• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

25. あなたが文学を必要としているかどうかは、iTunesマイレートの星のつけかたでわかる。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年4月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。

 パソコンで音楽のデータを管理・プレイするiTunesというソフトがある。iPodを使うためのソフトだ。

 ソーシャルネットワーキングサイトmixiにある、「iTunes」のコミュニティで、iTunesの「マイレート」という項目をどういうふうに使っているか、という話題があった。マイレートというのは、ソフトで管理している曲を星ひとつから星5つまでの5段階で評価するものだ。

 ある人はこんなことを書いていた。「好きな曲に5つ星を使うのはわかるけど、3つ星・2つ星というのはどういう意味づけにしたものか」。ちなみにその人は5つ星を〈最高、誰にでもおすすめできる〉としていた。5つ星については同様に〈誰もが思う名曲中の名曲〉という表現を使う人もいた。

 これを読んで「うん、わかるわかる」という人は、ここから先は読まなくていい。あなたは文学を必要としていないからだ。

 逆に、

 「あれ? この人たちの5つ星の説明を読んだら、『好きな曲に5つ星を使う』ということの意味がわからなくなってきた」

という人。あなたは文学を必要としている可能性がある。こんなふうに考えるあなたは、つぎのことを知っているからだ。

「自分にとって〈最高〉のものは、〈誰にでもおすすめできる〉ものではない」

「〈誰もが思う〉いいもの、なんて世界には存在しない」

 いや、ひょっとしたらあなたはもっとひねくれていて、

『ミステリマガジン』2009年5月号』 早川書房、840円(税込)

「〈誰にでもおすすめできる〉ものは無難なものだから、そんなものおすすめされても嬉しくない」

と考える、すれっからしの人かもしれない。

 余談だが、「〈最高〉のものは、〈誰にでもおすすめできる〉」と思いこんでいる人が、しばしば悪意なしに暴力を振るってしまうということについて、先日『ミステリマガジン』2009年5月号の『誰が少年探偵団を殺そうと。』第9回で書いたので、興味あるかたはお読みください。

*   *   *

 世のなかには(A)「『おもしろい』ものには説明は要らない、ほんとうに『おもしろい』ものはみんながわかる」と思っている人たちと、(B)「『おもしろい』のツボは、人によってまるっきり違う」と思っている人たちがいる。

 『おもしろい』について、他人と語り合える人は、どちらのタイプに属しているだろうか。

コメント7

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長