• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界不況で物価は上がるのか?~『物価迷走』
原田泰・神田慶司著(評:田中秀臣)

角川oneテーマ21、705円(税別)

  • 田中 秀臣

バックナンバー

2008年11月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間00分

物価迷走──インフレーションとは何か

物価迷走──インフレーションとは何か』 原田泰・神田慶司著、角川oneテーマ21、705円(税別)

 経済学の基本を適切に踏まえたうえで時事的な問題にユニークな視点を提供し続けることにかけて、日本では原田泰の一連の仕事がまずは注目されるべきだろう。

 もちろんユニークな経済本は多い。本屋の店頭にもその手の本が目白押しだ。しかし、例えば経済危機の本なら、経済の危機的状況を説明するよりも書いている人たちの危機的な経済理解を明らかにしているものが大半だ。経済学のまっとうな理解とユニークな問題提起の組合せはいまの日本では希少価値である。

 さて本書は原田が大和総研エコノミストの神田慶司氏とタッグを組んだ最新作である。テーマは「物価」。特に原油などの資源価格と物価との関係、インフレーション(物価の上昇)のメカニズム、先進国やジンバブエなどの世界のインフレーションの展望、そして古代から現代までの歴史の中におけるインフレーションを扱っている。

 その基本的な視点は、物価を考える上ではマネー(貨幣)が決定的に重要であること。そしてマネーをコントロールする能力のある、現代ならば各国の中央銀行(日本ならば日本銀行)の金融政策が物価の動向に大きな影響をもっていることが丁寧に解説されている。このインフレーション(および反対の現象であるデフレーション)が中央銀行の金融政策によって左右されている、という認識は特にマスコミ、政治家、世論においていまだ一般的な理解を得ているとは思えない。

 その意味で、このインフレ(デフレ)は貨幣的な現象であることを今日の喫緊の問題とからめて包括的に説明している本書は貴重である。しかも内容も専門的な議論に十分耐える一方で、直観的なわかりやすさにも配慮したものとなっている。

 本書でいう物価とは、「全般的な物価」のことであり、食料品や電気製品あるいはガソリンなど個々の物価とは違う。そのことを明記し、この全般的な物価が持続的に上昇することを「インフレーション」と定義する。

石油価格が高騰すると、物価は下がる?

 例えば日本の物価と、昨今注目を集めている石油価格が同じ動きを示すとはかぎらない。最近の国際的な景気悪化をうけて、一時147.27ドルの最高値をつけた石油価格も現状では70ドル程度まで下落している。仮にこの石油価格が夏前までのように高騰していたら、人々はこの石油を買うために所得の多くを犠牲にするので、当然に他の物への出費が減る。

 すると石油価格は高騰していても他の物の価格は下がる可能性が大きい。となれば石油価格が高騰していた時期に、日本ではインフレが騒がれていたが、それは石油価格高騰以外の理由を見つけ出さなくてはいけない。そしてインフレの原因は金融政策であるというのが原田らの主張だ。

 金融政策で通貨(マネー、貨幣)が膨張することで物価が上昇するのである。いいかえると通貨の量が多くなれば、それに比例して通貨の価値は低下し、通貨と交換される全般的な物の価値が高まる。この通貨の価値の低下=全般的な物の価値の上昇を「インフレーション」といっているのだ。

 ところでガソリンや食料品の価格がなぜ上がったのだろうか。理由としては中国・インドなどの新興経済圏の実需によるもの、あるいは投機という説がある。特に後者は生活必需品の価格を不安定にし、消費者の生活を困窮させている「悪」であるという批判が強い(規制強化もいわれている)。しかし原田は投機自体はむしろ石油や食料品の価格を安定化させる効果が大きいと指摘している。

〈投機家が利益を得るためには、安い時に買って、高い時に売らなければならない。安い時に買えば、安かった価格は少し上がり、高い時に売れば、高かった価格は少し下がるはずだ。この結果投機によって価格の変動は小さくなるだろう〉(51頁)。

コメント1

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック