• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

この世で唯一有効な「才能」とは

「オバマ」と「モチベ」と「嫉妬心」と

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2009年3月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 オバマが第44代アメリカ合衆国大統領に選ばれたとき、CNNが路上インタビューをしていたのね。そこに登場した、スーツを着た普通の白人のおじさんが「私は今、61歳だけど、思えば61年間、彼を待っていたような気がする」と言っていた。そういうコメントって、政治家にとってみれば、泣いちゃうぐらいのうれしさじゃないですか。

小田嶋 100人聞いたうちの1人かもしれないにしてもね。

クリエイティブディレクター 岡 康道氏

クリエイティブディレクター 岡 康道氏 (写真:大槻 純一、撮影協力:「Cafe 杏奴」)

 そうかもしれないけど、でも、そう言う人たちがアメリカにも結構いるんだ、ということで。

小田嶋 アメリカ人にとっての大統領って、我々にとっての横綱みたいなもので、何かおめでたい存在じゃないかな、って最近思うんだけど。好き、嫌いとか、政治的に右とか左とか、リベラルとか保守とかいうことを抜きにして、大統領はとにかく、おめでたい存在として、一応敬意を持って遇するという。

 ただ僕としてちょっと疑問なのは、オバマはあまりにも完璧なんだ、というところだよね。あんな完璧な人間っているんだろうか? まあ、ヘビースモーカーだとか、ケイタイメール中毒だとか、いろいろ出てきて、それで少し安心したけど。

小田嶋 パパとしても見事なんだよね、彼は。

 言ってみれば、全部見事じゃない? 貧しいところから出発して、ハーバードロースクールとかに行って弁護士になって、一番多いときに夫婦合わせて4億4000万円だかの年収があったのに、それを捨てて政界に打って出て。奥さんもそうだよね。シカゴの貧民窟みたいなところから飛び級、飛び級で上がって行って、やり手の弁護士になって、夫と一緒にすごい収入を得ていたのに、夫が政界に転身したら、彼のためにハウスキーピングワイフになって、家庭を支えて・・・・・・って、おかしいじゃん、話が。

―― でき過ぎている。

 人生の成功のために、エネルギーを10割投入している、って感じでしょう。何でそんなことができるのか? って。

あれもこれも、あまりにできすぎた人の諸問題

小田嶋 アメリカで大統領になるということは、全方位の積み上げが必要なんじゃないか。弁が立つけど、家庭生活はだらしがないとかさ、そういうのはだめなんだよ、基本的に。

 だけど、今までは大統領にしても、候補にしても、みんな金持ちだったじゃない? ブッシュだってマケインだってそうだし、昔で言えばケネディもそうだったし、ほとんどが大金持ちだよね。だけどオバマ夫妻はスタートが貧乏。しかも優秀。貧乏で優秀だ、とそれまでのパターンとは違うんだよ。それって、話ができ過ぎているというか、そんな立派な人生ってあるのかな、と。

小田嶋 広告代理店が作ったみたいな話だよね。

 そうでしょう。

小田嶋 そういう意味で言うと、リンカーン以来ぐらいでしょう。成り上がり系のあれだということになると。

 だから僕は今、何となく、ビル・クリントンが懐かしいというか(笑)。

小田嶋 あの、だらしなかったあいつが。

 奥さんはオバマ政権に入っているんだけどさ。

小田嶋 俺もこの間、自分で思ったのは、(ジョージ)ブッシュって、現役時代はずっと嫌いだったのね、いけ好かなくて。だけど退任するころになって、何となく親しみを持っていることに気が付いたのよ。

―― 消えるとなると淋しいな、と。

コラムニスト 小田嶋隆氏

コラムニスト 小田嶋隆氏

小田嶋 そう。それで、ああ、俺、ブッシュを好きになっている、と思って。

 好きにはならないだろう(笑)。

小田嶋 いや、評価はしないよ。でも、ああ、あの、プレッツェルを喉に詰まらせてぶっ倒れたおやじ、って感じの、間抜けなアメリカ人としての……

―― それは自分を投影できるからでしょう。

小田嶋 そうそう。

 簡単に認めるなよ。

実は愛されていたブッシュ

小田嶋 でも歴代の大統領を考えてみると、みんな現役時代は嫌いなんだけど、去ってみたら好きになっている、というのは何なんだろうね。それぐらい激しい勢いで世界中に露出しているから、いつの間にか他人のような気がしなくなっている、ということだと思うけど。

―― 麻生太郎にもそういう感情を抱きますか。

小田嶋 あいつはちょっと無理かもしれない。だってアメリカの大統領は、日本の首相のような、権威のない扱われ方と違うでしょう。日本だとやっぱり人々が嫌いになるようなアングルの写真ばっかり載せられるじゃない? でもアメリカの大統領は、すごくばかな表情とかいうのは、ちゃんとカットされていますからね。

 イラクの記者に靴を投げられたときのせりふは、気が利いていたね。「事実関係を述べれば、靴のサイズは10だった」って。

小田嶋 ああ、こいつ、反射神経が意外といいんだ、と驚きましたね。

 あれは麻生太郎にはできないでしょう。

小田嶋 「日経ビジネスオンライン」に載っていたのかどうか、俺、どこかで読んだんだけど、ブッシュという人は、オバマが愛されているのとはまったく別の意味で、実はすごく愛されていた、という記事があったのね。

コメント2

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士