• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

復活への道程――アーニー・エルス

Whether it's good or bad, experience is experience.(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2009年1月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 南アフリカ出身のアーニー・エルス(39)に完全復活の兆しが見える。米ツアーの09年シーズン開幕戦、メルセデスベンツ選手権に4年ぶりに出場し、6位タイと大健闘。しかし、彼が活躍するであろうことは大会が開幕する前から予想できた。

 練習日に開かれた記者会見でエルスが口にした言葉は、前向きなものばかりだった。とはいえ、楽しい話を賑やかに語ったというわけではない。自らがひっそりと歩んできた苦しい日々を冷静に振り返り、当時の心境を赤裸々に語った彼の様子から、苦境をすでに乗り越えたということが見て取れたという意味だ。

 1994年と97年の全米オープン覇者。2001年には、ずっと夢見てきた全英オープン制覇も果たした。04年まではタイガー・ウッズのライバルとして米ツアー2位に輝いていたエルス。そんな彼が「下降するスパイラルに陥った」のは05年だった。ショットは乱れ、パットは1メートルからでも入らない。エルスの表情は沈みっぱなしだった。優勝はおろか、賞金ランクはトップ30からも押し出され、彼のトッププロイメージは、あっという間に薄らいでいった。

 不調の原因は、家族旅行中にセイリングに挑んだ際、膝を痛めたこと。手術後、完治を待たずしてツアー復帰を焦ったことが事態をさらに悪化させた――と、報じられていた。

 しかし、昨年3月のホンダクラシックで3年半ぶりの優勝を飾ったエルスが長男ベンが自閉症であることを初めて公表したとき、エルスの不調の原因は、もっと複雑で複合的であったことが、初めてメディアやファンの知るところとなった。

 ベンの自閉症と取り組むため、住まいをロンドンからフロリダに移し、やっと明るい表情でツアーに臨むようになったエルス。03年にはメルセデス選手権とソニーオープンで2週連続優勝を果たし、04年のソニーオープンを2年連続で制したかつての「ハワイ男」は、4年ぶりのハワイで、しみじみと、こう言った。

Whether it's good or bad, experience is experience.
(いい悪いはさておき、どんな経験も経験さ)

 セイリング中の負傷がきっかけで低迷したと思われていたエルスに対し、米メディアの論調は厳しかった。「プロアスリートが休暇中に負傷したのは油断していた証拠」「自覚の欠如」等々。

 そんな批判を受けながら、エルスは妻や長女とともに、5歳のベンの自閉症に取り組んできた。治療法が確立されていない障害に直面し、自らは膝の負傷に直面。家庭とゴルフの狭間で精神的に窮したエルスは、自分の人生がすっかり下降線を辿り始めたと感じ、「自信を失っていた」と、当時を振り返った。

 それでもエルスは諦めなかった。ベンの障害にも自らのゴルフにも、じっくり向き合い、「少しずつ少しずつ、山を登ってきた」。

 そして、昨年のホンダクラシックで優勝したとき、エルスはその喜びはさておき、息子のべンが自閉症であることを公表した。「この障害のことを世界の人々にもっと知ってもらいたい。そうすれば、治療法も見つかるかもしれない」という願いを抱いていたからだ。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)