• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

諸兄もやってみない? 「男性一般職」でいこう!

2009年4月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 公務員にあって、民間にないもの。
 なんでしょう。

 居酒屋タクシー? 天下り先? 安くておいしい職員食堂?
 公僕たる意識? 理不尽な国民県民市民への対応? 常に監視される感じ?

 いろいろありますが、最たるものは「キャリア」と「ノンキャリ」という概念ではないでしょうか。

 ご安心ください。このコラムは「女々しい男でいこう!」です。

 86年の、男女雇用機会均等法改正によって、会社で働こうとする女子大生は就職時に「総合職」か「一般職」かを選ぶようになったという話を、前回チラリといたしました。
 これはすなわち、それまで会社における女性の働き方は「ノンキャリ」以外になかったところへ、「キャリア」という、それまでは男性に対してだけ提示されていた選択肢が加わったことになります。

 するとどうなったかというと、日々みなさんが御覧のような感じになったのですが、ここでひとつ、置き去りにされたものがあります。

 男性にとって、あってもいいかもしれない、「ノンキャリ」という選択肢です。

 これ、公務員には、男女問わずあるんですね。国家公務員何種とか。もっと言うと、たとえば男性が圧倒的に多い自衛隊にも。幹部自衛官と一般自衛官、これも採用時からして違う。

 あの男女雇用機会均等法の改正は果たして良かったのか悪かったのかは、“女性の社会進出”の点でのみ語られることが多いような気がしますが、「女々しい男でいこう!」としては、この点を見過ごすわけにはまいりません。

 などと、偉そうなのは毎度のこと。すみません。
 実はかつて知人が「男性一般職を作るべき」と主張する場にいたことがあります。

 その時には、まあ、それなりに飲んでいたこともありまして、そうなのかなあとぼんやり聞き流していたのです。しかし前回、素面でドリカム編成を考えた時に、つながったような気がしたんです。

 こういうこと、ありますよね。

 前にも何度か書きましたが、女性の方が、選択肢の多い世の中になっています。いろんなものをどれだけ背負うか下ろすか、自分で決めて、と言われている状況にあるわけです。

 たとえば何を、か。仕事・結婚・子ども・家事・身ぎれいでいることなどなど。YES/NOだけでなく、どの程度なのかのさじ加減も、旧態依然とした無言のプレッシャーがあるなかで、しかし、任されている。

 まだまだ程度差はありこそすれ、たとえば結婚・子どもに関しえは、男性にも同じことが言えると思います。家事・身ぎれいでいることについては、おそらく女性よりも、許される、という言い方はまた誤解を招きそうですが、「それだけやってればいいでしょう」という、及第の閾値が低い。

 しかし。
 そうなんです。仕事に関しては、それが許されないんですよね。

 「女のくせに独身」「女のくせに家事が苦手」「女のくせに化粧しない」に対して、攻撃的な視点もある一方で、「それの何が悪いのですか」という態度に出ることのできる女性が増えている(ような気がする)かたわら、「男のくせに無職」「男のくせにフリーター」「男のくせに派遣社員」は、もう、絶対に許されないような雰囲気がある。

 雰囲気、です。
 私はそう感じる、という話です。

 そして私は、これは、男性の働き方に、一般職がないのが、その理由なのかなあと思います。

コメント12件コメント/レビュー

ワークライフバランス、価値観、能力。仕事に対する考えは人それぞれ。男だろうと女だろうと「そこそこ」仕事が一番合っていいる人はたくさんいます。前の会社では本人の希望でもなく、適性もないのに「不本意にも昇進してしまった先輩」が「管理職という立場と職務に耐え切れず退職してしまった」という悲劇を見ました。本人のため、会社のため、社会のためにも男子の一般職は必要です。(「専門職の細分化」というほうが通りがよいかもしれません)(2009/05/07)

「女々しい男でいこう!」のバックナンバー

一覧

「諸兄もやってみない? 「男性一般職」でいこう!」の著者

片瀬 京子

片瀬 京子(かたせ・きょうこ)

フリーライター

1972年生まれ。東京都出身。98年に大学院を修了後、出版社に入社。雑誌編集部に勤務の後、2009年からフリー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ワークライフバランス、価値観、能力。仕事に対する考えは人それぞれ。男だろうと女だろうと「そこそこ」仕事が一番合っていいる人はたくさんいます。前の会社では本人の希望でもなく、適性もないのに「不本意にも昇進してしまった先輩」が「管理職という立場と職務に耐え切れず退職してしまった」という悲劇を見ました。本人のため、会社のため、社会のためにも男子の一般職は必要です。(「専門職の細分化」というほうが通りがよいかもしれません)(2009/05/07)

勉強不足かもしれませんが、未だに一般職と総合職の明確な定義を聞いたことがありません。一般職の業務内容と言うのが、「短期間で退職することを前提とした女子社員が行う業務一般(勤続年数が増えても変更はない)」であるならば男性一般職と言うのは形容矛盾をおこしてます。「ほどほどでそこそこ」が一般職なら、昔の「万年ヒラ社員」と言うのが男性一般職ですね。これが無くなったのは、ほどほどで済む仕事でも激務にしておいた方が仕事を奪い合うライバルが減ると考える、もしくは、自分の労働時間の対価として給料をもらう権利が発生すると言うバイト根性が抜けない(会社の利益が同じなら給料の原資は変わらないのに)社員が多いからと思えてなりません。一般職の定義で「補助的な事務作業」とか言いますが、総合職が無能だと補助の役割が増えたりして・・。薄給で業務の主体になっている一般職の姿は無給で家事労働を提供している主婦の姿と重なりますよね。(2009/05/06)

「『公務員』にあって、民間にないもの。 なんでしょう。 居酒屋タクシー? 天下り先? 安くておいしい職員食堂? 公僕たる意識? 理不尽な国民県民市民への対応? 常に監視される感じ? いろいろありますが、最たるものは「キャリア」と「ノンキャリ」という概念ではないでしょうか。」  論旨からズレて大変申し訳ございませんが、上記状況は、『国家』公務員に限定であると書いてくださると、これ以上無用な誤解と、近隣の方々からの糾弾と身内からのクレームが少しでも減ってくれるのではないか、と思います。 上記のようなオイシイ状況にある地方の公共団体って、もうかなり少なくなっているんじゃないでしょうか? 少なくてもウチ(某県)は惨憺たる状況です。 日経ビジさんの広告1ページ分購入するのもホントに大変・・・涙。(2009/05/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問