• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイトルで、損しちゃってるなぁ~『ホームレスどっこいお気楽名言集』
矢野弥八著(評:清田隆之)【奨】

ベスト新書、686円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2008年12月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間30分

ホームレスどっこいお気楽名言集

ホームレスどっこいお気楽名言集』 矢野弥八著、ベスト新書、686円(税別)

 父が心配だ。

 僕の実家は、東京の下町で小さな電器屋を営んでいる。もうすぐ開業30年。長男の僕は家業を継いでいない。どの道、一代限りでたたむことになるのだが、先日、父は開業以来慣れ親しんだ店舗を引き払った。

 今後は隣町にある住まいの駐車場に簡単な事務所を作り、そこで細々と営業を続けていくという。余計なお世話かもしれないが、先行きは不安である。

 昔は品物が飛ぶように売れた。家電メーカーの営業マンが息子の僕を幼稚園まで送り迎えしていたほど、小売店の立場もよかった。父が目を細めて懐古する、バブルという時代の話だ。

 しかし、世の不景気と連動し、子どもの目にもわかるくらい活気がなくなった。近くの国道沿いに大型の家電販売店ができ、客足を奪われた。21世紀になる頃には、商店街の明かりが次々と消え、今では土地持ちの商店だけがかろうじて残っている。

 本書は、300人前後のホームレスに声をかけ、取材のOKをとれた4割ほどのうち、99人ぶんの話を紹介したインタビュー集だ。見開きの右ページに彼らの「名言」と略歴(の約7割は「写真」付)を載せ、左ページで半生を綴るという、コンパクトな形式にまとめている。

 アクの強い99の人生録は、著者の巧みな筆遣いでテンポよく読める。そのぶん感じさせられる人生の速度。人はなんて儚いんだろう。読後しばらく、感傷的になってしまった。カジュアルな書名の印象が、いい意味で裏切られた。

路上生活に陥ったのは自分のせい? 社会のせい?

 例えば、ひとり目に紹介されている「くにお氏」は、元東芝の営業主任。月の手取り50万円の順風満帆なサラリーマン人生だったが、幼なじみの保証人になって歯車が狂い、勤続22年目のリストラで完全に崩壊。所有物のマンションも処分し、4年前から上野公園で寝泊まりしているという。

 本書には、元教師や元自衛隊員、あるいは職を転々としてきた人など、いろんな経歴を抱えた人々が登場する。リストラや病気がきっかけになった人もいれば、酒やギャンブルで身を持ち崩した人もいる。

 バラエティに富んだ人生模様だが、どの人も「路上生活に転落した経緯」だけは似通っている。彼らの多くは、生活を立て直そうと土木業の日雇い労働者として働いていたが、高齢やケガで仕事にあぶれ、宿代も稼げずに路上で暮らし始めたというパターンだ。

 以前、『ルポ 最底辺』を書評したが、いったん路上生活に陥ってしまうと、その先には「負のスパイラル」が待っている。住所を失えば再就職のチャンスは与えられない。

 そして、日雇い労働にすらあぶれてしまった者には、空き缶拾いや古雑誌集め、チケットの整理券などを確保する「並び屋」くらいしか現金を得る手立てがなくなってしまう。たとえ目一杯働いたとしても、せいぜい日収1000円前後の世界。食べ物を買えば即座に所持金は消え、蓄えることなど到底できない。

 本書は、その構造を真顔で批判はしない。かわりにホームレスの人々が何を考え、どう生きているのかに焦点を当てる。自分を責める人、社会のせいにする人、前向きに生きる人。各人の声にじっと耳を傾ける。

コメント0

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員