• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なんと、コントローラーに触れないソフトが登場!

~斬新な入力方法を採用した「レッツタップ」に注目せよ~

2008年12月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「今年の年末商戦に登場するソフトの中で、1本だけ注目作をピックアップしてください」。そういわれたら、迷うことなく、セガが送り出すWii用ソフト「レッツタップ」を推薦することにします。

 これは凄いゲームです。なにしろ、ゲーム史上初の「コントローラーに触れないゲ―ム」なのですから。

 Wiiリモコンを紙の箱の上に置きます。ソフトに箱は同梱されているけれど、それ以外のどんな空き箱でもかまいません。プレイヤーは、紙相撲のように、とんとんとん、と指で箱を叩けばいい。すると箱の振動がリモコンに伝わり、これでゲームが操作できてしまうのですね。これまで体験したことのない、唯一無二の奇天烈な操作方法といえましょう。

 その不思議なプレイ感覚は、ぜひ一度体験してみるべき。かなり驚かされるはずです。

3歳から100歳までOK

 いざプレイしてみると、その感度のよさにびっくりするでしょう。軽く叩く、強く叩く、素早く叩く……などなど、叩き方の違いをきっちりと検知。ゲームを、どのリズムで叩くべきか、どの強さで叩くべきかでコントロールできる、なんとも奥深いゲームに仕上がっているんですね。最大4人による対戦プレイともなると、リモコンを置いた箱を叩くだけなのに、手に汗握るような緊張感が味わえます。

 それもそのはず。このソフトの作者は、全世界的ヒット作「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズをはじめとする、数々の名作の生みの親である中裕司さん。ゲーム作りの第一線で活躍し続けてきた人が、まったく新しい入力方法を採用しながらも、すれっからしのゲームマニアを納得させるチューニングを施しているというわけ。このあたりの調整は、さすがです。

 そして、いざ自宅のリビングに置いてみると、これが文字通り「誰でもプレイできる傑作」であることにも気づくでしょう。

 いままで「すごくシンプルなゲーム」とか「小さな子供も遊べるゲーム」と呼ばれるものはあったけれど、あくまでも「その人がコントローラーを握れる」ことが条件でした。それができない人は排除されていました。

 でも、このソフトは違う。手が小さくて、まだコントローラーを握ることができない2~3歳の子でも遊べちゃう。もちろん高齢者でもOK。年齢差が100歳くらいあっても、いっしょに楽しめてしまうゲームなんですね。

「レッツタップ」

幼児でも遊べる。ゲームマニアも楽しめる。箱を叩くという斬新すぎる操作が楽しい「レッツタップ」。販売元:セガ、12月18日発売。5040円(税込み)。タップボックス2個同梱。 (c)SEGA/PROPE

 これまで発売されたすべてのゲームの中で、「レッツタップ」は、もっとも幅広いユーザー層が楽しめるゲームです。これは、きわめて高く評価されるべきポイントでしょう。

人間は手触りを楽しむ生き物である

 ゲームビジネスの面から見ても、このようなソフトの登場は、大歓迎すべきことです。

 ゲーム機の進化の歴史は、いわば「入力方法の変化」の歴史だからです。これまでも、新しい入力方法が提案されることが、ゲームビジネスが大きく膨らみ、発展していく最初のきっかけになってきました。

