• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「男性として、働く上で、困ったことってありますか?」

2009年4月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大学講師である知人からメールがありました。教えている女子大生が、「憧れの業界で働く女性」に話を聞きたいとのことで、私に取材に応じてほしいと。
 憧れの業界という五文字を見て、取り込んだ洗濯物と印刷物とがフルヘッヘンドしている自室でじっと佇む。

 まあ、いいか。
 部屋を見せるわけじゃないし、大学講師には、いろいろとお世話になっているし。

 でも、20歳の女の子と、会話できるかしら。逆を考えてみると、私自身が20歳だったころは、30代半ばの人間と、どうやって向き合ったらいいのか、距離感をつかめないでいました。

 杞憂でした。
 都内のスターバックスでお会いしたミウラさんは、きらきらと笑顔がはじけるようで、緊張はしているようでしたが物おじはしない、素敵な女の子でした。息子の嫁に、と、息子もいないのに先走りたくなる、そんなタイプのお嬢さん。

 1972年に東京で生まれまして、学校を出て出版社に入りまして、と普通にしゃべればいいものを、どうして人は、年下の人に対して一生懸命かつ無条件に、優しくなってしまうのでしょう。
 本当にこれはなんでなんだろうと思いつつ、ついつい話に熱が入ります。

 ああ、思い返せば私もきっとこうやって、年長者から無償の愛を注がれて育ってきたのですね。
 散々悪態をついたすべての先生ならびに先輩方、大変失礼いたしました。

 ミウラさんに聞かれて、はっとしたことがふたつ、あります。

「キャリア観を教えてください」

 え、キャリア観って?
 私はモノを知らないのです。

「えーっと、仕事観です」

 仕事観っていうのもあまりピンと来ず。
 理解力のない私。

「例えば、一生、仕事をしていこうって考えてますか?」

 ああ、そういうことですか。
 質問の意味はわかれども、今まで一度も、考えたことなかったなあ。
 人生なんとなくで、ここまで来てしまいました。

 でもせっかくの機会ですので、考えます。
 みなさまも、一緒にお考えください。

「一生、仕事をしていこうって考えてますか?」

 そんなのそもそも、考えたことないよ。
 というのがたいていの男性の答えではないでしょうか。
 だって、働くなんて当たり前じゃん、と。

 実は、私もそうなんです。
 そうじゃない人生もあることに、どうして気付かなかったのでしょう。

 毎度のことで恐縮ですが、一生働くのが偉いとか偉くないとか、そういった話ではありません。

 さらに、私事で恐縮ですが、私の親は、私に会社員のままでいてほしかったのではないかと思っていました。
 なぜならば父はそうし続けたことで、安定した収入を得て、私たちを育ててきたからです。

 だから子どもにとってもそれがベストウェイだと信じているのではないかと、そう想像していたわけです。
 さんざん親不孝をしてきた私ですが、これが最後の(と、毎回思う)親不孝だなと思いながらも、電話で「会社を辞める」と、相談ではなく報告したとき、父がどう思ったかはわかりません。

 母はしれっとこう言いました。
「いいんじゃない。食えなくなったら、実家に戻ってくればいいし」
 娘の知らない母の一面を見た思いでした。

 それを選ぶかどうかは別として、「そうか、働かない人生もあるのだな」と実は私はそこで気が付いていたのです。

 どういう職業に就くか、全く予想できなかった子供のころから、私は、「大人になって働かない自分」を想定しないできたのでした。
 選択肢を自ら捨てていたことに、自分のことながら大変驚きました。

 女性は選べる、とよく言われます。だからこそ悩む、とも。
 結婚するか、しないか。子どもを持つか、持たないか。仕事を続けるか、辞めるか。
 多様な選択肢があり、それぞれ分岐していくから、学生時代の友人と、ある一時期話が合わなくなって、疎遠にならざるを得ないことがある。
 いつかきっとまた、仲良くなれると思うけれど。

 でも本当は、男性も、それから私も、同じように選択肢があるはずなのに、あったはずなのに、どうして“ない”と決めつけてきてしまったのでしょうね。

コメント8件コメント/レビュー

10名ほどの研修事業する団体の中間管理職の女性です。部下は高齢者再雇用と派遣社員で、自身はプレイングマネジャーにして事業部マネジメントを担っております。私自身は教育者だった親の下、男女平等の教育で育ち、また米国での海外留学では多様性の価値観と難しさも経験。就職時まで「男女差別」の意識なく、また男女雇用機会均等法後の入社です。以来20年ほど、いままでの仕事内容も同年齢の男性以上に常に忙しく&充実してをり、仕事の選択肢は自身の心にあると思っています。ただ、一方でとりまく環境は、20年前も今も、かわらず激しい男女差別があり、やはり「女性として働く上で困っている」のが現状です。一昨日も、上司にあたる60代前後の男性管理職はいまだに「お茶だしは女の仕事」と公言し、お茶だしを課長職の私に「命令だ」と強要してきました。ことわれば「訴えたければ訴えてみろ」と平気で開き直って激興してくる始末で、この年代の男性諸氏の固定観念の深さと稚拙さに、悲しささえ覚えます。(まあ、個人差はあるでしょうが)この年代の方が、まだ上に居座り続ける限り、日本では、男女ともに「自身の才能を生かした働き方」を選択できるところまでもってゆくには時間がかかると感じます。(2009/04/02)

「女々しい男でいこう!」のバックナンバー

一覧

「「男性として、働く上で、困ったことってありますか?」」の著者

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

10名ほどの研修事業する団体の中間管理職の女性です。部下は高齢者再雇用と派遣社員で、自身はプレイングマネジャーにして事業部マネジメントを担っております。私自身は教育者だった親の下、男女平等の教育で育ち、また米国での海外留学では多様性の価値観と難しさも経験。就職時まで「男女差別」の意識なく、また男女雇用機会均等法後の入社です。以来20年ほど、いままでの仕事内容も同年齢の男性以上に常に忙しく&充実してをり、仕事の選択肢は自身の心にあると思っています。ただ、一方でとりまく環境は、20年前も今も、かわらず激しい男女差別があり、やはり「女性として働く上で困っている」のが現状です。一昨日も、上司にあたる60代前後の男性管理職はいまだに「お茶だしは女の仕事」と公言し、お茶だしを課長職の私に「命令だ」と強要してきました。ことわれば「訴えたければ訴えてみろ」と平気で開き直って激興してくる始末で、この年代の男性諸氏の固定観念の深さと稚拙さに、悲しささえ覚えます。(まあ、個人差はあるでしょうが)この年代の方が、まだ上に居座り続ける限り、日本では、男女ともに「自身の才能を生かした働き方」を選択できるところまでもってゆくには時間がかかると感じます。(2009/04/02)

私は男ですが、働かないで一生それなりに生きていけるなら働きたくないです。でも仕事が無いと世間体が悪いので、全く儲けを考えていないダミー店舗を持って10時~6時まで店開けて適当に仕事して暮らしたいです。それが私の理想の生活です。(2009/04/02)

働く働かないは選択出来るもの!固定観念を捨てなさい。って働かなかったら誰が飯の種を稼いでくるんでしょうか?「困ったら実家に帰れば良いよ」って言うけども、それは親が稼いだ金に寄生すれば問題ないよって言うだけの話で、結局誰かは働かなくてはいけません。そういう意味では専業主婦という恵まれた選択肢は戦後一時期の黄金期に生まれた現象で、これから男女の固定観念が!とかジェンダーによる区分が!とかの前に「働く」というのは選択云々ではなく、全員が当然一生すべきものになっていくんでは?(今までは男だけが担っていた部分、一生の給料を早々に稼いでリタイアという選択肢も無いではないでしょうし、親の遺産で「働かない」選択肢のある人もいるでしょうが。)(2009/04/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員