• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

突然、同期が直属の上司に。彼が選んだ「新しい生き方」とは

2009年5月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「きっとダメだろうなぁ」と覚悟していても、本当に「ダメだった」と分かった時、自分でも信じられないようなショックを受けることがある。

 例えば、
・「自分のパートナー(恋人、配偶者など)が浮気をしているかもしれない」と疑っていたら、「実際に浮気している」とパートナーに白状された時
・「試験に合格できていないだろうなぁ」と諦めていたが、「本当に合格していなかった」と分かった時
・「悪性リンパ腫かもしれない」と覚悟していたが、「悪性のリンパ腫だ」と医師に告知された時

 「~かもしれない」と思っている時には、最悪の結果を覚悟していたとしても、わずか1%、またはそれ以下の可能性であっても、無意識に「いい意味での裏切り」を心のどこかで期待する。そして、「できれば、〇〇だったらいいのに…」という思いが強ければ強いほど、「本当にダメだった」時のショックは大きい。

内示の日、ショックを隠せなかったA氏

 知人のA氏(44歳)も、その1人。彼は、「きっと昇進できないだろう」と覚悟しながら、実際に「昇進できなくて」ショックを受けた。しかも、昇進できなかったことだけでなく、想像もしていなかった状況に遭遇し、ショックが何倍も大きくなった。

 おそらく組織の一員でいる限り、誰もがA氏のように「何かを期待」し、それがかなわない経験を一度や二度はしたことがあるだろう。また、時には全く想定しなかった事態に遭遇し、大きなショックを受けることもあるかもしれない。どちらの場合も、厳しい現実に直面して、初めて自分が望んでいたことが分かると、余計にストレスが大きくなるのだ。

 そこで、今回はA氏の事例を参考に、「自分ではどうにもできない」状態で役立つ傘の1つ、「コミットメント」について考えてみようと思う。

 …その前に、皆さんに質問です。
 あなたは、なぜ今の会社で働いているのですか?

 2カ月ほど前、A氏は次のように話していた。

 「もうすぐ人事なんだけど、やっぱり部長にはなれそうもない。うまくいけばなれるかも…なんて考えたこともあったんだけど、どうもダメだね。ほら、去年胃にポリープができて手術したでしょ。本当は悪性だったんだけど、会社にはヒミツにしてたんだよね。でも、どうやらバレてるみたいでね。部長になれないとなると、今のポジションもあと1年しかいられないから、関連会社に転籍かなぁ…。トホホ」

 彼の会社では、「部長に昇進イコール取締役予備軍」というラインが決まっているため、体調面の不安要素は、昇進の大きなマイナスになるという。確かに、役員選考の過程で健康面を内密に調べる会社は少なくない。

 また「ポリープを切除すれば全く問題ない」と診断を受けた彼が、あえて会社に極秘にしたことも、その良し悪しは別として理解できる。いずれにせよ、その時のA氏の話を聞いていた私は、「ダメだと言いながらも、昇進に密かな望みをかけているのだなぁ」と、正直感じていた。 

 そして、先日たまたま、A氏と私、それにもう1人の友人の3人で飲もうということになった。するとA氏は、カンパイのビールをグッと飲むなり、「やっぱりダメだった」と切り出したのである。

 「内示が出る1週間前くらいに部長(A氏の上司)に、『多分、俺は次の辞令で飛ばされる。あと頼むぞ』なんて言われてさ。昇進については、体のことがあったから諦めてたんだけど、実は部長のこの言葉を聞いて『もしかしたら奇跡が起こるかも』なんて、密かに期待しちゃったわけ。でも、現実は厳しいね。やっぱり部長にはなれなかった。まぁ、それで終わればまだよかったんだけどさ…」

コメント3

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「突然、同期が直属の上司に。彼が選んだ「新しい生き方」とは」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長