• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

分譲マンションよ、自治政府となれ~『社会をつくる自由』
竹井 隆人著(評者:後藤 次美)

ちくま新書、700円(税別)

  • 後藤 次美

バックナンバー

2009年4月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間45分

社会をつくる自由──反コミュニティのデモクラシー
社会をつくる自由──反コミュニティのデモクラシー』 竹井 隆人著、ちくま新書、700円(税別)

 昨年9月に麻生内閣が発足してからというもの、マスコミは、ことあるたびに、解散総選挙の具体的日程を予測してきた。おそらく選挙直前になると、「あなたの一票が政治を変えます」という手垢まみれの言葉も連呼されるのだろう。

 でも、本気で「私の一票」が政治を変えると思っている人がいるとしたら、おめでたいと言うしかない。子供じみたニヒリズムに聞こえるかもしれないが、結局のところ、投票結果から「私の一票」を差し引いたところで、何も変わりはしないのだから。

 著者も次のように語る。

〈代議員を選出するだけの、そして、ゴチャ混ぜとなった争点をめぐる投票だけが私のいう「社会をつくる自由」、つまり自らが確かに社会の一翼を担うと自覚するに足る「自由」を発揮することに相当するなどと、誰が思えるだろうか〉

 ごもっともである。

 じゃあ、どうしたらいいのか。本書は、この困難な問いに果敢に挑んだものだ。

 政府系金融機関につとめながら、在野の政治研究者として活躍する著者は、健全な民主主義を再建するための代替案を批判的に検討しながら、自らの結論を示していく。

 議論の材料として中心的に取り上げられているのが、ゲーテッド・コミュニティへの評価だ。

 「ゲーテッド・コミュニティ」とは、ゲートや塀、フェンスなどを設けて、住民以外の出入りを規制・監視するような居住区のことをいう。アメリカの別荘地から始まったものだが、80年代以降、日常的な居住区の様態としても流行し、いまや郊外住宅の開発で「ゲーテッド・コミュニティならざる居住区はない」と言われるほど一般化しているという。日本でも事例は少数ながら、ゲーテッド・コミュニティは存在する。

 一般的に、「ゲーテッド・コミュニティ」はリベラル系の思想研究者にはすこぶる評判が悪い。典型的な批判は、囲い込みによって、居住区の外部との交流がなくなり、社会的関心が希薄になるというものだ。つまり、ゲーテッド・コミュニティは、階層格差の拡大に拍車をかけ、健全な民主主義に不可欠な公共心の涵養を削ぐことになるではないか、と。

 著者は、この手の批判に真っ向から異議を唱え、それどころか、ゲーテッド・コミュニティに、デモクラシー再生の契機までを看取する。

 かいつまんで説明すると、こういうことだ。

「オープンなコミュニティ」なんて絵に描いた餅

 ゲーテッド・コミュニティは、その批判者がいうほど部外者を完全にシャットアウトしているわけではない。

 出入り口の監視といっても、車の規制に主眼を置いているので、徒歩であれば簡単に入れたり、囲いのフェンスが破れていたりと、いくらでも穴がある。それどころか場所によっては「安全」のイメージを打ち出すため、「ゲート撤去」という逆転した動きすらある。

 その一方で、「ゲーテッド・コミュニティ」と銘打ってはいないが、限定された階層で固まっている居住区も多い。

 皮肉を込めて著者はいう。

〈つまりは、当該社会に物理的障壁があろうとなかろうと関係なく、社会はゲーテッド・コミュニティたりえ、また、仲間内のことは措いて、外部者には非難の目を向ける、馴れ合いの「仲良し社会」こそが、真正のゲーテッド・コミュニティなのだ〉

 ゲーテッド・コミュニティ批判者は、多様な人間の「交流」を重視し、それを実現するような、オープンなコミュニティの必要性を説く。

 ところが著者に言わせれば、〈知識人や言論、さらには一般人の多くが無謬に「善きこと」と信じ込んでいる「コミュニティ」、あるいはそれが意味すると思われる「仲良し」には重大な欠陥がある〉

 いくら交流を促進するような物理的な施設を作ったって、〈その利用目的や関心に沿って当該施設ごとに似通った階層が集まり、その限られた人びと同士の「一部の交流」を促すことにしかならないのではないか〉

 格差論義については、所得税の最高税率の引き上げ、生活保護受給資格の緩和など、国レベルの政策として論じるべき問題であり、ゲーテッド・コミュニティを批判したところで、格差是正に貢献するところは少ないと断じている。

 とどのつまり、地域コミュニティをつくり、そこで多様な人びとが「交流」をすることで、民主主義の成熟を目指すなんて、絵に描いた餅にしかすぎない、というわけだ。

 こんな具合に、ゲーテッド・コミュニティ批判を迎え撃つ著者だが、さらに積極的な提言へと議論は展開していく。

 そこで参照されるのは、日本で普及している分譲マンションだ。

コメント2

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長