• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性部下を怒らせた「僕のやさしい一言」

本物の思いやりとは

2009年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 A子「おはようございます」
 B男「おう、おはよう。○○○○だね」
 A子「………」

 まずは、頭の体操から。

 「○○○○」に一言入れて、A子とB男の会話を成立させてみよう。ただし、女性には言ってはいけない、つまりは「………」がネガティブな感情になりそうな、危険な一言を考えてみてください。

 前回は意味のない声かけの代表格である「最近、どう?」を例に、上司と部下の本物のコミュニケーションについてお話ししたが、今回は意図せず相手を傷つける、隠れた毒を持つ声かけについて話そうと思う。相手を気遣ってかけた一言で、相手が傷つく時ほど悲しいことはない。さて、アナタが考えた、隠れた毒を持つ一言は、何?

 おそらく多くの方が、「女性に対して失礼な一言といえば、年齢でしょ?」と考えたことだろう(多少古典的な回答ではあるが)。

年齢を聞かれるよりも傷つく一言とは?

 でも、
 「おはようございます」
 「おう、おはよう。キミいくつだっけ?」

 なんて会話の流れはちょっとヘン。百歩譲って、挨拶ついでに年齢を聞くことも全くないわけではないかもしれないし、この手の会話が全く成立しないわけではない。ただ、この流れで年齢を聞かれたら、大抵の女性は不機嫌になるよりも、むしろ、

 「えっ、なんで??」

 と、その言葉自体に疑問を抱くはず。ひたすら「???」マークが頭とココロを飛び回り、毒など感じる余裕はない。

 さらに最近は堂々と年齢を公表し、「私、(この年でも)まだこんなにきれいなんです!」と見た目年齢の若さをアピールする女性も増えているし、「今、流行のアラフォーです!」などとうれしそうに答える女性も少なくない。従って、「年齢を聞く」はボツだ。

 では、意図せず女性を傷つけてしまう危険な一言とは、いったい何?

コメント35件コメント/レビュー

ちなみに、縁故のお嬢さんとご結婚された話ですが、(まるでかわいそうな方みたいな話になったら違うので補足です)ちゃんとお子さん二人生まれていましたよ。 そうですね、ヨーロッパ駐在になられましたが、うちの会社では出世ラインではないので???と思いましたが、万が一何かの問題を起こして責任をとったとしてもこの女性社員のことが本当の理由じゃないと思いますね。どちらかというと、本当に超強烈ワンマンで、部下なんかには気に食わなければ容赦ないらしく、影で「@@取締役の義息子さん」って呼ばれていました。 きっとあのワンマン振りを頭冷やしなさい、ということでヨーロッパに行ったのでしょうか。会社も困りますよね。後ろ盾があるだけに周囲は二重の圧迫感感じますよね。(2009/06/04)

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「女性部下を怒らせた「僕のやさしい一言」」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ちなみに、縁故のお嬢さんとご結婚された話ですが、(まるでかわいそうな方みたいな話になったら違うので補足です)ちゃんとお子さん二人生まれていましたよ。 そうですね、ヨーロッパ駐在になられましたが、うちの会社では出世ラインではないので???と思いましたが、万が一何かの問題を起こして責任をとったとしてもこの女性社員のことが本当の理由じゃないと思いますね。どちらかというと、本当に超強烈ワンマンで、部下なんかには気に食わなければ容赦ないらしく、影で「@@取締役の義息子さん」って呼ばれていました。 きっとあのワンマン振りを頭冷やしなさい、ということでヨーロッパに行ったのでしょうか。会社も困りますよね。後ろ盾があるだけに周囲は二重の圧迫感感じますよね。(2009/06/04)

少々似た経験がありますので、といっても朝ではなくて夜、で「疲れている?」ではなくて、「もうちょっと派手な格好してよね~その外見さ~」でしたが(苦笑)たぶん、この話の場合は、この程度で女性部下は爆発しないと思います。それ以前から不快だったり、迷惑だったり、女性部下からしたらいろいろといやなことがあったと思います。それから、この内容は私事ですよね。何でそこまで上司から突っ込むのか???よっぽど信頼関係でもあれば別ですが、通常は私事で困ったことがある場合は当事者である部下から申し出るのが普通で、上司からは何か感じても通常は口を挟まない、干渉しないのが常識ですが。この上司は優しいのではなくて、弱い立場の人間、つまり自分が優位に立てる人間に対してはどんどん干渉して仕切ろうとするタイプだと思います。確か、私たちの会社でこういう男性がいたんですが、取引先の重役の娘さんと結婚して「ぼくは奥さんにはいえないんです」と言い訳する一方、会社ではその妻のコネクションを利用しまくってやりたい放題で皆困っていたんですが。(2009/05/26)

この記事を読んで思い出したのが、会社で重い病気にかかったことがある人の話です。彼が言うには、お見舞いにいくとき声をかけるなら「おっ、いがいと元気そうじゃないか」と声をかけるといい、と力説してました。病気なのに、「大丈夫か?」とか「元気か?」と声をかけられるよりも、「元気そうじゃないか?」といわれると、なんとなく前よりも自分は元気になったような気がするんだ、ということだそうです。マイナスな状態に、マイナスな言葉は避けられるなら今ないほうがいいのかもしれませんね。そうそう、今現在彼は、一度死んだことのある男として今も会社で健在です。(2009/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授