• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ツッパリ」が“死んで”、「ヤンキー」は生き残った~『ヤンキー進化論』
難波 功士著(評者:清田 隆之)

光文社新書、900円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2009年6月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間4時間00分

ヤンキー進化論──不良文化はなぜ強い』 難波 功士著、光文社新書、900円(税別)

 今年の春先、「ヤンキー」と名の付く2冊の本がほぼ同時期に発売された。ひとつは『ヤンキー文化論序説』(五十嵐太郎・編著)、そしてもうひとつが本書である。

 ヤンキー漫画やヤンキー向けの雑誌などは数多く存在したが、その生態やカルチャーを分析的に語る本はこれまであまりなかった。それがここにきての同時発売。なぜ今「ヤンキー」なのだろう。

 『ヤンキー文化論序説』は、学者やフリーライター、精神科医など、18名の執筆者がそれぞれの立場でヤンキー観を語った評論集だ。ヤンキー音楽の系譜や、ヤンキーと地域社会の関係性、ナンシー関のヤンキーコラム傑作選など、雑多な「概論」が“幕の内弁当”的につめこまれており、ヤンキー文化を考える上での入門書として十分に読み応えがある。

 それに対し本書は、社会学者である著者が60年代~現在に至るまでの漫画や雑誌といった膨大な文献をひもとき、その前史も含めてヤンキー文化の変遷をたどったものだ。本の構成も、愚連隊やカミナリ族、太陽族や番長・スケバン、マンボ族やロカビリーといった初期の「不良文化」から、80年代のツッパリ全盛時代を経て現在に連なる「ヤンキー文化」まで、通史的に進んでいく形になっている。その意味では、ヤンキー文化を中心に据えた現代史としても読むことができるだろう。

 ここまでひとくちに「ヤンキー」という言葉を使ってきたが、そのイメージは人によって様々だ。

 「暴走族」や「ツッパリ」に代表されるような古典的ヤンキー像を思い描く人もいれば、元ヤン芸人やヒップホップ、ケータイ小説、Jリーグのファンカルチャーまでをもヤンキー文化に位置づけるような語り方もある。

「階層的に下」「旧来型の男女性役割」「地元志向」

 ヤンキー文化史を語るにあたって、著者はまず、広義のヤンキーを次のように規定している。

〈それが「ヤンキー(的)である」という同定に際しては、「階層的には下(と見なされがち)」「旧来型の男女性役割(男の側は女性に対して、性的でありかつ家庭的であることを求める。概して早熟・早婚)」「ドメスティック(自国的)やネイバーフッド(地元)を志向」といったファクターを帯びていることがカギとなる、との仮説をここでは提示したいのである〉

 この仮説を念頭に置きながら、駆け足で著者が提示する変遷の図式を追ってみよう。

 本書によれば、「ヤンキー」という言葉は1970年代以降に広まったようだ。50~60年代には、先述したように愚連隊やカミナリ族といった不良文化がそれぞれに存在していた。

 「ヤンキー」の語源に関しては諸説あって定かでないようだが、70年代に一部の若者に流布した、米兵(=Yankee)の遊び着を手本としたファッションの総体がその出発点ではないかと著者は見ている。

 そこから〈アメリカンなバイカーやローラー的な嗜好、もしくはソウルフルなブラック・テイスト〉などが徐々に払拭され、以後、70年代に全盛を極めた暴走族のスタイルとも融合しながら、ヤンキーは土着化の道をたどることになる。

 70年代後半~80年代初頭にかけて、長ランや短ランといった改造学生服を主軸に据えたツッパリ文化が流行。なめ猫や横浜銀蝿といったブームの後押しもあって、「ツッパリ」は一躍不良文化の代名詞的存在となる。

 関東ではツッパリに取って代わられたヤンキーだが、関西方面では「暴走族の私服的スタイル」として生き残り続けた。

コメント5件コメント/レビュー

つい最近、子どもの学校のPTA行事に、嘉門達夫氏が来てくれました。数々の名曲とほのぼのトークで、久々にストレスを発散して…残念ながら「ヤンキーの兄ちゃんの歌」は歌われませんでしたが。大阪は、「ヤンキー」に対して、寛容な社会でしょうね。紳助&竜介とか、ハイヒールのモモコとか、ある種の「畏敬の念」を持って見ているかもしれません。それにしても、ますますおもしろい研究が進んでおられるようですね、難波氏?(苦笑)(2009/06/06)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

つい最近、子どもの学校のPTA行事に、嘉門達夫氏が来てくれました。数々の名曲とほのぼのトークで、久々にストレスを発散して…残念ながら「ヤンキーの兄ちゃんの歌」は歌われませんでしたが。大阪は、「ヤンキー」に対して、寛容な社会でしょうね。紳助&竜介とか、ハイヒールのモモコとか、ある種の「畏敬の念」を持って見ているかもしれません。それにしても、ますますおもしろい研究が進んでおられるようですね、難波氏?(苦笑)(2009/06/06)

蔑視・自嘲を含む使われ方からして、海の向こうで言う「hillbilly」「red neck」に該当する言葉が「ヤンキー」かと。/「大衆」同様、定義するのはナンセンスと感じます。/今旬なキーワード何でしょうが、シュールですね(2009/06/05)

ヤンキーは地域文化の担い手であり、地域社会に生きる人たちですよね。○○中出身、だとか、△△の友達、だとか、なんだか異様に同じ地域に住んでいる人のことについて詳しい(笑)そして、お祭りになると集まる。▼将来、地域の自治会会長になって町の清掃の指揮を執ったり、子ども会の役員になって地域行事の音頭を取る元ヤンも少なからずいることでしょう。となりに住んでいる人も知らない都会人とは正反対の存在だなぁと思ってます。▼今は、習い事で忙しく、地元の友達と遊ぶ時間がなかなか取れない子供が多いと聞きます。英会話も、ピアノも、後からいくらでも取り返しがきくものです。発音なんて悪くても通じるし、絶対音感がないプロの音楽家もたくさんいます。ヤンキーになることをすすめる必要はまったくないけれど、地元の友達との絆を深める時間を与えてあげることの方が、子供にとっても、社会にとっても、良いことかもしれませんね。…そうはいっても、というご意見も、もちろんあるでしょうが。★エム(2009/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長