• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

1:「妻が風邪でダウン!その時あなたは?」

  • 滝村 雅晴

バックナンバー

2009年4月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 会社で残業をしている時、夜9時を過ぎたころ、妻からこんなメールが入ったら、どうしますか?

「ごめん・・・、風邪ひいたみたいで熱があって、先に寝ます」

 普通に「了解! こちらも帰り遅くなります」と軽くかえし、自分のペースで仕事をし、外食して帰宅している人は案外多いのではないでしょうか。結婚して、専業主婦ならもちろん、共働き夫婦の場合でも、女性の家事・育児の比率が多いのは日本の特徴(*1)。多くの夫は、食事を含め妻に依存をしています。しかし、突然妻が病気で倒れた場合に、どうするか。

 自分の食べる分ぐらいはなんとかできても、例えば奥さんに、体に優しい食事を用意できるのか。子供や幼児がいる場合、妻の代わりに料理できるのか・・・

 この連載は、そういった日常起こりうる、「家庭内での“食”」に関する危機管理、早い話が自炊について「まったく自信がありません」と自覚していらっしゃる、働く夫、お父さんに贈るコラムです。

 心構えとしては「レギュラー選手が故障したとき、いつでも準備ができている、ピンチヒッターになる」こと。ピンチはチャンスでもあります。奥さんとの信頼関係を一気に強めるまたとない機会にするのです。

 では、さっそく自分が突然、キッチンという名のバッターボックスに立ったとしてみましょう。食の基本は主食から。ご飯を炊きたいですね。

家のお米はどこにあって、どこで買っていますか?

 そこで質問です。
 あなたは、そもそもご飯を炊いたことがあるでしょうか?
 家のお米が、どこにあるかご存じでしょうか? それはどんな種類のお米でしょうか? 足りなければ、どこのお店でどのお米を買っています?

 夫婦2人分だと、どれぐらいの量のご飯を一度に炊くといいのでしょうか?
 そもそも我が家は何で炊いているのか。炊飯器ですか、鍋ですか、土鍋ですか?

 うーん、バットも持ったことがない選手が、いきなり試合に出たようなものですね。

 「米はどこ?」と寝込む妻に場所を聞きに行く。やっと見つける。無洗米? ということは洗わなくていいのか? どれぐらいの量が必要なんだろう。妻に聞きに行く。「2合」。何ではかるのかな、あ、計量カップか。それってどこにあるんだっけ。再び妻に聞きに行く。結局、ふらふらしながら妻が起きてきてお米を炊く準備をする・・・。

 おかげで奥さんはよけいに病状が悪化し、夫の何もできないことを改めて知り愕然とし、かつ一生忘れない思い出として心に刻まれます。その事実を夫は後から知ることになるのです。

 これ、他人事ではありません。
 私が自分でやってしまったことなのです。

 会社では、誰もが一目おくリーダーや、尊敬されるマネージャーでも、家庭での「食」における「いざ!」という時に、何の役にも立たない夫や、父親が多いのも事実。それ自体を、恥ずかしいとか考えることはないと思います。実際私も妻から見ると、役に立たない夫だったことでしょう。

炊事をする父親、15.7パーセント

 でも、平成十五年に調査された厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の「全国家庭動向調査」(*2)によると、父親が、家庭における料理にあたる「炊事」を週1~2回以上している割合は15.7パーセント。夫婦共働きでも、23.5パーセント。4人に3人は、まったく何もしていません。そんな「男性」たちが、いざとなったとき、「妻」を助けることはできません。自分の過去の反省も含め、これをなんとかしたいんです。

 料理ができない多数派に甘んじず、いざというときに奥さんを助けることができるように、準備をしておきませんか。

 しかし、ここで夫や父親から、こんな意見がよく出ます。

コメント33件コメント/レビュー

まさに夫に読ませたいコラムです。共働きで週に1~2回炊事をする夫が世の中に23.5%もいることに驚きました。30代半ばの私の夫は結婚するまで実家暮らしで、料理も洗濯も掃除も全て義母がやっていました。そのおかげで何もできない人ができあがりました。ご飯の炊き方ひとつ、こういう風に丁寧に説明してもらう機会もなかったのだと思います。共働きですが、私より早く帰宅しても自分ひとりでビールを飲んでご飯が出てくるのを待っている有様です。くたびれて帰ってきて、夫から「おかえり」の代わりに「ご飯まだ?」と言われると疲れが増します。今は子どもはいませんが、これで子どももいたらと思うとぞっとします。これからこのコラムがどう展開していくのか、楽しみです。(2009/05/13)

「台所へ新卒入社のススメ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まさに夫に読ませたいコラムです。共働きで週に1~2回炊事をする夫が世の中に23.5%もいることに驚きました。30代半ばの私の夫は結婚するまで実家暮らしで、料理も洗濯も掃除も全て義母がやっていました。そのおかげで何もできない人ができあがりました。ご飯の炊き方ひとつ、こういう風に丁寧に説明してもらう機会もなかったのだと思います。共働きですが、私より早く帰宅しても自分ひとりでビールを飲んでご飯が出てくるのを待っている有様です。くたびれて帰ってきて、夫から「おかえり」の代わりに「ご飯まだ?」と言われると疲れが増します。今は子どもはいませんが、これで子どももいたらと思うとぞっとします。これからこのコラムがどう展開していくのか、楽しみです。(2009/05/13)

お釜で研いではダメですよ。テフロン加工がはげてしまいますので、ほとんどの炊飯器には「お釜で研がないで下さい」という注意書きがあるはずです。(そうでないのもありますが少数です)これも地雷ですね・・・。ちなみに私自身はお米がざるに残るのはまったく問題ない方ですが、人によるかもしれません。お米は許せても洗い残した油分やら洗剤のすすぎ残しは許せませんし。(そのくらいならお米の方がよほど害がないということですが)(2009/05/07)

Aタイプの30代夫です。(我が家は妻が料理できません) コラムの炊飯器がうちのと一緒で笑いました。 無洗米を通販で定期購入し、家庭内米不足に陥るリスクは回避してます。 最近の炊飯器は、無洗米コースとかで炊けますし、料理をしたことがない旦那さんには、無洗米から始めるほうが無難かと。(2009/05/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授