• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

この世は「3」で割り切れる

2009年3月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「三ない消費」という言葉が、3月27日付けの日本経済新聞朝刊で紹介されている。「いまどきの売れ筋」という一面右の一番目立つ場所にある特集コラムの中で、だ。なので、既にご存知の方もあるだろう。

 「三ない消費」は「買わない」「持たない」「捨てない」という、3つのキーワードから語尾を借りてきた用語で、そう言われてみると、なるほど、この言葉は不況下の消費傾向をうまくすくい取っている。あざやかな要約だと思う。

 記事の中では、修理チェーン店、修理サービスの売り上げアップ、カーシェアリングの拡大、ブランド品買い取りサービスの成功物語など、「三ない」時代のニーズに合った多様なビジネスを紹介している。なるほど。
 
 でも、待てよ……と、納得した後で、ふと、別の考えが浮かぶ。いつもそうだ。私は納得ということがきらいなのかもしれない。いるよね、そういうヤツって。返事の第一声が常に「でも」で始まる面倒くさい下っ端社員みたいなのが。ええ、私はそれでした。しかも、齢五十を過ぎてなお、その性癖が改まっていない。もっと若かった頃に、一から叩き直されるべきだったのでしょうね。きちんとした先輩に。

 なのに、私は、まっとうな矯正教育を受ける前に会社をフケてしまった。で、何も身につけず、何も学ばず、キックオフ直後のパスミス一つでぶちキレて退場したカタチだ。無益な会社生活だった。

 でもまあ、30年を経過した時点から振り返ってみれば、会社にとっても私自身にとっても、お互いにこの方が(つまり、電撃退社という決断が)正解だったのだと思う。

 陣内君と紀香嬢にしても、この度、早めのタイミングで次のステップへの結論を得たことは、双方の今後にとって、よりベターな展開になるはずだ。いずれにせよ、できないことはできないのだから。英語で言えば “There's nothing you can do that can't be done.” ビートルズの「愛こそはすべて」(All you need is Love)の中にそういう歌詞がある。あえて愚直に直訳すれば、「ほかの誰かによって為し得なかったことで、キミに出来ることはない」ぐらい。含蓄のある章句だ。一見、後ろ向きのあきらめの言葉であるようにも聞こえる。が、違う。失意のうちにある人間は、励ましの言葉よりも、むしろ諦観のうちにより深いなぐさめを見出す。そういうものなのだ。別の言い方をすれば、再出発をはかる人間は、何かを目指すより、まず何かを断念することからはじめるべきだ、ということになる。素晴らしいフレーズではないか。ジョン・レノンが撃たれた翌日、ファンに向けた新聞広告の中で、オノ・ヨーコが引用していたのをおぼえている。素晴らしい追悼文だった。彼女がJASRACに著作権使用料を支払ったのかどうかは知らない。

 ちなみに、私が当連載で時々歌詞のブリーフィング(←引用じゃないぜ。ジャス)を試みているのは、JASRACを釣りたいからだ。なのに、なぜなのか、彼らは引っかかってこない。素人のブログはツブしに来るくせに(「著作権」「JASRAC」「ブログ閉鎖」ぐらいで検索をかけてみてください。あるいは「ビートルズ」「著作権」「演奏」でも良い。面白い記事がたくさん読めますよ)、新聞社系のウェブはスルー、と、そういうことなのだろうか。
 
 話を元に戻す。
 私が「待てよ」と思ったポイントは以下の通り。
 つまり私は、「買わない」「持たない」「捨てない」は、消費の傾向である以前に、消費それ自体の否定なんではなかろうかと、かように考えたのである。

 というのも、消費とは、「買う」「持つ」「捨てる」を繰り返す(ないしは拡大する)サイクルの由で、それらをやめることは、当然、消費そのものを消滅させることになるはずだからだ。

 似た言葉を思い出した。
 
 捨てさせろ、流行遅れにさせろ、みたいな、その種のキーワードを羅列した「ナントカ十則」みたいな話だったはず。いや、似ている、というより、意味合いとしては、むしろ正反対の標語だ。

 ……と思って、ググってみると、簡単に出てくる。うむ。便利な世の中になったものだ。

コメント21

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「この世は「3」で割り切れる」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授