• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

衝撃の告白――私は50人の部下のクビを切った

リストラする人、リストラされる人

2009年3月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 リストラされる人と、リストラされずに残る人、あなたならどちらを選ぶ?

 「なんという不謹慎な質問なんだ。おまえはリストラされた人の苦しみが分からないのか」というお叱りを受けそうではあるが、ここは一つ考えてみてください。

 誰だってリストラされたくない。リストラされれば収入がなくなり、明日からどうやって生活していくかを考えなくてはならない。転職先が決まる保証はどこにもなく、将来に対する不安感に苛まれ、多大なストレスを感じることになる。

 一方、リストラされずに残る人は、経済的基盤は取りあえず確保される。だからといって、何も影響を受けないかというとそんなこともない。一緒に働いた仲間がリストラされれば気分が滅入るし、人員削減で仕事量が増えれば過重労働を強いられることだってあるかもしれない。それに、「次は自分かも…」という不安だって抱くだろう。

 それでもあなたは、「リストラされずに残る人」を選ぶだろうか?

「おまえたちは俺が守る」と部長は言ったが…

 知人(Aさんとしよう)の勤める会社で、大規模なリストラが断行された。当時部長職だった彼は、部下たちの不安を少しでも和らげようと、「おまえたちのことは俺が守る」と男気を見せた。本人いわく「深く考えることもなく、ついつい言ってしまった」のだそうだ。

 それから数日後、Aさんは人事部から1枚の紙を渡される。そこには、部下10人の名前が記されていた。そう、リストラ名簿を渡されたのだ。しかも3カ月以内に、すべての“クビ切り”を行うよう指示されたのである。

 最初は、なんとかコネをたどって、部下たちの再就職先を見つけてから通達しようかとも考えた。しかし、世の中そんなに甘くはない。結局、彼は何もできないまま、時間だけが過ぎていった。そして、ついに人事から「来週中に依願退職届けを提出するように」と催促され、Aさんは期限ギリギリで部下に宣告した。

 「なんとかしてやりたい」けど、何もできない自分へのジレンマがストレスとなり、Aさんは酒やたばこの量が増え、家族にあたることが増えたそうだ。

 しかし、悲劇はこれだけでは終わらなかった。

 彼はその後もリストラ名簿をたて続けに5回も渡され、わずか半年間で50人以上のクビ切りを指示された。「俺だって、仕事でやってるんだ」。いつの間にかそう考えるようになり、「俺を責めるな」という思いが強まっていったそうだ。

 そして、「これで最後です」と人事から渡されたリストラ名簿。そこには信じられない名前が書かれていた。なんと名簿の最後に、自分の名前があったのだ。

 突然、自分のこれまでやってきたことに嫌気が差した彼は、自分と同じように最後のリストラ対象となった部下たちを即座に呼び出し、「俺もクビだ。こんな会社、さっさと辞めよう」と言ったそうだ。

コメント9件コメント/レビュー

リストラはある意味、会社の存続のためには仕方のないことだと思います。ただし、この部長は部下のクビを切る際に自分から『リストラ対象者に自分も含めろ』と人事に言うべきであったかと。痛みを下にだけ押し付けるのは、押し付けられた側からも納得が行く行為ではないが、上が痛みを味わっているのがわかればある程度納得せざるを得ない。この人事部長は自ら率先してリストラ対象者に名前を連ねたのであれば、かなり評価できるのだが。 リストラを断行する会社の経営者に言いたいのは「リストラが終わったら、最後に貴方も辞めなさい」ということです。(2009/03/16)

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「衝撃の告白――私は50人の部下のクビを切った」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

リストラはある意味、会社の存続のためには仕方のないことだと思います。ただし、この部長は部下のクビを切る際に自分から『リストラ対象者に自分も含めろ』と人事に言うべきであったかと。痛みを下にだけ押し付けるのは、押し付けられた側からも納得が行く行為ではないが、上が痛みを味わっているのがわかればある程度納得せざるを得ない。この人事部長は自ら率先してリストラ対象者に名前を連ねたのであれば、かなり評価できるのだが。 リストラを断行する会社の経営者に言いたいのは「リストラが終わったら、最後に貴方も辞めなさい」ということです。(2009/03/16)

以前の職場で派遣切りの前哨、「社員減らしてその分派遣、アルバイトで賄えば良いじゃん!」の流れになっていた時、嬉々として社員を追い詰めて何十人も退職に追い込んで「首切りカッター」と密かに呼ばれてた人を思い出しました。その人は一緒に働いて来た人を自主退職させた罪悪感はないようでした。上司には良い顔するし、部下には八つ当たり的に暴力的なまでの暴言を吐く人で、あの人に自主退職に追い込まれた人は相当の精神的苦痛を覚えたと思います。今回のコラムでは、部長の曖昧な態度が部下には苦痛だった、と責められてますが「本当は俺だってこんな事イヤなんだ」と、逡巡の見られる上司の方が人間的で良いと思います。以前の職場と書きましたが、今の職場でも「経費削減と派遣切りだけでなく、正社員切りの日も来るのでは?」と戦々恐々としております。(2009/03/12)

何故会社に全てのものを求めるのでしょうか。会社なんて給料さえもらえればどこでもいいではないですか。仕事のやりがいが全てを救うみたいなことが最近特に多くなりましたが、そんなことは絵空事ではないでしょうか。生活するためにお金が必要、従ってお金を稼ぐためだけに会社に行くそれでいいではないですか。あまりにも会社と言うものに寄り添いすぎていると思うのは私だけでしょうか。休日まで会社の人間と顔を合わせてゴルフをしないと生きていけないような生活は人間の生活ではナイト思いますが、如何でしょうか。(2009/03/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授