ち着こうと思っても世界の変化はそれを許さない。人並みにパソコンを使い、人並みにコミュニケーションをとり、人並みに容姿を整え、人並みに稼ぐには人並み以上の努力が必要だ〉

 「人並み」はいつのまにか高嶺の花となり、速さを増すルーレットの前で人は何に賭けたらいいのかわからず、呆然と立ち尽くす。ひとたび何かに賭ければ今度は「はたしてこの目を選んでよかったのだろうか?」という疑問がふつふつと湧いてくる。選択肢が増え、自由に選べるようになったものの、人々は本当に幸せになったのだろうか――そう問いかけてくる。

コメント2

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長