• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ゲーム依存・ネット中毒…。「廃人」の実態が明らかに

『ネトゲ廃人』の著者、芦崎治氏に聞く

2009年5月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インターネットで、見知らぬ相手と一緒に楽しむネットゲーム(オンラインゲーム)、通称「ネトゲ」。しかしネトゲのバーチャル空間に長時間没入するあまり、リアルな社会生活が送れなくなる人がいる。

 ゲームに熱中して夫や子供をないがしろにする妻。ネット上のバーチャル恋愛に没頭する女性。息子のゲーム中毒が原因でうつ病になった父…。韓国では、ゲームに数十時間熱中して死に至ったケースも何件か報道された。

 こうしたゲーム依存症・中毒患者を、「ネトゲ廃人」と呼ぶ。ネットゲーム依存は日に日に深刻化しているが、その実態は知られず対策も講じられていない。「ネトゲ廃人」たちは、何を思いどう生活しているのか。ジャーナリストの芦崎治氏が全国の「ネトゲ廃人」を取材し、その証言をまとめた。

(聞き手は日経ビジネスオンライン 大塚 葉)

――まず、ネットゲームにはまる人々を取材しようと思われたきっかけと、取材相手をどのように募集したかを教えてください。

芦崎 僕の知り合いで、中高生の子供がネットゲームに熱中し、不登校になったり引きこもりになったという話を、何人かから聞いたためです。これはどうしたことだ、というのが取材を始めたきっかけでした。

芦崎 治(あしざき・おさむ)氏
ノンフィクションライター、環境ジャーナリスト。1954年、富山県生まれ。立教大学法学部卒。週刊誌「AERA」、司法ジャーナル「ジュディシャルワールド」などに寄稿。主な著書に『ファシリテーター 甦る組織』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『逃げない人を、人は助ける』(中経出版)など。桜美林大学非常勤講師も務める。
(写真:花井 智子)

 調べてみると、ネットゲームにはまって社会からドロップアウトした人が増えているらしい。彼らは「ネトゲ(ネットゲーム)廃人」と呼ばれるが、これは蔑称的な意味合いだけでなく、「こんなにやっている」という尊敬や、自嘲、プライドのようなものも混じっているようだ。

 一方、韓国ではネットゲームの最中に亡くなった人がいるという報道があった。日本はどうなっているのだろうかという疑問がわいたことから、「ネトゲ廃人」を自称する人たちの実態を明らかにしたいと思ったのです。

 出版社のリーダーズノートを通じて、ウェブサイトや口コミで「ネットゲーム依存症の人に話を聞きたい」と募集したところ、すぐに70人ほどから回答がありました。メールでやり取りし、実際には国内で25人ほどに会って、どんなゲームに何年くらいはまったか、その時の生活の状況は、などを詳しく聞きました。

――本に登場した19人の自称「ネトゲ廃人」には、身なりのきちんとした女性や、サッカーや水泳などのスポーツも楽しむ少年もいて、少し驚きました。いわゆる「ネットゲーム依存症」のイメージとかなり違いますね。年齢も、中学生から40代と幅広かったのが印象的でした。

芦崎 そうなんです。マスコミは、ゲーム依存症というと「ゲームオタク」「アキバ系の若い男性」「引きこもり」というイメージを強調しがちです。しかし僕が実際に会った「ネトゲ廃人」には、男性だけでなく30~40代の女性もいたのです。

ネトゲ廃人』(リーダーズノート)

 彼女たちの話を聞くと、生まれた時に既にインベーダーゲームがあった。幼稚園の頃からゲームに触り、25年くらいゲームに関わっているわけです。女性の中には独身もいるし、主婦もかなり多いということが分かりました。

 例えば、本の最初に登場する30代女性は、フェリス女学院大学の英文科を卒業した、IT(情報技術)企業の社長秘書でした。2番目の女性も、堅い企業で派遣社員をしている30代。

 2人とも既に「ネトゲ廃人」を脱却している人たちでしたが、「ネトゲ廃人」だった自分の過去を冷静に振り返っているんです。引きこもってうつうつとしている人かと思っていたら、そうではない。ネットゲームや依存の状況について論理的に話すし、ちゃんとメッセージを発信できる。

