• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マスクは結局、しなかった。

2009年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マスクは、結局、しなかった。

 意味が無いと判断したからではない。
 買おうと思った時には既に売り切れで、入手できなかったのだ。

 いつも同じだ。この種のアクションには、乗り遅れることになっている。
 つまり私は、手遅れになってから慌てるタイプの人間だということだ。

 というよりも、慌てた時に、走り回るタイプとフリーズする組の人々がいて、私はどうやら後者なのである。

 で、躊躇しているうちに事態は行き過ぎる。たとえば、片想いのあのコは、ある日引っ越していて、どこにもいない。要するに、私が決断を下さなくても世界は動き、私が行動も起こさなくても、人生の時間は流れ去って行く、と、そういうことだ。

 慌てない人たちの生き方については知らない。
 っていうか、興味がない。

 とにかく、私は、ちょっと慌てていた。
 絶対に感染したくなかったのでね。

 なぜというに、私は、風邪や発熱に極端に弱い性質(たち)で、38度線を越えると完全に無力化してしまうからだ。板門店体質。国境警備の韓国軍兵士みたいに、38度より上に行くと手も足も出なくなる。

 もっとも、体調を崩すことは、何年かに一度しか無い。だからこそ、ちょっと熱が出たりすると、簡単に心が折れるわけだ。まあ、ある意味健康だということなのでありましょう。
 
 今回は、このたびの新型インフルエンザをめぐる騒動を眺めながら、気にかかったことについて書きたい。
 まず、麻生総理の、「冷静に行動してください」というテレビCMだが、あれには、カチンと来た。なんというのか、反射的にムカッとするのである。

 なぜだろう。

 総理はもっともなことを言っていたと思う。が、それでも、なぜだか

「うっせえな」

 と思ってしまうのだ。不思議だ。

 酒飲みだった当時、私は

「飲み過ぎには気をつけてね」

 とか言いながら酌をするおばさんみたいな人たちが大嫌いだった。

「だったら注ぐなよ」

 と、大いに反発したものだ。

 麻生さんの台詞は、あの、法事の席で言わずもがなの説教をしながら酌をしてまわっていた年寄りの言い草と似ている。

 どういうことなのかというと、問題は、発言内容の正当性ではなくて、発言の姿勢だということで、つまり、麻生さんのあの言い方は、上からモノを言う態度だったということだ。だから、言っていることがもっともであればあるだけ、説教臭さが横溢してしまうわけで、それゆえ、画面のこっち側の国民である私は、反発を感じたのである。

 そうでなくても、「冷静になってください」は、慌てている人間に対して一番言ってはいけない言葉のひとつではある。

コメント39

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「マスクは結局、しなかった。」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授