• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「相槌」から生まれる“幸”もある

“ご機嫌の神”は細部に宿る

  • 鈴木義幸

バックナンバー

2009年3月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前、このコラムで「『脳内イメージ』をポジティブに保つ」というお話をしました。人は、脳の中に“ご機嫌な映像”を思い浮かべると気分もご機嫌になり、“不機嫌な映像”を流すと不機嫌になるといったお話です。

 今回も、ちょっとだけ“映像づくり”におつき合い願います。まず、ご機嫌な映像をあなたの中に流してみてください。

・ 「もう一度、訪れてみたい」と思うような、思い出の旅先の風景。
・ 子供が笑みを浮かべて嬉しそうにしているところ。
・ 自分が何かを成し遂げた時の気持ちいい瞬間。

 いかがですか。もし、記憶が映像にならないようでしたら、次のような問いを自分に投げてみてください。

・ それはいつだったか? 
・ 季節は? 天気はどうだったか?
・ 誰と一緒にいたか?
・ 周りにはどんな景色や建物があったか?
・ どんな音がしていたか?

 どうでしょう。映像が浮かびやすくなったかと思います。浮かべる前と浮かべた後では、何か気分的な変化がありましたか。きっと、ポジティブな気分をお感じになったはずです。

話で楽しませる人の“映像づくり”

 では次に、ちょっとイヤかもしれませんが、不機嫌な映像を流してみてください。

・上司から不合理な叱責を受けている場面。
・自分の不平ばかりを言い続けて、こちらの話を全く聞かない友人の顔。
・思ったような結果が出せなかった“あの瞬間”。

 こちらはどうですか。気分はどう変わったでしょうか。おそらく、心の中を重苦しさが支配し始めたのではないかと思います。

 映像が差し替わることで、気分は一気に変わります。そして、この原則を理解していれば、周りの人の気分さえ変えることができます。

 一緒に話をしていると、すごくこちらが楽しくなる人っていますよね。少し前まではなんとなく気分が沈みがちだったのに、その人と会って話したとたん、気持ちが明るくなる。

 そういう人の多くは、“違う映像”を私たちに挿入してくれているんですね。さっきまで自分の中で支配的だった嫌な映像が、その人の話を聞くことで楽しい映像に切り替わる。

 映像をプラスへと切り替えさせてくれる人の話は、決して抽象的ではありません。その場の光景や状況を、ありありと再現している。だから、聞き手のこちらの中で映像化が起こる。

 例えば、次の2人の話を聞き比べてみましょう。

声や気持ちも加えて効果アップを

 Aさん:「この前の日曜日、熱海に行ったんだけど、すごく楽しかったんだよね」

 これでは映像が生まれません。具体的な言葉といえば、「日曜日」「熱海」ぐらい。話が漠然としているから、聞いていても映像化されないのです。

コメント1件コメント/レビュー

思い出はすぐに忘れてしまいます。いい思い出は何かに残して置くといいといわれますが、幸福の投資口座はまだ開設してません。一番安くて効果的と思うのですが、実行できないうちは、まだ、解っていないということですね。(2009/03/16)

「鈴木義幸の「風通しのいい職場作り」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

思い出はすぐに忘れてしまいます。いい思い出は何かに残して置くといいといわれますが、幸福の投資口座はまだ開設してません。一番安くて効果的と思うのですが、実行できないうちは、まだ、解っていないということですね。(2009/03/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長