• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

30. あなたが採用されたことの立証責任は、あなたに課されている。

フランツ・カフカ『審判』『城』

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。

 「働く大人」の文学ガイドということで、この連載では、とくに「働く」ということの周辺をめぐって、小説やその他の文学作品がどういうことをしてきたか、を紹介している。そのなかでもとくに、組織のなかの、俗に言う「歯車」として働くことを、大きくクローズアップしている。

 それはなぜかというと、一匹狼とか、腕のよさでのしあがっていくとかいったタイプの「働く」なら、医者や弁護士や芸術家や私立探偵を主人公=ヒーローとした物語が山のように書かれていて、いまさら取り上げるまでもないからだ。

 フィクションの物語が「働く」というとき、好んで取り上げるのがそういう一匹狼タイプの話であり、たまに組織で働く人が出てきても、刑事だったり教師だったりと、もうドラマの定型ができあがってしまっている。

 そうではなく、「下手をすればほかの人と取り替えられてしまうかもしれない立場」を描いてこそ、現代の日本で「働く」多数の人たちの状況とリンクしうるのではないか。虚構物語は、非凡なヒーローを描けば凡庸な文学となってしまう。逆に、平凡な「ヒーローでない」人たちの姿を描くほうが、書くほうにとって難易度が高く、非凡な文学作品になるのではないか、とすら思えるのである。

*   *   *

 前回取り上げたように、カフカは労働者傷害保険協会で働いていた。労災認定というのは、たぶんいろいろ難しい基準があって、そんなところで働いていると、なにかひとつ決めるにも、個人の判断ではなかなかハンコを押せなかったりする。それが組織というものだ。

審判―カフカ・コレクション』フランツ・カフカ 著、池内紀 翻訳、白水uブックス、1260円(税込)

 カフカの長篇小説『審判』の主人公ヨーゼフ・Kは、銀行で働いている。そして三〇歳の誕生日を迎えたその朝、なにも悪いことをした覚えがないのにとつぜん逮捕されてしまう。奇妙なことに、逮捕されたからといって身柄は拘束されず、ふつうに銀行勤めの日々は続く。そして呼び出しに従って裁判所を訪れるのだが、裁判所が彼をどうしたいのか、まったくわからない。

 そもそも、裁判所が古いアパートの一室にあるのが変だ。裁判所の事務局もその屋根裏にある。とにかく、裁判の進行ひとつひとつが、どうにももどかしい進みかたをする。というか、いっこうに進んでいるように見えない。まるで放置プレイだ。

コメント4件コメント/レビュー

仕事のための仕事というか、作業のための作業というか、たとえば効率アップを図るための第一段階として、どの仕事の効率を上げるのが最も効率的であるのかを効率的に検討するための準備委員会のメンバー選考委員を発足させることを検討するのでキックオフメンバーに参加してください――みたいなメールがまわってくると溜め息が出てきます。頭の中にはぐるぐる回る歯車の映像が……。似たような感覚を90年も以前にとっくに文章にしていたんだなどと考えると、ITだの何だのと技術の進歩で世の中ずいぶん効率アップしてきましたが、人間の本質なんてそうそう変わってないんだな、なんて思います。なんにも変わっちゃいないんだよ。前任者もその前の前任者もその前の前の前任者もずっと。普遍の真理とでもいうのでしょうか?そりゃもう役になんか立ちませんよね。そもそも文学っていうのは芸術、心の遊びなんですから。忙しくて心のゆとりを失いかけたときに、ふと触れてゆとりを取り戻したような気にさせてくれれば御の字ですよ。業務改善だとか効率化だとか収益性の向上なんてものに役立てようなんて、文学も戸惑っちゃいますよね。ははははは。(ch-k)(2009/05/21)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

仕事のための仕事というか、作業のための作業というか、たとえば効率アップを図るための第一段階として、どの仕事の効率を上げるのが最も効率的であるのかを効率的に検討するための準備委員会のメンバー選考委員を発足させることを検討するのでキックオフメンバーに参加してください――みたいなメールがまわってくると溜め息が出てきます。頭の中にはぐるぐる回る歯車の映像が……。似たような感覚を90年も以前にとっくに文章にしていたんだなどと考えると、ITだの何だのと技術の進歩で世の中ずいぶん効率アップしてきましたが、人間の本質なんてそうそう変わってないんだな、なんて思います。なんにも変わっちゃいないんだよ。前任者もその前の前任者もその前の前の前任者もずっと。普遍の真理とでもいうのでしょうか?そりゃもう役になんか立ちませんよね。そもそも文学っていうのは芸術、心の遊びなんですから。忙しくて心のゆとりを失いかけたときに、ふと触れてゆとりを取り戻したような気にさせてくれれば御の字ですよ。業務改善だとか効率化だとか収益性の向上なんてものに役立てようなんて、文学も戸惑っちゃいますよね。ははははは。(ch-k)(2009/05/21)

うわっ、イライラするネタですな。カフカなんて今の俺には過負荷だ、こんなんも疲れるな。(2009/05/20)

冗漫な記事だと思います。リストラやパワハラで悩んでいる人が興味を引かれて記事を一読したら、「俺らこんなに暇じゃない!」「文学・哲学よりも具体的に勝てるかどうかなのに・・・」と思うでしょう。だからどうなんですか!といいたくなる。あーっ、読むだけ時間がもったいなかったっ。本当はコメントもしたくなかったけれど、同じような感想を持った方もみえるかな、と思いまして・・・。(2009/05/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長