• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

18.「はみ出し宣伝マンは『プロジェクトX』の夢を見るか?」

黒井千次スペシャル(2)『騎士グーダス』(前)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年2月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。2週連続日曜出勤です。

 前回、富士重工時代の黒井千次の小説の背景となる、高度経済成長末期の世相について触れた。今回から具体的に、黒井の会社員小説をいくつか読んでいくことにしよう。

時間

時間』黒井千次著、講談社文芸文庫、1,121円(税込)

 『時間』に収録されている『聖産業週間』『穴と空』(1968)は、それぞれ安部公房とカフカを思わせるようなモティーフを持つ、一種の不条理小説である。

 その翌年に書かれたのが、今回取り上げる『騎士グーダス』(1969)。当然、読む前に私はカフカの短篇『狩人グラフス』(池内紀訳『ノート1 万里の長城』[白水Uブックス《カフカ・コレクション》]や『カフカ短篇集』[岩波文庫]などで読める)を思い起こしながら読んだのだが……。

ノート1万里の長城

ノート1 万里の長城』カフカ(著)、池内紀(翻訳)、白水Uブックス カフカ・コレクション、1050円(税込)

カフカ短篇集

カフカ短篇集』カフカ(著)、池内紀(翻訳)、岩波文庫、630円(税込)
 


*   *   *

 『騎士グーダス』の主人公は、大手企業の宣伝部に勤める野々洋介。野々は幼い息子・敏に、寝る前にお話を作って聞かせている。

 ──王さまが三人の騎士に、自分と勝負して勝ったら娘と領地を与え、後継者とする、と言いました。試合はじゃんけんでおこなわれます。

 最初の騎士は玉座の王さまにたいしてチョキを出しました。王は右手を開いています。騎士が勝利を確信した瞬間、王は言います。

「私の左手を見てごらん。肱掛けの上で、私は手を握っている。」
 王様の左手は、椅子の肱掛けの上でたしかに握られています。
「ずるい。ジャンケンは右手でするものです。」〔…〕
「私は左ぎっちょなのだよ。」

 二番目の騎士は王さまにたいしてパーを出しました。王の左手は肱掛けの上で握られたままでした。第二の騎士が勝利を確信した瞬間、王は言います。

「私の右手を見てごらん。これはなんだい。」
 王様の右手は、だるそうな指を二本下にむけて出したまま膝の前にたれています。〔…〕
「前の騎士が、ジャンケンは右手でするものだと教えてくれたから、今度から右手でしたのだよ。」

──アドリブでここまで話したところで、野々は話に詰まってしまった。続きを期待している息子は、〈グウでしょ、ねえ、グウだね〉と先を急かすのだが、妻の和世が〈お父さん、お話、わからなくなったんだって。この次までに考えておいてもらいましょう〉と息子を寝かしつけてしまう。

 子どもを寝かしつけるための話とはいえ、自分で納得のいく結末が出ないことに、野々は苛立つのだった。

*   *   *

 宣伝部員の野々とコンビで、十数本のCMを作ってきた広告代理店のディレクター笹野は、この話を聞いて、最後の騎士の名を決め、〈野々さん、貴方の名前は、今からグーダスだ〉と言った。

 タイトル駄洒落かよ…。

 ある日喫茶店で、野々は笹野に新作CMのコンテを見せられた。第一案は〈いかにもクライアント側の意向を正確に捉えた、過不足のないコンテだった〉。ところが第二案は異様なものだった。

さりげない表現の一カット一カットの裏側に、いわば渇きのような呼びかけがあった。呼びかけ、というより、それは見る人への挑戦といった方が良いかもしれなかった。いや、そこにあるものは、ひどく素朴で、激しく単純な、コミュニケイションへの渇きそのものだった。〔…〕
「これも、商品広告ですか。」
「私にはわかりません〔…〕」

 笹野は、第一案が貴社への提案であり、第二案は自分のお遊び、野々個人のために提出したコンテだというのだが、言葉と裏腹に、その口調は強い意志に充ちている。

コメント0

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手