• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

明日の自分を信じ抜く力

~ サッカー日本代表・中澤佑二 ~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2009年3月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サッカー日本代表の中澤祐二さんは、古風で一途な男だった。

 高校時代の中澤さんは、どちらかといえば下手な部類の選手で、卒業後もプロからは声がかからず、その後のブラジル留学でも芽が出なかった。帰国してからは母校の後輩たちと一緒に練習しながら、自分を磨いていた。

 その間も、「自分は必ずプロになる」と信じて疑わなかった。周囲にもそう公言していて、いくら「無理なんじゃないか」と言われても本人だけは信じていた。そしてそれを莫大な練習で支えていた。

 印象的だったのは、高校生が普通の青春時代に経験するような事柄、例えば友達とカラオケに行ったり、アルバイトをしたり、恋人がいたりといったようなことは、一切捨ててサッカーに打ち込んでいた。そのうち、友人たちも「どうせ来ないから」と中澤さんを誘わなくなった。

 ほかのものを全部捨てて、サッカーに打ち込んでも現実にプロになれるかどうかは保証は無い。それでも22歳までがんばって、プロになれなかったらそれでよいと覚悟を決めていたという。

 その自分を信じる力がすごい。

 中澤さんは、サッカーの英才教育を受けた選手とは少し違う視点を持っている。例えば、スパイクや芝生のサッカー場といった環境についても、どんな悪条件の下でもサッカーはできるのだと中澤さんは言う。ブラジルに行ったとき、子供たちは路上で裸足でサッカーをしていた。その中にはプロになりたいという子供もいた。

 自分は現在、立派なメーカーが作ってくれたスパイクを履いているけれど、たとえ裸足でもサッカーはできるのだと中澤さんは言う。それは下からの目線というのだろう。苦しい境遇の中でも好きなことが続けられることへの感謝があり、それがあるから真の強さがある。

 日本代表から一度引退を表明してからまた復帰したことについても、いろいろな人と話して、世の中には苦しい境遇の中でがんばっている人がいることに思い至ったことが背景にある。自分は日本代表という恵まれたところにいるのにがんばらないのは違うのではないかと思い直したという。

次ページ >>

未来は、変えられる
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
3月17日(火)
午後10:00~10:45
再放送
 総合 毎翌週火曜 午前1:00~1:44
     (月曜深夜)
 BS2 毎翌週水曜 午後5:15~5:59
 サッカー日本代表の大黒柱としてW杯出場の鍵を握る男、中澤佑二(31歳)。187センチの恵まれた体と経験豊富な読みで、ディフェンスの要として相手の攻撃を封じるとともに、キャプテンとして、日本代表の精神的支柱をも担う。

 しかし、中澤は決してサッカー選手として恵まれた人生を歩んできたわけではなかった。周りから遅れて、小学6年生でサッカーを始めた中澤は、高校時代までは全くの無名選手。代表選手の殆どが、若い時から注目されプロ入りしたのとは対照的に、給料ゼロの練習生から日本代表にまで上り詰めた、いわば「雑草」だ。

 中澤がチーム練習の後に行うのは、長くまっすぐにボールを蹴る練習。小学生でも行う基本中の基本の練習だ。周囲から一流選手と言われても、日本代表のキャプテンを任されても、かつて無名だった頃の謙虚さを持ち続け、さらなる成長を目指している。

 2009年2月、中澤がキャプテンを務める日本代表は天王山を迎えた。W杯アジア最終予選のオーストラリア戦。中澤も出場した2006年のドイツW杯で3点を奪われ、屈辱の大逆転を喫した因縁の相手だ。直前のバーレーン戦で0-1と敗れた日本代表。その立て直しを担ったキャプテン中澤。番組は、オーストラリア戦までの1か月半に密着。大一番の舞台裏で繰り広げられたアスリートのドラマに迫る。

コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員