• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スチュワーデスとサツマイモのご縁でヒット。「唐芋レアケーキ」

  • 三田村 蕗子

バックナンバー

2009年5月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 空港で、制服を着てスカーフを首に巻いたスチュワーデス(客室乗務員ではなく、あえてこう呼ばせていただきます)が大挙して特定のお菓子を買い求めている光景を目にしたら、そのお菓子、「いったい何が」と気になりますよね。そして、ちょっと食べてみたくなりますよね。なりませんか? え、私だけ?

 各地のさまざまなお菓子を口にする機会が多く、おそらく舌も肥えているであろうスチュワーデスの人気を一身に集めるお菓子には、興味が湧くのが人の世の常。今回、取り上げるのは、最初にスチュワーデスの間で話題になったことからブレイクした、鹿児島生まれの鹿児島らしい銘菓です。

 日本航空系列のBLUESKYと全日空系列のANA FESTA。空港の土産品店としてお馴染みの2店。一見品揃えに違いなどなさそうに見えて、よく観察すると、微妙にラインナップに差があったりする。

「唐芋レアケーキ フェスティバロ・ラブリー」
10個入 1520円(税込み)
画像をクリックして拡大表示

 フェスティバロ社のさつまいものお菓子「唐芋レアケーキ ラブリー」は、鹿児島空港内のBLUESKYで人気に火がついた。BLUESKYを運営するJALUXが掘り当てた金脈である。

 「唐芋レアケーキ ラブリー」が空港に登場したのは1993年。ちょうど鹿児島空港が改装を経て、きれいに新しく生まれ変わった時だった。

 それまでも鹿児島県内で販売され、固定ファンもついていたから、フェスティバロ社でもそれなりに売れるとは考えていたという。だが、現実は予想を超えた。

この人たちが買っている姿はとにかく目立つ!

「スチュワーデスさんたちが気に入ってくれて、たくさん買ってくれたんです。彼女たちが空港でお買い物している姿って目立ちますよね。『あれ、どんなお菓子なんだろう』と興味を持って買ってくれる方が増えていって、いつのまにか『スチュワーデスのケーキ』というニックネームが付いちゃいました。その後はクチコミで評判が広がっていったんですよ」(営業部長の瀬貫ひとみ氏)

鹿児島空港のBLUESKYから「唐芋レアケーキ フェスティバロ・ラブリー」はブレイク。きっかけはスッチーだった。

 さながら、蝶がむらがる花のごとし。

 社長の郷原茂樹氏は、すかさず、商品パンフレットやPOPに「スチュワーデスに大人気」と記載した。この販促策がさらに客を作り、鹿児島空港での売上は発売以来、ずっとトップだ。あっぱれな商売センス。なんだかんだ言いつつ、「スチュワーデス」の単語に弱い消費者の心理を知っている。

 「唐芋レアケーキ ラブリー」の何がスチュワーデスの心をつかんだのか。

 鹿児島の特産品である唐芋(鹿児島ではさつまいもをこう呼ぶそうだ)は、すでにいろいろなお菓子に利用されている。スイートポテト、大学いも、いもけんぴ、さつまいもの蒸しパン。どれも素朴で美味しいが、「今さら」感が強く、新しさはない。想像がつく味だ。

この白いお芋を見たこと、ありますか? 「唐芋レアケーキ」の原料は、直営農場で収穫したこの黄金千貫(コガネセンガン)です。

 スイートポテトを軽く焼き上げた「唐芋レアケーキ ラブリー」だって、似たような懐メロテイストになるはずだが、味や食感においても、製造工場から店舗まで徹底的に冷凍管理されている点においても、斬新で新鮮。これまでにない、「フレッシュな」さつまいものお菓子だ。

 フェスティバロ社では、鹿屋市郊外の直営農場で唐芋を栽培している。収穫時期は毎年9月~12月の4カ月間。この時期には、100人以上もの季節作業員を総動員して一斉に加工作業がスタートする。

コメント3件コメント/レビュー

唐芋レアケーキ ラブリー以前はよく、お土産に買っていました。最近は、JR九州の通販サイト(楽天)でも、買えるようになりました。ご当地限定というイメージは無くなりましたが、たくさんの方が知ってるようになり、お土産で頂くと更に喜ばれるようになったのでしょうね。(2009/09/22)

「三田村蕗子の「出張スィーツ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

唐芋レアケーキ ラブリー以前はよく、お土産に買っていました。最近は、JR九州の通販サイト(楽天)でも、買えるようになりました。ご当地限定というイメージは無くなりましたが、たくさんの方が知ってるようになり、お土産で頂くと更に喜ばれるようになったのでしょうね。(2009/09/22)

はじめて食べたことあるものが登場。このお菓子おいしいですよね。ホワイトデーのお返しの品に通販で使いましたが、大好評でした。(おやさん)(2009/05/18)

今回の唐芋ケーキは東京駅の大丸でも販売してますね。さつま芋系のお菓子はあまり好きではないので、試食した事はありますが買った事はありません。然しこのお菓子、試食した人のお買い上げ率が凄く高いので、通りかかる度に凄いと思ってます。(2009/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長