• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

経済って成長し続けなきゃいけないの?~『経済成長という病』
平川 克美著(評者:澁川 祐子)

講談社現代新書、740円(税別)

  • 澁川 祐子

バックナンバー

2009年5月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間00分

経済成長という病──退化に生きる、我ら』 平川 克美著、講談社現代新書、740円(税別)

 先日テレビを観ていたら、35歳の団塊ジュニアを中心に積極的雇用政策を行った場合、20年後の経済成長(実質GDP)は現在と比べ5.7%増という試算がなされていた(5/6放送NHKスペシャル「“35歳”を救え~あすの日本 未来からの提言」)。年に換算すると、0.3%程度の伸び率。かなり控えめな数字ではあると思うのだが、それでも正直「絵に描いた餅」にしか思えなかった。

 もちろん若年層に向けて雇用政策を打つことに異論はないし、それによってこの不況を脱することができれば万々歳ではある。

 だが「救う」対象にぴったりハマっている今年35歳の私は、どんなに強力なカンフル剤があろうとも今後20年にわたって「プラス成長を支えていく」未来図は描けなかった。バブルで「オイシイ」思いをしたこともなく、働き盛りの今「100年に一度の不況」に直面しているこの世代の一人としては、悲しいかな、経済成長が永遠に続くと信じられるほど無邪気ではなくなってしまっている。

 同じ頃、「そもそも経済は成長し続けなければならないものか?」と問う本書を読んだ。これまで『株式会社という病』や『ビジネスに戦略なんていらない』などの著作で、効率化や合理主義といった言葉に冷ややかな態度を取り続けてきた、ビジネス界の「考える人」が今度は「経済成長=進歩」という通念に斬り込んでみせる。

マイナス成長は自然の成り行き

 著者は「経済成長」を実質GDPの増加と定義したうえで、

〈文明化が一定の水準に達し、消費者の手元に必需品としての生産物がいき届いた時点で、需要は原則としては買い替えのための消費だけになるので、経済は成長をすることを止めて均衡へと向かう〉

 と語る。さらに、その段階で人口が減少すれば総需要はさらに減少し、経済成長がマイナスに転じることも自然の成り行きだと説く。

 つまり、経済成長の鈍化、減少は〈社会が成長し、成熟し、やがて老化してゆくプロセスの中で露呈してくる社会現象の断面〉に過ぎないのだ、と。

 にもかかわらず、実際には、我々は過剰な消費を繰り返し、「金が金を生む」金融テクニックを駆使しながら、無理に経済を成長させようとしてきた。その帰結が世界的な金融危機であったと指摘する。

 著者は、〈つい昨日までグローバル競争を勝ち抜くためにとか、レバレッジ投資戦略とかいうタイトルの本が並んでいた同じ場所に、正反対の論調の図書が並んでいる〉光景を目にして、〈国際競争の勝利とか経済成長による繁栄とはかくも脆弱で、その間に跋扈した言葉もまた、なんと薄っぺらいものであったのか〉と洩らす。

 とはいえ、本書は「誰が」経済成長という病をはびこらせたのか、という犯人探しをするものではない。一貫しているのは、自身も含めこの時代に生きるすべての人が経済成長という病に取り憑かれ、経済至上主義の片棒を担いだ加担者であったのではないか、という視点だ。

コメント10件コメント/レビュー

資本主義経済は成長し続けることを前提としています。それを否定するならば、共産主義(純粋に経済的な意味で)になるしかありません。お金とは関係なく、経済指標に惑わされず、持続可能なレベルで経済が停滞しているのは、原始共産制が生きている社会以外に存在したことはないように思います。(2009/05/23)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

資本主義経済は成長し続けることを前提としています。それを否定するならば、共産主義(純粋に経済的な意味で)になるしかありません。お金とは関係なく、経済指標に惑わされず、持続可能なレベルで経済が停滞しているのは、原始共産制が生きている社会以外に存在したことはないように思います。(2009/05/23)

日経に載せるのであれば「なぜわれわれの社会は経済成長が要求されているのか」という切り口で本を紹介しなければ意味がないと思う。経済成長による幸せと希望の対比などという本の内容に載せられていては、評者によってその上で得るものが何もない。そもそも我々の社会に経済成長が必要なのは、各種の社会制度(国家税収等も含む)が名目GDP等の上昇を前提に設計されている上、デフレになると実質利子率の上昇等により借金返済がままならず、企業や個人、果ては国家まで破綻するためである。確かにこの本の筆者のいうようにお金で幸せは買えないかもしれないが、不幸は減らせるというのが今の社会である。それは自殺率推移をみてもわかるし、教育費用の問題をみてもわかるだろう。第一格差が広がったのは今現金をかかえている者が有利というデフレ状態がずっと続いているためであり、インフレによる若年層への所得移転等が適切に働かなかったためである。日本にとって必要なのは精神状態の変化で耐え忍ぶことではなく、経済政策によりマイルドインフレという通常の社会の状態に戻すことである。(2009/05/23)

私は著者の意見におおむね賛成する者です。「経済」という概念自体が「成長」を求めているんだと思います。これから先、経済が成長していくとは到底思えないのですが、そうだとすれば、「経済」という概念自体を棄てなければならないのではないかと思いました。(2009/05/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長