• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

それは「若者」だけの話か?~『私は若者が嫌いだ!』
香山 リカ著(評:成松 哲)

ベスト新書、743円(税別)

2009年3月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間2時間10分

私は若者が嫌いだ!

私は若者が嫌いだ!』 香山リカ著、ベスト新書、743円(税別)

 最近、ネットなどで話題の「俗流若者論」。凶悪犯罪や学力低下、ニート・ひきこもりなど、若者がらみの問題に対して「最近の若者は~」と批判的に語る論客の言葉は、単なる印象論。学術的な検証を経ていない「俗説」に過ぎないという指摘のことだ。

 以前、本コーナーで取り上げられた『おまえが若者を語るな!』は、この俗流若者論批判の急先鋒。そして『おまえが~』が俗流若者論者の代表格として俎上に載せるのが本書の著者・香山リカだ。

〈データもないのに、ひとりふたりを見た“印象論”だけで若者を語るな、という批判を受ける機会が最近、増えた〉

 あとがきにこうあるように、香山は自身の若者論に俗流のレッテルが貼られていることを知っている。しかし、それでも〈“印象論”とあなどることなかれ〉と反論する。

〈精神医療の世界では「精神疾患の患者さんは時代という回り舞台のいちばん前にいる役者」という言葉があり、特定の人が時代の精神や社会の雰囲気を象徴したり予兆したりしているという考え方がかねてからある。多数の症例を集めて分析する内科学などとは違って、その価値があると判断した場合には、ひとつのケースを詳細に記述、分析する「1例報告」という特殊な研究形式も認められている〉

 だから、精神科医として、あえて若者に対する印象論を語ったのが本書である。

 香山は、印象論ですべての若者を批判するわけではない。自身が診療で出会った人の様子や、文献、報道などを参照しつつ、特に〈理解できない、納得できない若者の行動や発言、あるいは反応や症状〉だけに焦点を当てている。

 しかも、嫌いなタイプの若者が登場した理由を若者だけには求めない。社会構造の変化などもその原因だと見る。書名とは裏腹に、本書の内容は意外と攻撃的ではない。

リカちゃん先生、「ズドン」と落ちる若者に嫌われる

 ただし、その内容すべてに納得できるかといえば、残念ながら、答えは「ノー」。

 確かに、香山が実際に診察したアユミさんなる人物を例に〈弱い若者を襲う新型うつ病〉を紹介する章は、なかなか説得力がある。

〈前の夜まではバイトに行く気もバッチリで、いろいろ準備してたんですよ。それなのに、朝起きたら、もうズドンと落ちてて。(中略)ベッドから起きられないし、ちょっと起きようとするとめまいもして(中略)今日は落ちたんで休みます、って伝えました〉

 でも、

〈彼氏からもふさぎ込んでないで出ておいでよー、と何度も電話あったし、気分転換にクラブに出かけました。そこではやけにテンション上がっちゃって、楽しめました〉

 香山によると、ここ2年ほど、若者に限って、アユミさんのように、〈自分の感情とはまったく無関係なところから突然〉、うつ症状がやって来て、ズドンと落ち込みつつも、短期間に気分が乱高下する新型うつの症状を訴えるケースが増えているという。

 そして、彼らの多くは、挫折知らずの学生時代を送っていたり、人間関係を「好き/嫌い」の白黒思考で判断したり、自己愛が強すぎたりするという診断結果や他の医師の報告をもとに、若者は小さなつまずきを自分のせいとは考えられず、他動的に気持ちを落とされたと感じるのではないかと推察する。

 また、リストカット経験やメンタル系の病歴を告白する有名人を「よくぞ告白した」と持ち上げる風潮が、若者に「自身の弱さを必要以上に許容したり、自傷したりすることでステップアップを図れる」と思わせているのではないかとも見ている。

コメント6

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士