• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

28. 感動することによって、人は孤独になっていく。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年4月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。4月1日に始まった「4月病文学入門」も最終回となりました。

 科学史家・村上陽一郎が『あらためて教養とは』(2004)で〈「純文学」と「エンターテインメント」との区別〉について書いている。

私のなかでエンターテインメントと「純」文学を区別する唯一の基準は、こうなんです。エンターテインメント作品は面白いと思わなければ直ちに投げ出しても、それでどうこうはないと言ってもいい。〔…〕しかし、「純」文学作品は、時には「面白く」なくても読み通さなければならない場合がある。
あらためて教養とは』村上陽一郎 著、新潮文庫、540円(税込)

 私は純文学だって、〈「面白く」なくても読み通さなければならない〉などという状況はご免である。それに、〈直ちに投げ出しても、それでどうこうはない〉かどうかを、どうやって判定しているのか、結局村上氏の文ではわからない。

 前々回から、「コンテンツのサプリメント化」について書いてきたとおり、サプリメント化したコンテンツは、手持ちの「おもしろいのツボ」に応えてくれるが、そのためにはコンテンツが言うままのルールに従って作品を楽しむことが強制される。

 いっぽうサプリメント化していないコンテンツは逆に、こちらに新規のツボを開発してくれるが、それを楽しめる人は、コンテンツが言うままのルールで作品を楽しむことを強制されるのが厭だという人だけである。

 きわめて単純化した大雑把な話だけれど、純文学はサプリメント化の度合いが低い傾向がある、という話なのだ。

*   *   *

 文学作品を読んで、人生についてなにやら深遠な洞察を得ることができると考えている人が多いのは、困りものだ。あるいは、文学を読むことがなにか人格の陶冶につながると考えている人が、まだいるらしいのもまた、困った話である。

 たしかに、文学作品を読んだ結果、人生についてなにやら深遠な洞察を得ることができるケースもあるだろう。人格の陶冶につながることもあるかもしれない。

 でもそれはあくまで結果である。

 それは文学を読む目的とはならない。そんなものは、文学を読んだことによって生じる副作用みたいなものだ。

 それを言うなら、下手に文学なんか読んでしまったがために、勘違いして傍迷惑な人になってしまうケースのほうが、はるかに多いのだ。

 だから私は、「文学を読むと、もれなくこんないいことが起こります」というような安請け合いはできません。なんといったって、効き目が遅く、しかもその効き目にひどく個人差のある薬なのだ。

コメント9

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