• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

27. 読後、壁に叩きつけられるべきは本か私か。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年4月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

野性時代』角川書店、840円(税込)

 『野性時代』に1年間連載してきた「読まず嫌い。 名作入門五秒前」が、現在発売中の2009年5月号で完結しました。最終回は偶然、この連載のここ数週の話題とも無縁ではありません。

 だから今回は完結を勝手に記念して(本人が記念しなければ、だれも記念してくれないので)、「名作」「古典」「純文学」といった、「サプリメント化していないコンテンツ」について書きます(「コンテンツのサプリメント化」については前回を参照されたい)。

*   *   *

 昨年末から今年の初頭にかけてベストセラーとなった奥野宣之『読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)の一節を見てみよう。

 古典だけは、主観的な評価は当てになりません。面白くないのも魅力の一部と考えておきましょう。〔…〕

 古典を読むコツはずばり、「面白くなるまで積んでおく」ことです。

 〔…〕メルヴィルの『白鯨』の前半は、これ以上ないくらい退屈で、少し読んでは途中でやめる、を何度も繰り返しましたが、結局買ってから二年くらいがたち、あるとき上下巻のほとんどを熱中して三日くらいで読みました。〔…〕

 すぐには読めなくても、読みたくなったときに備えて、常にアクセスできるようにしておくことが重要です。

 睡眠導入用に枕元においておくとか、本棚にしまわず、リビングの机の端にでも置いておいて、読みたくなる瞬間に備えておきましょう。

 いつか波がきてすーっと読め、何年分ものカタルシスがやってきます。

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング』奥野宣之 著、ナナ・コーポレート・コミュニケーション、1365円(税込)

これはなかなか卓見である。

 奥野氏は古典と言っているが、じつは古典に限らず、サプリメント化していないコンテンツはすべて、〈主観的な評価は当てになりません〉が正解なのである。

 サプリメント化していないコンテンツは、

  • いますぐおもしろくなくても、あせる必要がない。
  • いますぐおもしろくないからといって、「おもしろくない」と投げ出すと「余裕がないのね……」と憐れまれてしまう危険がある。
  • 時間や人生経験によって、自分がいつの間にか「おもしろく」なっていることがある。

 もちろん、おもしろくなるまで本を積んでおいたり、自分の手持ちの「おもしろいのツボ」とは違うところを刺戟する本を読んで新規のツボを開発したり、といったようなことは、読者として心の余裕のあるごく一部の人だけができることである(「ごく一部」とはいえ、足したらニッチなりに市場は形成されるくらいにはいるかもしれないけど)。

*   *   *

 前回書いたように、「大衆文学」というものはほぼ間違いなく、「この作品のどこをどうおもしろがればいいか」という取扱説明書つきで売っている。どこで泣けばいいとか、どの頁でびっくりすればいいとか、どの登場人物に共感すればいいとか、どの描写に怖がればいいかとか、帯や本文を読めばわかる。

コメント4件コメント/レビュー

活字に飢えているのに、小説(文学と呼ぶべきですか?)をどうにも受け付けない時期があります。最近はそんなことばかりです。仕方がないので新書を読んでいますが。やはり、他人の人生にまで思いをはせるほどの余裕がないのでしょうね。(2009/04/24)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

活字に飢えているのに、小説(文学と呼ぶべきですか?)をどうにも受け付けない時期があります。最近はそんなことばかりです。仕方がないので新書を読んでいますが。やはり、他人の人生にまで思いをはせるほどの余裕がないのでしょうね。(2009/04/24)

するすると読み進めていけるときと、つっかえつっかえしないと読み進めていけないときとがあったりします。これはその日のコンディションに左右されるのかもしれないな、と思ったりしています。ただ、読み進めているのに届いてこなかったり、つっかえつっかえしているわりにはズシンと重いものが押し付けられるように届けられてしまうこともあります。なかなか読み進めないでいて、何にも届いてこないとき、これは辛いものです。そういうときには脇に置いておけばよいのですね。読書の一時棚上げ。著者様がおっしゃるには、そういうときは自分に余裕がないときで、四方の壁に囲まれた空間が収縮しているときである、と。余裕ができて、壁に囲まれた空間が広がっているときが読書のチャンスである、ということで、読めないときには読めるときを待つことにします。ひとつ壁をクリアした気がします。ありがとうございました。(ch-k)(2009/04/22)

「私小説を「純文学」とありがたがる」と言ったのは五味康祐でしたでしょうか。それと、本をたたきつけるのはやはりよくないですね。本は大切にしなさいと親に教わったものです。(2009/04/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長