• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マスターズで初めて気づいたこと――石川遼

気持ちが弱い――

  • 舩越 園子

バックナンバー

2009年4月12日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 予選通過ラインは「1オーバー」。石川遼がそのラインを超えられるかどうか。キーホールとなったのは、通算2オーバーで迎えた16番パー3だった。

 ピン位置はグリーン右手前のバンカーのすぐ上。石川は9番アイアンでピンを狙い、そしてバンカーにつかまった。

写真:(C)AP Images

 「フェースを開いて、できるだけ高く上げて」打ち出した第2打は、ピンの少し先に着地した後、グリーンの傾斜に転がされ、左へ左へと10メートルも転がった。そこから3パットでダブルボギー。予選通過の望みは、このとき断たれた。

 「あのピンポジションに打っていく力量が、まだ僕にはないのかな」

 狙いは、ピンそのものではなく、バンカーを徹底的に避けて左手前に定めるべきだった。石川は練習ラウンドのときから、そのことをキャディと確かめ合っていた。それなのに、結局ピンを狙ってしまった。


気持ちが弱い――

 初日は1オーバー73。2日目は5オーバー77を喫し、通算6オーバー73位タイで予選落ちした石川。しかし、彼が悔しいと感じていたのは、予選落ちという結果よりも、自らの気持ちの弱さだった。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