• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

30. あなたが採用されたことの立証責任は、あなたに課されている。

フランツ・カフカ『審判』『城』

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。

 「働く大人」の文学ガイドということで、この連載では、とくに「働く」ということの周辺をめぐって、小説やその他の文学作品がどういうことをしてきたか、を紹介している。そのなかでもとくに、組織のなかの、俗に言う「歯車」として働くことを、大きくクローズアップしている。

 それはなぜかというと、一匹狼とか、腕のよさでのしあがっていくとかいったタイプの「働く」なら、医者や弁護士や芸術家や私立探偵を主人公=ヒーローとした物語が山のように書かれていて、いまさら取り上げるまでもないからだ。

 フィクションの物語が「働く」というとき、好んで取り上げるのがそういう一匹狼タイプの話であり、たまに組織で働く人が出てきても、刑事だったり教師だったりと、もうドラマの定型ができあがってしまっている。

 そうではなく、「下手をすればほかの人と取り替えられてしまうかもしれない立場」を描いてこそ、現代の日本で「働く」多数の人たちの状況とリンクしうるのではないか。虚構物語は、非凡なヒーローを描けば凡庸な文学となってしまう。逆に、平凡な「ヒーローでない」人たちの姿を描くほうが、書くほうにとって難易度が高く、非凡な文学作品になるのではないか、とすら思えるのである。

*   *   *

 前回取り上げたように、カフカは労働者傷害保険協会で働いていた。労災認定というのは、たぶんいろいろ難しい基準があって、そんなところで働いていると、なにかひとつ決めるにも、個人の判断ではなかなかハンコを押せなかったりする。それが組織というものだ。

審判―カフカ・コレクション』フランツ・カフカ 著、池内紀 翻訳、白水uブックス、1260円(税込)

 カフカの長篇小説『審判』の主人公ヨーゼフ・Kは、銀行で働いている。そして三〇歳の誕生日を迎えたその朝、なにも悪いことをした覚えがないのにとつぜん逮捕されてしまう。奇妙なことに、逮捕されたからといって身柄は拘束されず、ふつうに銀行勤めの日々は続く。そして呼び出しに従って裁判所を訪れるのだが、裁判所が彼をどうしたいのか、まったくわからない。

 そもそも、裁判所が古いアパートの一室にあるのが変だ。裁判所の事務局もその屋根裏にある。とにかく、裁判の進行ひとつひとつが、どうにももどかしい進みかたをする。というか、いっこうに進んでいるように見えない。まるで放置プレイだ。

コメント4

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師