• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「何も選ばない」生き方のすすめ

ストレス対処への新たな視点、宗教人類学--植島啓司氏(前編)

2008年11月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国に端を発した金融危機、日々口にするような食べ物の汚染発覚など、いまや「不安」が常態となっている。

 不安な時代が叫ばれるほど、その裏返しに「こうすれば確実に成功を得られますよ」といった、生き方やノウハウの話がもてはやされる。思えば、家庭や学校で教えられた「自分の頭で考え、決断できる人になりましょう」といったこともノウハウの1つでしかなかった。

 ある程度の年齢を重ねれば、そんな法則が当てはまらない多くの例外を目にするが、むしろ例外の方が主流なのではと思えてくる。

 世の中、思いどおりに行くことのほうが珍しい。努力して成功したが、健康を害した。財産を失ったが、愛する人と巡り会えた……。手に入れるとは失うことであり、その逆も真だと思えることが多い。すべてが偶然ならば、自分の意志で成し遂げられることは、そう多くはないのではないか。

 そもそも人は、いつ死ぬかは分からない。だが、“老い”や“病”を得て“死ぬ”という不確実でありながら明瞭なルールに支配されている。その中でさいころを振りながらも、何かを選択して生きてきたのが人間である。

 そして、古来より、こうした生に伴うストレスを扱ってきたのは宗教だった。

 宗教人類学者の植島啓司さんはここ40年間、1年のうち200日を旅し、世界中の聖地とカジノを巡ってきた。1回限りの奇蹟の起きた場所である「聖地」。偶然か必然かという根源的な問いかけが芽生える「賭け」。この、奇蹟という1回限りの必然の出来事と、賭けにおける運やツキといった偶然は、不確実でストレスを生き抜く上で大いに参考になる対象ではないか。

 “一寸先は闇”の生をやり過ごす心構えとは何か、植島さんに聞いた。

--植島先生は年間200日くらい海外を旅しているそうですが、観光地を巡る“ツーリスト”とあてもなく放浪する“トラベラー”では、見える風景は違うと思います。2つの違いを意識することはありますか?

植島:観光だと「どこに行って何を見て、いつまでに帰ってくる」という行程が決まっています。翻って旅は決まった場所に行くのではなく、人と会うこと自体が目的であり、すべてが偶然の出会いに委ねられています。それが観光との違いですね。

植島啓司(うえしま・けいじ) 宗教人類学者。東京大学卒。東京大学大学院人文科学研究科(宗教人類学専攻)博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、M・エリアーデのもとで研究を続ける。NYニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。著書『男が女になる病気』(朝日出版社、集英社)『分裂病者のダンスパーティ』(リブロポート)『宗教学講義』(筑摩書房)『天使のささやき』(人文書院)『聖地の想像力』(集英社)『快楽は悪か』(朝日新聞社)、『偶然のチカラ』(集英社)、『賭ける魂』(講談社)ほか多数。翻訳『生命の樹』(平凡社)『メディア・セックス』(リブロポート、集英社)など。

植島啓司(うえしま・けいじ) 宗教人類学者。東京大学卒。東京大学大学院人文科学研究科(宗教人類学専攻)博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、M・エリアーデのもとで研究を続ける。NYニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。著書『男が女になる病気』(朝日出版社、集英社)『分裂病者のダンスパーティ』(リブロポート)『宗教学講義』(筑摩書房)『天使のささやき』(人文書院)『聖地の想像力』(集英社)『快楽は悪か』(朝日新聞社)、『偶然のチカラ』(集英社)、『賭ける魂』(講談社)ほか多数。翻訳『生命の樹』(平凡社)『メディア・セックス』(リブロポート、集英社)など。

 予定の決まっている観光客は、どこかへ向かう途中でバスが故障したら焦るわけです。偶然を楽しめるかどうかは、どこまで日常の予定から離れられるかに関わってきます。

“脅迫”で動いている社会

--普段の生活で私たちは、高度に情報化された社会の恩恵を存分に味わっています。しかし、同時に物事が予定通りに運ぶかどうかはストレスの大きな要因にもなっています。情報化が進むほど、偶然を許さない傾向が強まっているように思います。

植島:この40年間で100か国以上を旅してきましたが、日本ほどいつも何かに強迫されている国はありませんね。世界有数のストレス社会であることは間違いありません。

 時間の遅延を許す感覚がなく、何事も予定通りに行わなければならないと思い込んでいる。だから、進学でいうと子を私立に行かせなければならないと思い込み、病気になったらどうしようかと悩み、来年はこの仕事を続けていられるだろうかと不安になる。いつも何かに強迫されている。

 電車がオーバーランしたくらいで新聞記事になる国は、ヨーロッパやアフリカ、アジアでもありません。だいたい電車なんて時間通り来ないことが当たり前です。

--日本の電車では、強風で遅れたときも、車掌が「申し訳ありません」とアナウンスします。自然現象すら認められないようです。それにしても時間という単位は、人間の作り出したものです。人為を絶対死守しなくてはならないという強迫的な風潮は、なぜ、もたらされたのでしょうか?

植島:オブセッション(強迫観念)が社会の原動力だからです。一般に高度資本主義社会の発信するメッセージは「あなたには何か不足していますよ」というものです。「自分は満足している」と思っていても、「いいえ、このテレビを買わないと迫力あるワールドカップは味わえませんよ」とか「もっと健康になりたいならこういう治療が必要です」といった具合に、「いつも何かが欠けている」という強迫観念で社会を動かそうとする。

「多角的に「ストレス」を科学する」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長