 こういう人でもネットゲームにはまっていた、というのが驚きだった。そこで、この2人を冒頭に持ってきました。

――中には、マスコミがよく伝えるような「太めで身だしなみを構わない若い男性」のような「ネトゲ廃人」もいるでしょうが…。

芦崎 もちろんそういう人もいますが、すべてではないんです。

コメント8件コメント/レビュー

昔のRPG(Wizardryやダンジョンマスター、M&M等)は今のMMORPGと変わるところなく廃人的な症状を来たす事が少なくなかったですし、いわゆるD&Dに代表されるTRPGのロールプレイにおけるコミュニケーションもオンラインゲームのそれと大差ない部分が多かった様に思います。つまるところ、小人閑居して不善を為すとしたいが為にあまりフレーミングしなくても昔からこの種の人の多くは皆相応に二重生活を送っている人の方が多いですし(もっとも海外ではRTMの様なオンラインを実生活の糧とする人もいる訳ですがデイトレーダーのそれとまぁ似た様な分布程度なのであえて挙げるまでもないでしょう)、某SF作家的ものいいをするならば、我々は誰でも何らかの意味で変わっており、その奇癖の性質を心得て自分の役に立たせられるならすべからく幸せなのですから、あまり過度に"治療""更正"を意識しなくてもいいのではないかと思うのですが、どうでしょうか。勿論誤解や偏見を正し認知を促進するという点で筆者の様な前向きな視点を持った研究者がいるというのは非常に好ましいことかとも思うのですが。(2009/05/03)

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昔のRPG(Wizardryやダンジョンマスター、M&M等)は今のMMORPGと変わるところなく廃人的な症状を来たす事が少なくなかったですし、いわゆるD&Dに代表されるTRPGのロールプレイにおけるコミュニケーションもオンラインゲームのそれと大差ない部分が多かった様に思います。つまるところ、小人閑居して不善を為すとしたいが為にあまりフレーミングしなくても昔からこの種の人の多くは皆相応に二重生活を送っている人の方が多いですし(もっとも海外ではRTMの様なオンラインを実生活の糧とする人もいる訳ですがデイトレーダーのそれとまぁ似た様な分布程度なのであえて挙げるまでもないでしょう)、某SF作家的ものいいをするならば、我々は誰でも何らかの意味で変わっており、その奇癖の性質を心得て自分の役に立たせられるならすべからく幸せなのですから、あまり過度に"治療""更正"を意識しなくてもいいのではないかと思うのですが、どうでしょうか。勿論誤解や偏見を正し認知を促進するという点で筆者の様な前向きな視点を持った研究者がいるというのは非常に好ましいことかとも思うのですが。(2009/05/03)

 私は現役ネットゲームプレイヤーで、自嘲気味に「廃人」と自称する人間です。その立場からの感想を述べさせて頂きます。 ネットゲームは誕生からまだ20年そこそこしか経っていない趣味としては若い分野で、またゲームごとにある程度まとまったコミュニティが存在していることから、あまり外部へコミュニケーションが発信される環境ではないことから認知度がそれほど高くないと思います。 おそらくこの記事で初めて「ネットゲーム」「ネトゲ廃人」を知った人もいるのではないでしょうか。 認知度が低い、近年急速に増えている、というところから現代病に近い危険なイメージを持たれた方もいるかと思います。ひと頃流行った「ゲーム脳」なんて言葉を思い出された方もいることでしょう。 しかし例えば、・ギャンブルにはまって給料を片端からつぎ込む人・車や海外旅行が大好きで会社と喧嘩してまで大型有休を取って出かける人・ゴルフが大好きでクラブを何セットも揃え、休憩時間に傍目を気にせず素振りの練習をする人・遠隔地で行われるアイドルのコンサートに会社を休んで行く人といった、これまでにも良くいた人達と少々方向性が違うだけではないでしょうか。 ネトゲ廃人は問題だ、ではなく、社会生活とネットゲームも含む趣味や余暇の過ごし方とのバランス倫理がぐらついている、という所が本質的な問題ではないかと考えます。(2009/05/02)

ネットゲームは未経験ですが、ファミコンやPS2等のロールプレイングゲームをプレイすることはあります。クリアするのに50時間とか、100時間位かかります。正直時間の無駄という気持ちもわかります。でも、ゲームの世界とはいえ、あのときの自分は確かにあの世界を旅して、冒険していました。その感覚は現実の旅と何ら変わらないと思いますし、あの経験を出来た自分は幸せだった。そういう意味で後悔はまったくありません。ただ、ゲームが全てになってしまったら体にも悪いですし、現実世界で生活していくことができません。もっとも、ゲーム内で実際にお金を稼いでそれで生活できたとしたら、それでも無駄といえるのでしょうか。一日中パソコンに貼り付いて、株の売り買いをして生活をしているデイトレーダーなどは、同じような生活をしていても廃人とは言われませんよね?(2009/05/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員