コメント4件コメント/レビュー

REZを彷彿とさせる刺激的なタイトルだとは思います…が、セールスには貢献しないでしょうね。PCでマウスとキーボード、コンシューマーで十字キーは定番になって後殊にアーケードシーンでは様々な入力端末が試みられましたが汎用性と取り回しから遂に変われずに来ました。wiiは売り上げ面では大健闘していますが、wiiリモコン体験で世界のユーザーの認識を改めるのにはまだ不足です。特に国内の消費者は"ゲームを知っているが習熟はしていない"ユーザーが主です。(皮肉ながらWiiの普及で筆者が想定するカジュアル層のユーザーが増えたが故に一層増えました)その人たちに専用コントローラ付きの些か高価な価格設定で"勝てる(効率的にクリアに近づく)遊び方"を誘導してくれないゲームの訴求力は弱いでしょうね。(また、恐らくそういったユーザーの選択的な傾向が国内の業界を立ち遅れさせた要因の一つだと思います)そして、セールスに貢献しないソフトバンドルの独自入力端末は(多くのガンコンがそうであるように)早晩消えていってしまいます。(オペレーターズサイドやワンダープロジェクト、レミングスの様なゲーム性とのリンクなど面白い可能性はありそうですが)今、この種の新規性のあるタイトルを遊ぶ上で初見(及びその後2時間の初プレイ)に耐えるユーザーが売り上げを確保できるだけの層いるのか、という点では不安に思いますし、セガが未だにこういった新規性のあるタイトルを作ることを個人的には嬉しく思っていますが、かつてきんぷくりんやギブロ、アルファ・システム等注目に値するソフトを出した少なからぬメーカーが十分に経済的に報われずに変遷を遂げていった事を考えると(セガの場合アーケード事業の不振があるだけに)一層不安に思いますし、もはやこの種の実験的なタイトルを国内メーカーに期待し拡張されたユーザー体験をコンシューマに求めるのは酷ではないかな、とも思います。(2008/12/21)

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「なんと、コントローラーに触れないソフトが登場!」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

REZを彷彿とさせる刺激的なタイトルだとは思います…が、セールスには貢献しないでしょうね。PCでマウスとキーボード、コンシューマーで十字キーは定番になって後殊にアーケードシーンでは様々な入力端末が試みられましたが汎用性と取り回しから遂に変われずに来ました。wiiは売り上げ面では大健闘していますが、wiiリモコン体験で世界のユーザーの認識を改めるのにはまだ不足です。特に国内の消費者は"ゲームを知っているが習熟はしていない"ユーザーが主です。(皮肉ながらWiiの普及で筆者が想定するカジュアル層のユーザーが増えたが故に一層増えました)その人たちに専用コントローラ付きの些か高価な価格設定で"勝てる(効率的にクリアに近づく)遊び方"を誘導してくれないゲームの訴求力は弱いでしょうね。(また、恐らくそういったユーザーの選択的な傾向が国内の業界を立ち遅れさせた要因の一つだと思います)そして、セールスに貢献しないソフトバンドルの独自入力端末は(多くのガンコンがそうであるように)早晩消えていってしまいます。(オペレーターズサイドやワンダープロジェクト、レミングスの様なゲーム性とのリンクなど面白い可能性はありそうですが)今、この種の新規性のあるタイトルを遊ぶ上で初見(及びその後2時間の初プレイ)に耐えるユーザーが売り上げを確保できるだけの層いるのか、という点では不安に思いますし、セガが未だにこういった新規性のあるタイトルを作ることを個人的には嬉しく思っていますが、かつてきんぷくりんやギブロ、アルファ・システム等注目に値するソフトを出した少なからぬメーカーが十分に経済的に報われずに変遷を遂げていった事を考えると(セガの場合アーケード事業の不振があるだけに)一層不安に思いますし、もはやこの種の実験的なタイトルを国内メーカーに期待し拡張されたユーザー体験をコンシューマに求めるのは酷ではないかな、とも思います。(2008/12/21)

ゲームの操作方法で画期的なものでは三国志大戦も忘れてはならないのでは?アーケードゲームですがSEGAはなかなか面白い人材を抱えているようですね。これで経営陣もしっかりしていれば・・・(2008/12/12)

本文を途中まで読んだところでは、感度の良い「太鼓の達人」型コントローラを使ったタップダンスのゲームかと思いました(苦笑)。画面写真のジャンプアクションゲームをはじめ、さまざまな操作が箱を叩くだけで出来るという趣向なんですね。確かに画期的と思います。任天堂お得意の特殊なインターフェースが、元セガの中氏の手でさらなる進化を遂げたというストーリーも、かつてのメガドライバーにはちょっと嬉しい話です。(2008/12/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長