• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイトルで予想は付く…でもつい買っちゃった…~『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』
佐藤 明男著(評:朝山 実)

幻冬舍新書、760円(税別)

2009年2月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間00分

なぜグリーン車にはハゲが多いのか

なぜグリーン車にはハゲが多いのか』 佐藤 明男著、幻冬舍新書、760円(税別)

 会社勤めをしていたときのことだが、ワタシとふたりして取引先を訪問すると、先々で「上司」のもてなしを受ける後輩社員がいた。

 仮名をウエシマ君としておくが、段取りを覚えてもらおうと、ワタシが営業トークをしているその一歩下がったところで、ウエシマ君は、周囲を見回したりしながら腕組みしている。

「なにもすることがないし。話を聞いているのも退屈だったので」

 ウエシマ君は、あとでボソッと口にした。「退屈」の一言にカチンとはきたが、おさえてみた。そのヒマをもてあましていただけの態度は、先方にはちがった印象を与えていた。

 部下の日ごろの仕事ぶりを確認するために、付き添ってきた部長サン──入社3日目のウエシマ君は、そう見えたらしい。

 さて、突然ですが、問題です。次のことは本当でしょうか?

 1. ヘルメットや帽子を被ると薄毛になる。
 2. 海草を食べると髪が増える。
 3. 白髪の人は薄毛にならない。

「脱毛がひどくて、シャンプーをかえてみようかと思っているんです」

 資料の上に落ちた1本の頭髪をつまみあげながら、つぶやいたウエシマ君のことを思い出す、きょうこのごろである。

『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』

 「ハゲの悩みをなんとかします」みたいな書名なら手に取ったりはしなかっただろうが、しかしこのタイトルには、無視しがたいものがある。商売上手の幻冬舎。だいたい何が書いてあるのか予想はつくものの、結局ワタシ、誘惑に負けちゃいました。

そもそもグリーン車にはハゲが多いのか

 で、上記をふくむ薄毛にまつわる10個の風説を書中で検証している。ちなみに、1は×で、2は△(海草を食べたからといって髪の毛が生えることはないが、もずくに含まれるフコダインには育毛作用があるという報告あり)、3も×(医学的な証明なし)。

 肝心のタイトルについては、

〈たとえば新幹線に乗ったときに、社会的地位が高い人が多いであろうグリーン車の乗客を見てください。髪が薄い男性が多いはずです〉

 はず?

〈私もこの本を書くにあたり、グリーン車に乗って調べてみたところ、3車両42人中、17人が薄毛でした。40.4%の男性が薄毛だったのです。/一方、指定席の場合は3車両328人中29人、12.7%の方が薄毛でした〉

 ……タイトルを裏打ちするデータって、まさかこれだけ!?

 おそらく、この書名のために、著者も律儀に調査してみたのでしょう。しかし、1回、それも6両を目視しただけで「データ」とは。結論ありきのお手軽マーケティングというか、バラエティ番組レベルのゆるさだ。まあ、乗客の頭髪にばかり注目して、通路をゆく姿を想像すると十分うさんくさくて、おかしくはあるが。

 著者は、「これまで6000人を超える脱毛症患者を治療してきた、頭髪治療の第一人者」だとプロフィールに記されている。ちなみに、著者近影の髪型は眉にかかる、ふさふさ6・4分けだ。自らも薄毛に悩んでいるというが、若々しい。

 薄毛の原因は「テストステロン」なる男性ホルモンの作用によるものだ、という医学情報を説明しおえたあとは、頭髪にまつわる逸話紹介になっている。

コメント0

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)