• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ROOKIES(ルーキーズ)」が教えてくれた手前味噌の味

その風味は、いつでもどこでもオンリーワン

2009年6月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2002年の11月から2008年の年末まで、私は「読売ウィークリー」という週刊誌で、6年間にわたってテレビ批評コラムを連載していた。

 というよりも、当コーナー自体、「読売ウィークリー」の休刊を機に始まったもので、この仕事に取り組む以前、私は、毎週、テレビについてなにごとかを書いていたのである。

 仕事場を変えて以来半年、私は、ウソみたいにテレビを見なくなった。
 なるほど。
 もともと、たいして好きだったわけでもないのだな。

 別の言い方で言えば、私は、去年までの6年間、もっぱら難癖をつけるためにテレビを見ていたわけで、そう思ってみると、あの連載が終わったのは、正解だったのかもしれない。

 好きでもないものの欠点をあげつらう仕事を6年も続けることは、健康に良くない。

 仮に私が、テレビ現場に関係のある人間で、テレビについて改革の意欲なりプランなりを持っていたのなら、批判を繰り返す意味も若干はあったと思う。

 でも、私は傍観者で、言ってみれば、火事場を見物している野次馬に過ぎなかった。

 とすれば、あまり口を出すべきではない。役に立てない以上、無言で通すのが人としての節度というものだ。治療する技術も意思も持っていない人間が、病人をいじくりまわすのは良くない。悪趣味だ。

 そういう意味でも、テレビ批評コラムから撤退したのは正しい選択だった。
 
 でもまあ、視聴者である身に立ち戻ってみれば、私もまた腐った電波を浴びている被害者の一人ではあるわけで、その意味では当事者だ。半年に一度ぐらい、苦情を申し述べる権利はある。

 ということで今回は、昨年の12月に「読売ウィークリー」への最後の原稿を書いてから後の半年の間に、私がテレビについて感じたことなどを書きたいと思う。

 まずは、「ROOKIES(ルーキーズ)」だ。
 あの映画の宣伝は、常軌を逸していたと思う。

 6月第一週の映画公開に向けて、5月最終週のTBSの番組表は、ルーキーズ一色で塗り固められていた。

 番宣の増加傾向は、私がテレビ批評コラムを連載していた6年の間、ずっと進行しつつあった流れで、いまにはじまった話ではない。
 
 が、この半年、明らかに様相が変わってきている。
 番宣の頻度が、とんでもなく上昇したのだ。

 それまでの6年間の上昇カーブが、年率5%(←対昭和比:ソースはオダジマの体感)程度だったとするなら、この半年間における番宣送出頻度は、一気に20%ほどに跳ね上がった感じがある。

 それも、番組間のCMタイムに、番宣や番組タイアップのCMが送出される回数が増えただけではない。番組の放送時間自体が、なし崩し的に番宣化してきている。

 たとえば、はじめて訪れた町の店で食事をして、勘定を済ませると、次回来店時の割引クーポンみたいなものを渡される。私は、こういう時、いつも困惑する。

 だって、二度と来ないから。おそらく、この先一生涯、私が、中目黒の商店街を通りかかることは無い。愛人でもできない限り。

「結構です」

 と、だから、私は、丁重に断るのだが、先方が好意で配布してくれているクーポン券を、アタマから拒絶するのはかえって失礼だぞ、と、ツレの相棒はそういうことを言って私をたしなめる。

「お前は、どうしてこういうところでいちいちカドを立てるんだ」

 と。

 まあ、そうかもしれない。こういうものは一応貰っておいて、家に帰った後に、そっと捨てれば良いのであって、なにもレジの前で気色ばむことはないのだ。

 でも、私としては、面倒くさいのだよ。せっかくの食事を台無しにされたとまでは言わないが、要らないものは要らないわけだから。たとえ一時のサイフのゴミであっても。

 番組内で他の番組の番宣を見せられる時の気持ちは、この時の感じに近い。

 うっせえな要らねえよ、という感じ。あるいはカネを払おうとするたびごとに「ポイントカードはお持ちですか?」と尋ねられるわずらわしさに近いかもしれない。

「……いえ」
「すぐにお作りできますが」
「要りません」
「無料ですし、ポイントはその日から……」

コメント56

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「ROOKIES(ルーキーズ)」が教えてくれた手前味噌の味」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長