• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東京は福井になる~家計、会社にも国にも頼らない人生のために【3】

崖っぷち親子会計

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2008年11月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

戦後最長の景気拡大は幕を閉じ、再び冬の時代に。
会社も国もあてにできない時代がやってきた。
生き残りに必死の企業は一段とリストラに力を入れる。
公的年金は、いずれ支給額の大幅カットが避けられない。
不透明な世の中に怯えずに済む生き方を家計から考察する。

* * *

2007年6月25日号より

家計受難の時、生活防衛型の親子連結がニッポンの標準になる。
厳しい経済環境下で古くからそれを実践してきた福井県。
そこではどのような生活が繰り広げられているのか。

(馬場 完治、宇賀神 宰司、石川 潤、蛯谷 敏)

 福井市郊外。中心市街地からタクシーで20分も走ると、のどかな田園地帯が広がる。目指す住所の近くに目印もなく、運転手と立ち往生していると「やあ、こっちですよ」と澤崎敏文さんが手招きをしながら現れた。

 澤崎さんは福井生まれ福井育ちの35歳。県内でも離れて暮らす家族が増える中、親子が近所に住める政策を担当する県庁職員だ。そんな澤崎さんは実家の離れに、職場で知り合った妻と5歳の長男と住んでいる。実家には父(62歳)と母(59歳)が住んでいて、事実上は3世代同居の5人家族だ。公務員だった父は2年前に定年を迎え、保育士だった母は澤崎さんに長男が生まれた5年前に退職して今は専業主婦である。

 その日は日曜日。夕方、近所に住む澤崎さんの弟夫婦が2歳の子供とともにやってきた。食事は澤崎さんの母が作るのが常。この日も食卓に揚げ物、炒め物、刺し身などたくさんのおかずを大皿で並べていく。8人がテーブルを取り囲み、銘々好きなお皿に箸を伸ばす。大きなテーブルを囲んで談笑が始まる。さながら里帰りで親戚が集まる盆や正月のようだが澤崎さん宅では日常のことだ。

 典型的な福井の家族の風景――。

 それは高度成長期以降、核家族化が進んだ都市部では失われた家族の風景だった。しかし、これから先、再び日本の標準に返り咲こうとしている。

世帯年収・貯蓄額は日本一

 福井県には興味深い指標がいくつもある。

 福井県の総生産は47都道府県中41位。トップの東京都のわずか3.6%に過ぎず、決して経済的に恵まれた地域とは言えない県だ。2004年に総務省が実施した全国消費実態調査によれば、福井県における世帯主の平均月収は36万2976円、全国平均を約2万円下回り、47都道府県中24位という水準だ。

図・データで見る福井県

 しかし、世帯当たりの実収入となると、月額59万919円に上り2位の神奈川県の54万9046円を大きく引き離し日本一の座に就いている。世帯当たりの平均貯蓄率は19.8%で日本一。これは全国平均9.6%の2倍以上の水準であり、その結果、世帯当たりの貯蓄残高も1630万円と日本一多い。

 1人当たりの収入は決して高くないのに、世帯収入、世帯貯蓄額は日本一という福井。

 2005年の国勢調査によれば、澤崎さんのように3世代で同居している世帯は20.2%。都道府県別で山形県に次ぎ2位である。そして、夫婦共働き率は、58.2%で日本一となっている。

 「大人数で暮らし全員で働く」のが福井流。配偶者の収入とその他の世帯員の収入では、それぞれ他都道府県を圧倒し、世帯収入ではトップに躍り出ているのだ。
 県庁職員の澤崎さんにも両親と別居という考えはなかった。「職場までの所要時間は30分。十分通える距離ですし、家計のことを考えると同居せざるを得ない。特に子供ができてからは、母が面倒を見てくれるので同居してよかったと妻とも話しています」と本音を漏らす。

 共働きが当たり前の福井では、日中の子育ては祖父母が担当する。

コメント3

「日経ビジネスが描いた日本経済の40年」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長