• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

天衣無縫 自由自在の表現主義

『尾崎放哉随筆集』尾崎放哉著 講談社学芸文庫 950円(税抜き)

  • 松島 駿二郎

バックナンバー

2008年12月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『尾崎放哉随筆集』尾崎放哉著

『尾崎放哉随筆集』尾崎放哉著

 咳をしても一人

 尾崎放哉のもっとも有名な俳句である。沈思しつつ、この句を味わってみよう。天涯孤独の男の姿が浮かんでくる。尾崎は五・七・五という句型を無視し、季語という俳句の約束事から離れて、自分の内奥を凝視して、ポツンと句を吐き出す。

 尾崎の句はそのすざまじい自己凝視で、多くの支持者を勝ち得てきた。大正末期から昭和初期まで短い俳句人生だったが、現代でも得難い読者が多い。

 尾崎はドロップアウターのはしりだ。鳥取県出身、帝国大学法科大学政治学部を卒業した。末は博士か大臣かの時代である。地元選出の国会議員になってもちっとも不思議ではない。高校時代に夏目漱石から1年間英語を学んだ。

 尾崎は酒好きだった。酒癖は最悪だった。酔うとくどくなり、次第に友人たちが離反していった。しかし、それこそ尾崎が望んでいたことだった。

 当時はドロップアウトなんて言葉はなかった。「離俗」という。俗世間から離れる、という意味だ。そして、破格の俳句を詠み続けた。漂流子の好きな句をふたつ。

 何か求むる心海に放つ

 心まとめる鉛筆とがらす

 この2句では後者が好きだ。ひとりで孤独に鉛筆を鋭く削っている。怖い怖い、だけどこの情景に漲る孤独感は、いい知れない。見事に自己の内奥を表現している。破格の俳句は表現主義の最適な道具のようにも思う。

「書物漂流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長