• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

首尾一貫していないあなたが載る「リスト」

2009年2月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人は見た目が9割説から、人間を外見で判断するなどというのは言語道断論まで、見た目と中身の関係をどうとらえるかには、いろいろと立場があります。


 実際のところは、どう判断すべきかはさておいても、一目で「うわっ、怖そう」なんてことは、ついついみなさん、思ってしまっているのではないでしょうか。

 以前、取材ついでに心理カウンセラーの方にそのような話をしたところ、「それは、目の前にいる人が、自分の中にある過去に出会った『怖い人リスト』に登録されている人に似ているからだ」というようなことを言われました。

 私は、評論家の小谷野敦さんが、書かれるものはもちろんのことそのルックスがとてもとても好きで、ご著書『もてない男』のピンボケ気味の著者近影でご尊顔を初めて拝した時、「これは!」と大声で叫びそうになるほどの衝撃を受けました。

 その時は、「これが、これが運命というものか!」などと、今になって思えばどうかしていたと思うくらいに浮き足立ちもしたのですが、心理カウンセラー氏の解釈によると、それは私の中にすでにある『好みのルックスの男性リスト』に小谷野さんが合致した、ということになります。

 そこで『好みのルックスの男性リスト』を恐る恐る確認してみると、なるほど確かに「この人ってすごく仕事ができて、かつ、お茶目なところもあって素敵だわ」と思ったのが乗じて「もしかして見た目も悪くないかも。いや、かなりいい」となった、当時同じ職場にいた男性に少し似ていることを発見しました。

 そんな経験もあって、私は今回、縁あってお話をうかがうことになったその人を見て、「うわっ、怖そう」と感じ、すぐさま自分の『怖い人リスト』をクエリ検索してみました。

 そして、ああ彼は、太陽にほえろ!における石原裕次郎なんだなあ、とうすぼんやりとわかりました。見た目だけですけれど。

 40代半ばで、マネジャー職のユウジロウさんは、今現在は、まだまだ、女性が優遇されている世の中になんてなっていない、という考えの持ち主です。

「過去を振り返ってみるんだよ」とユウジロウさんは言います。

 長い長い、男尊女卑の時代があったわけです。ずーっと低い位置に、女性は置かれていたわけです。だから今、女性の地位が向上し、相対的に男性のそれが下がるのは仕方がないこと。女性はもっともっと、強くなっていい。

 それがユウジロウさんが最初に開陳した、基本的な考えでした。

コメント19

「女々しい男でいこう!」のバックナンバー

一覧

「首尾一貫していないあなたが載る「リスト」」の著者

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官