• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「アナロ熊」が暴いてしまった「地デジカ」の秘密

2009年5月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 テレビ東京が社運を賭けてプッシュしていた「世界卓球」は、あんまり盛り上がらなかった。残念。個人的には、面白く観戦していたのだが。

 放送を見ていて思い出したことがある。私には、卓球部員だった過去があった。そう。中学生になってすぐ、私は、卓球部に入部したのだ。

 体育館の壁に立てかけられている卓球台を見て、ガキだった私は

「おお、卓球部に入れば毎日ピンポンで遊べるぞ」

 と考えた。
 その愚かな目論見は、入部したその日に瓦解する。
 新入部員は、一日中素振りばかりやらされることになっていたからだ。

 私は、2日ほどで退部した。ほかの幾人かの惰弱な仲間たちとともに。「ちぇっ」とか言いながら。

 いまにして思うのは、あの、無意味に思えた素振り練習にもきちんとした役割があったということだ。
 フォームを固める?
 まあ、そういう効果はある。全身を使ってラケットを振る感覚を覚えることは、ある意味、実際にピンポン球を打ち返すこと以上に重要であるのかもしれないわけだから。特にビギナーにとっては。

 が、真の狙いは違う。

 素振り練習を通じて得られる結果のうちで、最も有効なものは、「根性の無い部員を退部に追い込める」ということだ。そう。素振りは、初心者の部員に基礎技術をもたらすための試練である以上に、こらえ性の無いタイプの人間をいぶり出すための、一種のリトマス試験紙として機能していた。で、私はいぶり出されたわけだ。巣穴の中の子狐みたいに。

 ブラスバンド部が採用している「ロングトーン」(←音階を吹く前に、管楽器のマウスピースの部分だけを与えて、一日中息の続く限り同じ音を吹かせる練習)も、意図は同じだ。

 もちろん、安定した吹奏技術習得のためには、しっかりとしたロングトーンを身につける必要があるのだろう。が、主たる狙いは別にある。やはり、吹奏楽部もまた、ちゃらんぽらんな部員が貴重な楽器をいじくりまわすことを嫌う組織ではあるわけで、それゆえ、彼らは、楽隊の音楽的水準を保つためにも不良分子をすみやかに排除したいと願っている。で、そのためには、一年生を半月ばかりマウスピースとともに放置しておくのがちょうど適切な試練になるのだな。

 事実、私は、入部さえしなかった。卓球部をやめた後に、器楽部にはいろうと思っていたのだが、ロングトーンの練習風景を見て断念したのだ。

「冗談じゃない。誰があんな軍楽隊みたいなとこに行くものか」

 と。

 正しい選択だったと思う。私のためも、器楽部のハーモニーのためにも。

 ……と、ここまで書いていて思い出したのだが、私が新入社員であった当時に受けていたあの退屈な研修もまた、素振りや球拾いやロングトーンと同じタイプの一種の通過儀礼で、真意は、ふるい分けにあったのかもしれない。

 で、私は、実の入っていない籾が水面に浮かび上がるみたいにして、まんまと正体をあらわしたわけだ。自業自得だが。

 でもまあ、象の鼻が長い理由は象にはわからないし、彼の罪でもない。「そうよ母さんも長いのよ」という以上の説明もできない。だからこそ、「性格は別の言葉でいえば運命だ」と、ソール・ベローは言ったのであり、私はあぶり出され、いぶり出され、いびり出されたのである。

 それに、象が鼻を切ったら、たぶん豚みたいなものになる。耳の大きな豚。しかも飛べない。私は、何を言っているのだろう。

 さて今回は、「アナロ熊」を取り上げたいと思う。
 ええ、あんまり面白かったので、スルーできませんでした。勘弁してください。

 こういう@2ちゃんねる発の悪ふざけみたいなものを、公式のメディアで紹介することの是非については、さまざまな意見があると思う。

 私自身、@2ちゃんで発生している不謹慎な動きを全面的に擁護しようとは思っていない。尻馬に乗るつもりもない。

 でも、面白いものは面白い。こればかりはどうしようもない。
 それに、面白いものには面白いだけの理由があって、その面白さを観察すれば、それなりに見えてくるものもあるはずなのだ。

 今回の例でいえば、アナロ熊は、地デジ化推進運動の背後にある暗部を見事に暴く役割を果たしてくれている。

 ブラスバンド部が新人に課す一見無意味なロングトーン練習が、真摯に努力しない人間を顕在化させる効果を持っているのと同様の理路において、一見不真面目な熊の絵にしか見えないアナロ熊は、それを扱う人間の品性を判定するセンサーとして機能する。そういうことだ。

 まず、イラストを見てほしい。
 ここに描いた「アナロ熊」は、代表的な様相の一つではあるが、アナロ熊のすべてではない。

コメント52

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「アナロ熊」が暴いてしまった「地デジカ」の秘密」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長